気ままにフォトスケッチ

お出かけ日記とデジカメ写真のブログです

お出かけ 兵庫

坑道は巨大ダンジョン -生野銀山ー (11/2)

兵庫県生野町の生野銀山は、807~1973年にかけて採掘された長い歴史を持ち、明治維新後の日本で初めての官営(国の直営)鉱山です。
ikunoginzan20191102-01

ikunoginzan20191102-02

また、フランスから技師を招いて西洋の鉱山技術を導入し、日本の近代化を牽引しました。地下へ880mもの深さがあり、蟻の巣のように張り巡らされた総延長350kmの坑道は、まさしく巨大なダンジョンと言えるでしょう!
ikunoginzan20191102-03

そんな坑道の一部が公開されています。その長さは約1000mで、40分ほどで観覧できます。
ikunoginzan20191102-03

ikunoginzan20191102-04

鍾乳洞のような変化もなく単調な坑道ですが、随所に模型や解説図などを配置して、興味深く学習できるように工夫されています。上部の小さな穴は、狸掘(たぬきぼり)といわれる坑道で、江戸時代にノミ1本で掘り進んでいったそうです。
ikunoginzan20191102-05

ikunoginzan20191102-06

組方が馬の蹄(ひづめ)に似ていることから馬蹄型鋼枠二枚合掌と呼ばれています。ルーフボルト1本につき、約2トンの岩盤を支えられるそうです。
ikunoginzan20191102-07

当時使われていた巻揚機のエレベーターは730mの長さには圧倒されます。
ikunoginzan20191102-08

ikunoginzan20191102-09

坑道内は年間を通じて約13℃だそうです。夏は涼しく冬は暖かい坑道に移住しましょうか(笑)
ikunoginzan20191102-10


色づき始めた紅葉と名瀑 -天滝(てんだき)- (11/2)

今年の秋は気温が高い日が続いて紅葉は遅れてるけど、11月に入ってようやく気温が下がってきました。色づき始めた兵庫県養父市にある「天滝」を訪ねてみました。
tendaki20191102-01

渓谷の入口から渓流に沿って、片道約1.2kmを1時間ほどのトレッキングが楽しめます。
tendaki20191102-02

tendaki20191102-03

登山道からは夫婦滝、鼓ヶ滝といった美しい滝など大小の滝を見ることができます。登山道といっても整備されて、本格的な登山の装備などは必要ありません。滑りやすいので足元二中は必要です。
tendaki20191102-08

tendaki20191102-04

tendaki20191102-05

夫婦滝と鼓ケ滝です。このように名前が付けられた滝もあります。
tendaki20191102-06

tendaki20191102-07

大小の滝や清流を見ながら歩くと、突然目の前に天から流れ落ちるかような滝が現れます。
tendaki20191102-11

落差98mの兵庫県一を誇る「天滝」です。その荘厳で力強い姿や、滝にまつわる伝説などから「日本の滝100選」に選定されています。滝の真ん中あたりに虹が架かっています。
tendaki20191102-09

tendaki20191102-10

天滝は間近で見ることもできます。天から舞い降りる龍のような滝に圧倒されました^^
 tendaki20191102-13

丹波の秋 -達心寺、清住コスモス畑、まけきらい稲荷-(10/6)

兵庫県丹波市清住の「達身寺」を訪ねましょう。
01tassinji20191006

寺伝によると、戦国時代には大寺院であったと言われ、織田信長が丹波平定を行った際に焼かれてしまいました。 僧侶たちは寺院を焼かれる前に仏像を近くの谷へ運び出し、そのまま長年置き去りにされていました。
ところが元禄8年に疫病が流行り、占い師に占ってもらい、放置されたままであった仏像を集め、修繕して安置しました。このため、寄木造りの仏像は木片化し、一木造りの仏像が痛々しい姿で残されています。
一方で、近年の研究では薬師如来像など同じ仏像が多く残っていることから、お堂を多く持った工房があり、そこに丹波仏師がいて造仏していたのではないかとも言われています。
このような謎の多いお寺は興味深かったです。  
02tassinji20191006

03tassinji20191006

達心寺の周辺では休耕田を利用した「清住コスモス園」があります。
05kiyozumi20191006

8haもの広大な丹波のコスモス園として有名です。青空を背景に揺れるコスモスに爽やかな秋風を感じました♪
04kiyozumi20191006

06kiyozumi20191006

丹波篠山市の王地山公園に赤い鳥居が続く長い石段を登ると「まけきらい稲荷神社」があります。
07makekiraiinari20191006

08makekiraiinari20191006

領内のお稲荷さんが力士に化けて大相撲で優勝し、負けきらいの殿様を大いに喜ばせました。
そこで幟や絵馬などを奉納して感謝したという逸話があります。招福除災、商売繁盛勝利守護、合格成就の神として広く信仰されています。
09makekiraiinari20191006


白毫寺の九尺藤と高源寺の新緑(5/8)

兵庫県丹波市にある白毫寺は、”九尺藤”が有名な天台宗のお寺です。縁起によれば、705(慶雲2)年に法道仙人により開基されました。
byakugoji-20190508-01

byakugoji-20190508-02

本尊の眉間の白毫から神々しく瑞光を放ったことから「白毫寺」と名付けられました。その本尊は天竺から伝えられたという薬師瑠璃光如来で秘仏だそうです。新緑に囲まれた本堂です。
byakugoji-20190508-04

ここは藤が美しいことで知られています。なかでも120mの藤棚に紫のベールとなって咲く九尺藤は圧巻です。
byakugoji-20190508-05

byakugoji-20190508-06

ただ、今年は4月中旬から気温が上がなくて、藤の開花が遅れていました。ようやく見頃となったものの、1mくらいの房の長さでした。来年に期待しましょう!
もっとも九尺藤という名前が付いていますが、品種の名称であって、実際には長いもので1.5mくらいの長さだそうです。
byakugoji-20190508-07

byakugoji-20190508-08


丹波市の高源寺は、紅葉の名所として晩秋には多くの観光客が訪れます。
kogenji20190508-01

この季節は新緑がめちゃ美しくて、ひっそりしていて思いっきり深呼吸や森林浴ができますよ♪
kogenji20190508-06

高源寺は、1325年に遠谿祖雄禅師によって開創されました。参道には遠谿祖雄禅師が修業していた中国杭州の天目山から持ち帰ったといわれる天目かえでが植えられています。葉が小さくて、葉の切れ目が深く、枝が垂れ下がるという特徴がある美しい楓です。参道の脇に咲いているツツジと新緑がとても綺麗でした^^
kogenji20190508-02

kogenji20190508-03

石段を上がると本堂や三重塔があります。荘厳な建物は当時を偲ばせてくれました♪
kogenji20190508-04

kogenji20190508-05

kogenji20190508-07


あわじ花さじきと国営明石海峡公園 (4/6)

淡路島の「あわじ花さじき」と「国営明石海峡公園」へ行ってきました。春霞か黄砂か分からないけど、空は快晴だけどもやっとした感じでした。
akashikaikyo20190406-01

あわじ花さじきは、大阪湾や明石海峡大橋が見える丘陵に兵庫県が設置した広大なお花畑です。
hanasajiki20190406-01

ここは四季折々の花が楽しめるスポットなんですよ。しかも、入園も駐車も無料です。なだらかな丘にはどこまでも続く菜の花が咲き誇っていました♪
hanasajiki20190406-02

hanasajiki20190406-03

道の駅東浦ターミナルパークで、特産の玉ねぎ・とんかつ・目玉焼き・ビーフが入ったカレーライスを食べました。お目当ての”タコの姿焼き”がなくて残念...

玉ねぎは甘くて美味しかったです。見た目以上のボリュームたっぷりでお腹いっぱいになりました^^
lunch20190406

国営明石海峡公園は、関西空港建設などに使われた土取り場の跡地を、花と緑あふれる公園に整備されました。
akashikaikyo20190406-02

akashikaikyo20190406-04

公園の自慢は、園内に咲く260品種ものチューリップが植えられているそうです!
akashikaikyo20190406-03

akashikaikyo20190406-06

カラフルなチューリップと一緒にムスカリやネモフィラが咲いてアクセントになっています。
akashikaikyo20190406-07

akashikaikyo20190406-08

ポプラの丘の芝生に座ってのんびり眺めるのも良いですね♪
akashikaikyo20190406-09

チューリップのアップも綺麗でしょう!
akashikaikyo20190406-10

akashikaikyo20190406-11

高台からは海も見えます。
akashikaikyo20190406-05

メジロが桜の蜜を吸いに来ていました。
akashikaikyo20190406-12

枝にとまってツンとツン鳴いているのはホオジロです。のどかな公園を散策すると気持ちよかったです^^
akashikaikyo20190406-13

akashikaikyo20190406-14


ギャラリー
  • 坑道は巨大ダンジョン -生野銀山ー (11/2)
  • 坑道は巨大ダンジョン -生野銀山ー (11/2)
  • 坑道は巨大ダンジョン -生野銀山ー (11/2)
  • 坑道は巨大ダンジョン -生野銀山ー (11/2)
  • 坑道は巨大ダンジョン -生野銀山ー (11/2)
  • 坑道は巨大ダンジョン -生野銀山ー (11/2)
  • 坑道は巨大ダンジョン -生野銀山ー (11/2)
  • 坑道は巨大ダンジョン -生野銀山ー (11/2)
  • 坑道は巨大ダンジョン -生野銀山ー (11/2)
記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ