気ままにフォトスケッチ

お出かけ日記とデジカメ写真のブログです

お出かけ・京都

海軍ゆかりの海の京都「舞鶴を散策」(6/17)

京都府北部の舞鶴市へお出かけしました。舞鶴の海が見える広大な自然文化園には美しいあじさい園があります。
shizenbunkaen20180617-01

大浦半島にあった旧西武農場跡地を舞鶴市が取得して、豊かな自然を生かした公園に整備しました。園内には、つばき園(約1500種3万本)やあじさい園(60品種5万本)などがあります。
shizenbunkaen20180617-02

一目5万本のあじさいがちょうど見ごろとなり、カラフルな花が迎えてくれました。
shizenbunkaen20180617-05

shizenbunkaen20180617-04

ゲートからなだらかな坂の上には展示棟があって、アジサイ展が催されていました。ここからあじさい園を歩きます。
shizenbunkaen20180617-07

shizenbunkaen20180617-09

あじさいの小道を抜けると正面に舞鶴湾が見え、無数の花が目に飛び込んできました。ちょっと天気が良すぎたけど、美しいあじさいの花に癒されました^^
shizenbunkaen20180617-08


舞鶴といえば海軍ゆかりの港町です。土日限定で「海軍ゆかりの港めぐり遊覧船」が運行されています。
yuransen20180617-01

赤レンガパークの桟橋から1日3便、30分のクルーズです。(1,000円)
yuransen20180617-02

出航してすぐ見えてくるでっかい海上自衛隊の補給艦や護衛艦!
yuransen20180617-06

湾の先に進めば海上保安庁のヘリコプターの格納庫や海上保安学校の訓練灯台!
yuransen20180617-03

海軍ゆかりの造船所やドック!
yuransen20180617-04

そして目の前に迫ってきたのが海上自衛他の北吸桟橋に停泊している護衛艦やミサイル艇など!
この日はたくさんの船が停まっていました。護衛艦はあたご、みょうこう、ひゅうが、はつゆきの4隻、補給艦ましゅう、ミサイル艇はやぶさなどがずらっと並んでいて迫力があって圧巻でした!
ガイドは海自のOBの方で、詳しく楽しく解説してくれました。心地よい潮風を感じながらあっという間のクルーズでした^^
yuransen20180617-05


舞鶴市では、地産地消のごちそう丼「舞鶴岩がき丼キャンペーン」をやっています。岩牡蠣のプリプリ食感はたまらない美味しさです!
そんな舞鶴岩がき丼を海が見えるレストラン「海希亭」で食べました。舞鶴岩がき丼、味噌汁、漬物が付いて2,000円です。割高感がありますが、岩牡蠣そのものが高価で景色が良いからこんなものかな?
岩牡蠣はめちゃ大きくてプリップリで、濃厚なエキスが詰まってました。器が大きいので少量に見えるけど、めちゃボリュームがあってお腹いっぱいになりました!
lunch20180617


舞鶴市には歴史的建造物である12棟の赤れんが倉庫群があります。明治33年から大正10年頃までに旧海軍が築いた美しい赤れんがの倉庫です。戦後は市役所の第二庁舎として使用され、平成6年に歴史や文化とふれあう出会い、交流の場として「舞鶴赤レンガパーク」がオープンしました。
akarenga20180617-01

この日はイベントなどはありませんでした。静かなパークを歩いて、舞鶴の歴史に浸りました^^
akarenga20180617-02

akarenga20180617-03

半夏生が咲く両足院と甘茶が咲く霊厳院 (6/7)

京都の建仁寺塔頭寺院の両足院の庭園には、白い清楚な半夏生(はんげしょう)が咲き、半夏生の開花時期にあわせて特別公開されます。
ryosokuin20180607-01

半夏生は梅雨時期に咲くドクダミ科の植物で、「半夏生」「半化粧」といった呼び名があります。葉の一部が白く化粧したように見える姿って、涼しげでとっても美しいです^^
ryosokuin20180607-02

葉が白くなるのは、虫を誘うために目立とうとするといわれています。白砂と苔に青松が美しい唐門前庭や、枯山水の方丈前庭なども美しいよ^^
ryosokuin20180607-03

ryosokuin20180607-04


甘茶の花って見たことはありますか?
建仁寺塔頭の霊厳院では甘茶の庭があります。ガクアジサイにそっくりで紫陽花の一種のようですが、紫陽花には毒があるけど甘茶には毒がなくお茶にすると自然の甘さが素晴らしいです。
reigenin20180607-01

甘茶が咲く甘露庭には菩提樹や沙羅も咲いていました。
お釈迦様が生まれたときに天に9匹の竜が現れて、“甘露の雨”を降らせたとの伝説があります。菩提樹の下で瞑想し悟りを開かれ、沙羅の下で入滅されました。この庭はお釈迦様の生涯を表しているのかもしれません。
reigenin20180607-02

reigenin20180607-03

こんなことを思いながら庭を眺めながら、甘茶を一服戴きました。ほんのりした天然の甘さはとても上品でした。
甘茶は8~9月の葉を摘み取って天日で干し、水を吹きかけて発酵させた後、手でよく揉んで乾燥させると茶葉ができます。機会があれば甘茶も飲んでみてね^^
reigenin20180607-04

reigenin20180607-05


可愛らしい赤紫色のミツバツツジが咲く楞厳寺 (4/19)

与謝野町から大江町を経由して京都府綾部市へ。可愛らしい赤紫色のミツバツツジが群生する「楞厳寺(りょうごんじ)」を訪ねてみます。
ryogonji20180419-01

楞厳寺は高野山真言宗の寺院で、ご本尊は薬師瑠璃光如来です。長井一禾に描かれた四季の鴉の襖絵が有名であり、丹波の カラス寺とも呼ばれています。カラス絵の拝観は予約が必要とのことでした。
ryogonji20180419-02

ここは”関西花の寺25寺”のひとつで、境内には大きな樹齢400年の椿がありますが、門前の池の対岸にある丘がミツバツツジの花で埋まることが有名です。
ryogonji20180419-06

ryogonji20180419-05

真っ白なドウダンツツジや真っ赤な霧島ツツジが綺麗でした。
ryogonji20180419-03

ryogonji20180419-04

今年は開花が早かったので散ってしまった花も多かったけど、丘の上のほうがちょうど見頃で美しかったです。
ryogonji20180419-09

また、この丘ではミツバツツジのトンネルをくぐってミニ八十八ヵ所巡りができます♪
ryogonji20180419-07

ryogonji20180419-08

滝の千年ツバキ公園と加悦SL広場 (4/19)

但東町から県府道701号線で小さな峠を越えると京都府与謝野町です。ここには「滝の千年ツバキ公園」があります。駐車場から杉木立と清流を眺めながら山を登っていきます。
sennentubaki20180419-01

sennentubaki20180419-02

樹高9.7メートル、枝張り径10.0メートル、幹周3.26メートルもあって、京都府指定天然記念物の「千年椿」があります。
sennentubaki20180419-03

推定樹齢1,000年から命名されたクロツバキで、毎年春に濃紫紅の花を咲かせます。今年は開花が早くてほぼ終盤でした。
sennentubaki20180419-04

sennentubaki20180419-05


府道701号線から国道176号線を宮津方面にすぐのところに「加悦(かや)SL広場」があります。
kayasl20180419-01

かつてこの地に村人たちを乗せて走る小さな鉄道「加悦(かや)鉄道」がありました。大正14年、加悦谷地方8ヶ町村の丹後ちりめん産業と、大江山のニッケル鉱山の輸送のため8.3kmのミニ鉄道が敷設され、加悦鉄道2号機関車(123号蒸気機関車)が走っていました。
kayasl20180419-03

kayasl20180419-02

戦後鉱山の廃坑や貨物・旅客の鉄道利用が減少し、昭和60年4月に鉄道事業が廃止されました。当時の古びた木造のかわいい駅舎や、役割を終えた機関車など珍しい貴重な車両を集めて「加悦SL広場」がオープンし、NPO加悦鐵鉄道保存会がその維持・管理を行っています。とても見ごたえのある施設なんですよ^^
kayasl20180419-04

加悦SL広場に「蒸気屋」という軽食&みやげ店があります。
kayasl20180419-05

店内で注文し、裏に停車している車輛の中で食事ができます。この車輛は、加悦鉄道で実際に使用されていた車輌(サハ3104)を改造したもので、床・壁・テーブルセットに至るまでレトロな木製品で、とてもおしゃれなカフェなんですよ^^
月見うどんと焼きおにぎりのセットを食べました。味はごく普通、雰囲気はサイコー(笑)
kayasl20180419-06

京都へお花見 -城南宮- (3/31)

名神京都南ICのすぐ近く、地下鉄・近鉄竹田駅から歩いて15分ほどに方除けの城南宮があります。
城南宮は方除の大社と言われ、方位の災いから守ってくださるお宮として有名です。白川上皇が鳥羽離宮の造営時に元々あった神社を離宮の守り神として「城南宮」とました。

jonangu20180331-01

庭園は楽水苑と呼ばれ、「平安の庭」「室町の庭」「桃山の庭」「城南離宮の庭」と続いています。紅白のしだれ梅が咲く早春はとくに華やかですが、苔の庭に落ちた椿の花が印象的でした。
jonangu20180331-02

平安の庭ではもみじの芽吹きがとても綺麗でした。
jonangu20180331-03

桜の季節にはじめて訪ねましたが、室町の庭のしだれ桜がとても美しかったです^^

jonangu20180331-04

jonangu20180331-05

城南離宮の庭から見える紅しだれ桜も美しかったです。こんなに美しい庭園があるのに観光客が少なくてゆっくり鑑賞できました♪
jonangu20180331-06

ギャラリー
  • 海軍ゆかりの海の京都「舞鶴を散策」(6/17)
  • 海軍ゆかりの海の京都「舞鶴を散策」(6/17)
  • 海軍ゆかりの海の京都「舞鶴を散策」(6/17)
  • 海軍ゆかりの海の京都「舞鶴を散策」(6/17)
  • 海軍ゆかりの海の京都「舞鶴を散策」(6/17)
  • 海軍ゆかりの海の京都「舞鶴を散策」(6/17)
  • 海軍ゆかりの海の京都「舞鶴を散策」(6/17)
  • 海軍ゆかりの海の京都「舞鶴を散策」(6/17)
  • 海軍ゆかりの海の京都「舞鶴を散策」(6/17)
記事検索
  • ライブドアブログ