気ままにフォトスケッチ

お出かけ日記とデジカメ写真のブログです

お出かけ・奈良

大野寺と室生寺の桜 (4/4)

奈良県宇陀市の大野寺は、真言宗室生寺派の寺院です。役行者が開き、824年に弘法大師によって堂宇が建立されたと伝わります。
onoji20200404-01

後鳥羽上皇の勅願により造立されたといわれる高さ13.8mの弥勒磨崖仏と、見事なしだれ桜が有名です。
onoji20200404-04

大野寺のしだれ桜ごしに見る弥勒磨崖仏は日本一美しいともいわれています。onoji20200404-03

境内にある2本の樹齢約300年の小糸しだれ桜は、堂々とした枝ぶりと繊細な美しさに魅了されますが、現在は病害のため枝を切って治療が行われています。数年後には、また元の姿を見られることを楽しみにしています。
onoji20200404-02

境内には紅しだれ桜や木蓮が美しい庭もあります。
onoji20200404-06

onoji20200404-05


奈良県宇陀市の室生寺は、厳しく女人を禁制してきた高野山に対し、女人の済度をもはかる真言道場として女性の参詣を許したことから「女人高野」とも呼ばれています。
muroji20200404-01

muroji20200404-02

室生川に架かる朱色の太鼓橋を渡って境内に入ると、杉木立の中に弥勒堂・金堂・本堂・五重塔などの堂塔が美しいたたずまいを見せて立ち並んでいます。長い石段(鎧坂)を上ると弥勒堂と金堂が建っています。
muroji20200404-03

muroji20200404-04

本堂(灌頂堂)です。後ろに五重塔が見えます。
muroji20200404-05

五重塔です。屋外に建つ五重塔では日本最小の可愛い塔です。ここから奥の院への道が続きます。
muroji20200404-08

muroji20200404-07

本坊の桜も綺麗でした。桜が散ったら石楠花の季節です♪
muroji20200404-09


藤原宮跡と世尊寺の桜 (4/4)

「藤原宮跡」は奈良県橿原市にあって、中国の都城にならって日本で初めて建設された本格的都城で、創都から16年後に平城京に都が遷されました。一辺約1kmの中に、大極殿や朝堂院といった国の儀式や政治を行う施設や天皇の住まいである内裏などがありました。
hujiwarakyu20200404-01

広大な宮跡は特別史跡に指定され、春は桜や菜の花、夏は蓮、秋はコスモスと美しい花々で彩られます。
hujiwarakyu20200404-02

hujiwarakyu20200404-03

昨秋の種まき後の大雨で種が流れたため、花の咲いていないところもありました。それでも菜の花と桜の競演が素晴らしかったです。遠くの山は、大和三山の一つ耳成山です。 
hujiwarakyu20200404-04


世尊寺(旧比曽寺跡)は、奈良県吉野郡大淀町に古刹「世尊寺」があります。
sesonji20200404-01

世尊寺は、687年に聖徳太子が建立した寺院で比蘇寺(吉野寺)と呼ばれ、 法興寺(飛鳥寺)、四天王寺、法隆寺とともに四大寺院の一つでした。ところが相次ぐ戦乱による焼失や時勢の変革により荒廃してしまいます。現在の伽藍は後世に建てられたものです。
sesonji20200404-03

sesonji20200404-04

ここは秋に境内を埋め尽くす彼岸花で有名ですが、春の桜もめちゃ綺麗です。山門から中門までの桜並木は素晴らしかったです。
sesonji20200404-02

sesonji20200404-07

本堂裏にある「不老長寿の桜(壇上桜)」は聖徳太子お手植えとされています。sesonji20200404-06

sesonji20200404-05


早春の秋篠寺と白毫寺を訪ねて (3/15)

奈良時代末期の780年頃に光仁天皇の勅願により建立し、善珠僧正が開山したと伝えられています。「秋篠」の地に建てられたため秋篠寺と呼ばれています。
東門をくぐると馬酔木が満開でした。写真は南門です^^;
akishinodera20200315-01

akishinodera20200315-02

ここから美しい苔の庭が続いています。前日の雨水を含んでとても綺麗でした。
akishinodera20200315-03

akishinodera20200315-04

本堂の西側にある大元堂には、秋篠寺の別尊である秘仏の大元帥明王像が安置されています。毎年6月6日のみ拝観できます。
akishinodera20200315-05

本堂は平安末期の戦火で伽藍の大半を焼失し、鎌倉時代に再興されました。
本堂には仏像が25体安置され、伎芸天はふっくらとして頭を傾けた優美な姿がとても美しいです。
諸技諸芸の守護神として多くの芸術家や芸能人らに慕われ、古美術愛好家にも親しまれています。天平の時代に生まれた美しい芸能の女神に会いにいきませんか?! 
akishinodera20200315-06


白毫寺は奈良市街の南方・高円山の西麓に建ち、天智天皇の皇子である志貴親王の山荘跡を寺としたものと伝えられています。春の「五色椿」や秋の「萩」が美しく、高台に位置するため眺めの良い寺としても有名です。
byakugoji20200315-01

五色椿は、1本の木に赤や白、斑入りなどの花が咲く珍しいもので、天然記念物に指定されています。
五色椿は老木のため、年々花が減ってきているようです。木の根元に置かれた小さな石仏と苔と椿の花がコラボして、とっても微笑ましい気持ちになりました。
byakugoji20200315-03

byakugoji20200315-04

白毫寺の境内にはたくさんの椿が植えてあります。石仏の道を歩きながら椿を見るのもいいですよ。るので、交通は少し不便ですがぜひお参りしてみてね^^
byakugoji20200315-05

また、お堂の横でひときわ黄色が冴えて咲く山茱萸が、大和に春の訪れを知らせていました♪
byakugoji20200315-06

お寺が高台にあるので眺めが良く、正面に生駒山が、右手前に興福寺の五重塔がよく見えます。byakugoji20200315-07

収蔵庫を兼ねた宝蔵には、閻魔王坐像が祀られ、両脇には司命半跏像と司録半跏像(書記官)がいらっしゃいます。カッと目を見開き、ものすごい形相で睨んでおられ、恐ろしいほどの大迫力です。
命を司る神として信仰されている泰山夫君(たいざんふくん)像も、極楽浄土へ導いてくださる阿弥陀如来像や地蔵菩薩像もおられ、天国と地獄が同居する不思議な感覚になりました。写真は本堂です。
byakugoji20200315-02


正暦寺の人形供養 (3/9)

奈良市郊外の山中に位置し紅葉の名所として有名な正暦寺は、992年に一条天皇の勅命を受けて兼俊僧正が創建しました。当初は86の僧坊を数え、奈良有数の大寺だったそうです。 
現在は本堂、鐘楼、福寿院客殿を残すのみで、菩提仙川に沿って苔むした石垣が続き、往時の名残をとどめています。写真は福寿院と本堂です。
syoryakuji20200309-01

syoryakuji20200309-03

また清酒発祥の地とも言われています。
syoryakuji20200309-02

実家や自宅で眠っていた人形やぬいぐるみなどは簡単に捨てることができず、昨年夏に正暦寺で供養していただきました。このようにお寺に持ち込めば随時供養をしてくださいます。
さらに、それらの人形を一年間お寺で預かって、毎年3月9日に一年間に受け付けられたすべての人形供養法要が執り行われます。
syoryakuji20200309-15

午後2時から本堂内でお勤めがあります。読経だけでなく雅楽もあって厳かな雰囲気でした。
syoryakuji20200309-04

syoryakuji20200309-05

その後、山伏により本堂前に張られた結界が解かれ、大護摩が焚かれます。
syoryakuji20200309-06

syoryakuji20200309-07

syoryakuji20200309-08

syoryakuji20200309-09

読経が続く中、大護摩とともに護摩木が焚かれ、1年間待っていた人形すべてのご冥福をお祈りされます。
syoryakuji20200309-10

syoryakuji20200309-11

syoryakuji20200309-12

予想を超える迫力に圧倒されました!
syoryakuji20200309-13

syoryakuji20200309-14



いなべ市梅林公園と月ヶ瀬梅渓の絶景 (3/3)

三重県いなべ市の梅林公園には、100種類4,500本の梅林公園があって多くの観光客が訪れます。
inabe20200303-04

週末は駐車場がすぐ満車になるので、平日の早めに到着したら園内もガラガラでした。公園を出る頃にはほぼ満車だったので、早めに到着して正解でした。
inabe20200303-01

梅林には紅白のしだれ梅を中心に植えられていて、今年は一斉に満開を迎えたようです。
inabe20200303-02

inabe20200303-03

高台の見晴台から見下ろすと、紅白の梅が絶妙のバランスで植えられているのがわかります。淡い色彩がめちゃくちゃきれいでした。しかも梅林の後ろには鈴鹿山脈が連なり絶景でした!
inabe20200303-05

inabe20200303-06


奈良県奈良市最東端で三重の県境近くに位置する月ヶ瀬梅渓。五月川の渓谷に梅の古木が立ち並び、梅林と渓谷が楽しめるから「梅渓」と呼ばれています。写真は吊橋の月ヶ瀬橋。この付近は山桜が多いので、桜が咲く頃がいちばん綺麗です。
tukigase20200303-01

駐車場から散策路を歩いていくと、いきなり視界が開けると「一目八景」です。斜面に広がる梅林と渓谷の対比がとても美しかったです。
tukigase20200303-05

tukigase20200303-06

散策路には土産物店や食事処があります。歩き疲れたら座敷でゆっくり観梅もいいですね。
tukigase20200303-04

山の上には月ヶ瀬梅渓発祥ともいわれる「真福寺」があります。
tukigase20200303-03

1205年に真福寺境内に天神社を建立する際に、菅原道真の好んだ梅を植樹した言い伝えがあります。境内のしだれ梅がとても綺麗でした^^
 
tukigase20200303-02



ギャラリー
  • 京都の青もみじ -霊源院と永観堂- (6/2)
  • 京都の青もみじ -霊源院と永観堂- (6/2)
  • 京都の青もみじ -霊源院と永観堂- (6/2)
  • 京都の青もみじ -霊源院と永観堂- (6/2)
  • 京都の青もみじ -霊源院と永観堂- (6/2)
  • 京都の青もみじ -霊源院と永観堂- (6/2)
  • 京都の青もみじ -霊源院と永観堂- (6/2)
  • 京都の青もみじ -霊源院と永観堂- (6/2)
  • 京都の青もみじ -霊源院と永観堂- (6/2)
記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ