気ままにフォトスケッチ

お出かけ日記とデジカメ写真のブログです

海外旅行

アラスカ旅行 Vol.14 (最終回)

9月13日 ロサンゼルスから帰国

ロサンゼルス発成田行きJL061は、定刻の13:45に出発しました。東京まで8761km、約10時間半の空の旅です。帰りは太陽とともに進むのでずーっと昼です。飛行高度は10000m、地対速度は880km/hくらいで、多少の揺れがある程度でとても快適でした♪
モニタで飛行ルートを見ると、アラスカのすぐ近くを飛んでいきます。なんと効率の悪い旅行なんでしょう^^;

904route

帰りの機内食は、離陸後すぐ“照り焼きチキン”と“ストロベリーチーズアイス”です。食べなれた照り焼きの味です!

903kinaisyoku_2

そして、到着2時間前に“ポークカレー”と“ヨーグルト”が出ました。どちらも肉系だけど、味も量もちょうど良くて美味しかったです。海外からの帰りの食事は不味かったけど、ドル箱路線は現地で日本人が作ってるのかな?
すごく美味しくなってました^^

905kinaisyoku

10時間半の飛行も、映画を観たりネットに繋いだりしていたらあっという間でした。
やがて房総半島に差し掛かると豊かな緑が広がっています。やっぱり日本はきれいだな♪
成田には定刻より30分ほど早い16:20頃に到着しました。荷物が出てくるまで少し待った程度でスムーズに帰国手続きが終わりました。

906narita

907narita

国内線の同日乗継をしたくて、ぎりぎりまで空席照会をしたけどキャンセルは出ませんでした。そこで羽田空港の近くで1泊して翌朝の飛行機で大阪へ帰ることにしました。成田からは京成本線の特急で日暮里へ行き、JRに乗り換えて浜松町へ行きました。成田から日暮里まで結構時間がかかるものですね...

ずーっと前から「世界貿易センタービル」からの夜景を見てみたかったので、地下の食堂街でラーメンを食べて、展望台へ上がりました。レインボーブリッジ方面はビルが邪魔をしていましたが、他の方向はきれいな夜景が見えました。正面に見える東京タワーや、遠くに見えるスカイツリーがとてもきれいでした^^
ここでも寄り道をするって元気でしょう(笑)

908boueki

909boueki

翌朝も元気にお目覚め。羽田9:30の飛行機で大阪へ帰りました。
9月から電波を発しない電子機器は常時使用できるようになったので、着陸前の低空からの写真を撮れるようになりました。この写真は大阪府東大阪市が見えています。後方に見える山が生駒山です。今までこんな写真が撮れなかったのでうれしい改正です^^

910osaka

長々と旅日記を書いてきましたが、これで完結。コメントでもメールでも感想などを聞かせていただけたら嬉しいです。最後まで読んでくれてありがとうございます^^ 

アラスカ旅行 Vol.13

9月13日 ロスの空港で人間ウォッチ

アンカレジからロサンゼルスまで約5時間です。できるだけ寝たかったけど、離陸後の飲み物サービスなどがあるから、2時間くらいしか眠れませんでした。まっ いいか^^;

901lax

ロサンゼルスには定刻の7時に到着し、13:45発の成田行きを待ちます。アンカレジ空港で早すぎるチェックインを学習してるから、10時のチェックイン開始までおとなしく待っていました。
国際線の発着ターミナルは、セキュリティエリアに入らないと店がありません。国内線ターミナルへ行ってみようかとも思ったけど、シャトルバスに乗ったり荷物を引いて歩いたりするのも面倒なので、ベンチに座ったまま行き交う人たちを眺めて過ごしました^^;

ぼんやりしていたら、人々の動きが実に面白かったです。ベンチの右手がJALのカウンターになっていて、ぽつぽつと日本人がやってきてベンチに座ります。彼らは小さな声で話をしながら暇つぶしです。日本人はお利口さんですね^^

左側のカウンターは中国の航空会社でした。こちらも次々と中国人家族がやってきますが、予想どおり喧しいですね。それから荷物が多いこと!

ふと見ると預ける荷物を減らすためか、カウンターの列の中でスーツケースを開けて、たくさんのお土産のビニル袋から取り出してはスーツケースに押し込んでいます。人が並んでいようがお構いなしだなって見ていたら、たまりかねた空港職員が列から追い出して少し離れたところへ移動させました。広いところへ移ったらあまりにも散らかすので、職員が見かねて手伝っていました。やれやれ...
そうこうしていると、父親らしき人がいきなり走り出して出口付近まで行き、走って戻ってきてまた走り出しました。その走り方が女の子走りだったものだから、まるで漫画を見てるようで笑っちゃいました^^

同じく中国人家族。まだ首も座ってないような赤ちゃん連れが2組も。10時間以上のフライトなのに大丈夫なのかなって心配したり...

空港の職員はペットボトルの水を飲みながら歩いています。カウンターの受付係もガムを噛みながら面倒くさそうだったし、日本の対応とはえらい違いだなあって思いました。
人間ウォッチ、皆さんもやってみては?(笑)

9020lax

10時にカウンターが開いたのでチェックインしてすぐ手荷物検査場に進みます。アメリカは出国審査がなく、パスポートと搭乗券の照合だけで出国OKです。厳しいセキュリティチェックの後、搭乗までの時間を免税店をみて歩いたりしていました。

カリフォルニア州にいるんだから、空港で本場の?カリフォルニア・ロールを食べました。前回の訪米時にも食べたけど、やっぱりダメでした...

箸があり、醤油はキッコーマン、わさび、ガリもありました。(合格)
ネタはアボガドだけです。(前回はキュウリも入ってたぞ)
シャリは微妙に芯があってぱさぱさ。(これも前回と同じ)
酢はまったく効いていない。(これでもお寿司?)
よくもこれだけ下手くそに炊いたものだなあって感想。。。

1パック買ったけど、完食できませんでした^^;
期待を裏切らない不味さでした(苦笑)

9021lax

アラスカ旅行 Vol.12

9月12日 アリエスカと野生動物保護センター

チェックアウト後、荷物を預けて最後のツアーに参加します。氷河に削られた渓谷に佇むアリエスカ・リゾートの絶景を楽しんだ後、アラスカの野生動物保護センターを訪ねるツアーです。ロビーでピックアップの予定だけど、なかなかバスが来なくて30分遅れで出発!
女性のガイド兼ドライバーで、いろいろ話をしてくれますがほとんど聞き取れないのが悲しいです。13:30頃にアリエスカのロープウェイ乗り場に到着しました。外は小雨が降ったり止んだりして、山頂付近は霧がかかっています。平日だし天気も良くないから観光客はまばらで、ロープウェイはほぼ貸切状態でした。

801alyeska

802alyeska

ロープウェイの終点からは山岳地帯の氷河などの雄大な景色が見れるはずですが、霧がかかって残念...

803alyeska

804alyeska

ランチはリゾートのレストランへ。ビーンズスープ、でっかいパン、でかくて甘いだけのケーキでした。ケーキに無造作に突き刺したフォークとナイフは日本では見られない光景?^^;
パンもケーキも食べ飽きてきたけど、たっぷり入った豆類のスープはおいしかったです^^

805alyeska

806alyeska

ランチの後、野生動物保護センターを訪問です。怪我をしたり孤児になったアラスカの動物を保護していて、ムース、クマ、エルク、カリブーなどがいます。小ぢんまりしたサファリパークのように放し飼いをしていますが、動物の種類も少なくてちょっと物足らない気分…
大自然の野生動物を見てきたあとだから、余計そう感じたのかもしれませんが...
ただ、ちょうどブラックベアのお食事タイムだったので、投げ込まれたサーモンをおいしそうに食べる様子が可愛かったです。写真はグリズリーベアとブラックベアです。

807wildlife

808wildlife

最後に、サーモンが遡上する川に立ち寄ってくれました。清流を遡ってきたサーモンの姿を見ることができてよかったです^^

809salmon

810salmon

これで観光が終わって、各自の希望地まで送ってくれます。まだまだ時間はあるけど、ホテルのロビーにいても暇なので、預けた荷物を受け取ってシャトルで空港まで行きました。

811anchorage_ap

自動チェックインしようとしたらエラーが表示されて先に進みません。しかたなくカウンターで尋ねたら、時間が早すぎてまだチェックイン開始時間まで待ってくれとのことでした。仕方なくチェックイン開始時刻まで空港ロビーのベンチでぼーっと待ちます。
かつては燃料給油地として賑わっていた空港ですが、現在の旅客機は飛行距離が延びて給油の必要もないので、国際線は寂れてしまいました。とはいえ、貨物便は多くの貨物を積み込むのでどうしても途中で給油が必要となり、賑わっていると聞きました。
帰りはアンカレジからロサンゼルスへは、0:50発のアラスカ航空の直行便です。搭乗までたっぷりあるけど、これと言って他に行くところもありません。空港の待合所でのんびり過ごしました。

812anchorage_ap

813anchorage_ap

アラスカ旅行 Vol.11

9月12日 アンカレジの町歩き

いよいよアラスカ滞在も最終日になりました。アンカレジ0:50発の飛行機に乗るので、夜中までたっぷり時間があります。そこで11時半に出発して夕方戻ってくるツアーを申し込みました。ピックアップまでの時間を利用してアンカレジの町をぷらっと歩いてみました。
アンカレジ駅と町並みです。まだほとんどの店は閉まっています。

701station

702city

あいにく小雨が降ってきました。天気予報は一日中雨が降ったり止んだりとか。9月のアラスカは曇りや雨の日が多いそうなので仕方ないですね。ビジターインフォメーションセンターです。朝が早いのでまだオープンしていませんでした^^;

703city

東京まで3460マイル(5568km)だって。

704city

あちこちにハマナスの花が咲き、ナナカマドが真っ赤な実をつけています。あっという間にやってくる長く厳冬に備えて、可憐な秋の草花も咲いていました。

705city

706city

キャプテンクックのモニュメントがあるレゾリューション・パークです。美しい海や山が見える小さな公園ですが、あいにく小雨が降るどんよりした空なのでがっかり…

707city

708city

アンカレジ歴史芸術博物館です。近代的な建物でしょう。徒歩圏内での見どころってこんなところでしょうか。

709city

朝食は町のカフェで、パンケーキ・ソーセージ(に見えますか?)・ポテト(茹でてあるのに焦げすぎだよ!)のセットを食べました。これにソフトドリンクがついて約1000円。やっぱり物価は高いですね^^;
マクドナルドがあれば朝マックなどでよかったんだけど...

711city

ここが宿泊したゲストハウス アンカレッジ インです。綺麗な建物でしょう。ゲストハウスという名前がついてますが、ビジネスホテルって感じで、バスタブもついていたしまったく不自由はありませんでした。お土産など最後のショッピングをしてチェックアウトしました。

710city_2 

アラスカ旅行 Vol.10

9月11日 アラスカ鉄道でアンカレジへ

デナリ公園駅へ行くと、列車は定刻の12:15に到着しました。重連の機関車が力強く引っ張るアラスカ鉄道はかっこいいでしょう!

612alaskard

先頭から、機関車(2両)・荷物車両(1両)・展望車両(2両)・レストランカー・普通車両(2両)・ツアー専用車両(2両)の順に連結されています。

613alaskard

車いすの方がたくさん下車されたので20分ほど遅れて発車しました。展望車は料金が高いので、復路は普通車を予約しました。開放感は味わえませんが、ゆったりしたシートは快適でした。また、車両の連結部は窓がないので、写真を撮るのには便利でした。

614alaskard

普通車のお客さんが利用できる展望席もあります。

615alaskard

午前中は晴れていたけれど、この頃にはすっかり曇ってしまいましたが、それでも車窓は素晴らしい景色に違いありません。往路と同様にたっぷり美しい風景を楽しみました。
帰りも徐行してくれた「ハリケーン峡谷」です。雄大な景色ですよね♪

616alaskard

617alaskard

カーブの多い山間部を抜けてタルキートナー近くに来たとき、はるか遠くに雲がかかったマッキンリーの姿が見えました。カメラを出す時間もなかったけど、見ることができてよかったです^^

618alaskard

619alaskard

今回の旅行は予約が取れなくてアンカレジからデナリ公園を往復しましたが、フェアバンクス~デナリ~アンカレジを乗車してみたかったなあ…
アラスカ鉄道は素晴らしい景色を堪能できます。列車の旅も素敵ですし、機会があればぜひ乗ってみてね^^

619alaskard_2

621alaskard

ギャラリー
  • 続・京都の紅葉 -美しい紅葉に包まれる愛宕街道 鳥居本- (11/26)
  • 続・京都の紅葉 -美しい紅葉に包まれる愛宕街道 鳥居本- (11/26)
  • 続・京都の紅葉 -美しい紅葉に包まれる愛宕街道 鳥居本- (11/26)
  • 続・京都の紅葉 -美しい紅葉に包まれる愛宕街道 鳥居本- (11/26)
  • 続・京都の紅葉 -美しい紅葉に包まれる愛宕街道 鳥居本- (11/26)
  • 続・京都の紅葉 -愛逢い地蔵さまがほっこりお迎え 直指庵- (11/26)
  • 続・京都の紅葉 -愛逢い地蔵さまがほっこりお迎え 直指庵- (11/26)
  • 続・京都の紅葉 -愛逢い地蔵さまがほっこりお迎え 直指庵- (11/26)
  • 続・京都の紅葉 -愛逢い地蔵さまがほっこりお迎え 直指庵- (11/26)
記事検索
  • ライブドアブログ