気ままにフォトスケッチ

お出かけ日記とデジカメ写真のブログです

お出かけ・大阪

初詣(長谷寺、大国主神社、難波八坂神社)(1/1)

紅白を見た後、近鉄の「新春京阪奈1dayチケット」を利用して、終夜運転の電車に乗って奈良の長谷寺へお詣りしました。
hasedera20200101-01

長谷寺は大晦日から元日の朝まで399段ある登廊に行灯が置かれて、吊灯籠と行灯に照らされた石段を上っていきます。
hasedera20200101-02

hasedera20200101-03

登廊横には冬牡丹が愛らしく咲いています。とても厳かで幻想的で雰囲気なんですよ。
hasedera20200101-04

hasedera20200101-05

hasedera20200101-06

本堂に参拝して舞台に出ると、五重塔がライトアップされています。適度な距離もあってとても幻想的で綺麗でした。
hasedera20200101-07

hasedera20200101-08

hasedera20200101-09


いったん帰って寝て、8時頃に起きだして、おせちと長谷寺で戴いた餅を入れたお雑煮を食べました。
お腹いっぱいになったところで、再び電車に乗って大国主神社を参拝しました。
大国主命の正式名は「敷津松之宮 大国主神社」で、金運、福徳開運、商売繁盛、縁結びなどにご利益があり、「木津の大国さん」と呼ばれ親しまれています。
ookuninushi20200101-01

大国主命は、ねずみと深い縁があります。大国主命が野火の危機にみまわれたときに、ねずみが命を救ったという神話にちなんでいます。
ookuninushi20200101-02

写真は、大国主神社の狛ねずみです。打ち出の小槌を持っています^^
ookuninushi20200101-03


難波方向に少し歩くと難波八坂神社があります。
nanbayasaka20200101-01

境内に入るとドキッとします。巨大な獅子が牙を剥いて口を開けています。獅子頭をかたどった近代的な社殿は、1974年に改築されたもので、高さ12m、幅11m、奥行10mもあるそうです。
nanbayasaka20200101-02

ここでお神楽が奉納されていました。それにしてもすごい人でした。強力なパワースポットでもあるです。獅子舞台というのだそうですが、この奇抜なアイデアは最高でしょう^^
nanbayasaka20200101-03


OSAKA光のルネサンス2019 (12/23)

大阪・中之島で行われている「OSAKA光のルネサンス2019」を見てきました。水都大阪のシンボル・中之島を彩る光のアートフェスティバルです。市役所の壁面には大きなイルミネーションが輝いています。
nakanoshima20191223-10

その南側の全長150mのケヤキ並木が光り輝くイルミネーションストリートでは、音楽に合わせたリズミカルな演出が楽しかったです♪
nakanoshima20191223-01

nakanoshima20191223-02

大川にはイルミネーションで装飾した水上バスが行き交い、橋梁がライトアップされています。
nakanoshima20191223-06

nakanoshima20191223-07

その大川沿いには台南(台湾)との文化交流プログラムとして、数百個のランタンのトンネルがあります。とても綺麗でした。
nakanoshima20191223-03

nakanoshima20191223-04

屋台もたくさんありますよ。美しいイルミネーションを観ながら食べるのもいいですね♪
nakanoshima20191223-05

バラ園には美しいオブジェや巨大なスノーマンも現れて、訪れる人の写真に収まってます。

nakanoshima20191223-08

nakanoshima20191223-09

大阪市中央公会堂の壁面が光のアート作品が、プロジェクションマッピングとして艶やかな世界を演出し、みんなを感動させてくれました。各地でイルミネーションが行われていますが、とても美しくて楽しめますよ^^
nakanoshima20191223-11

nakanoshima20191223-12

四天王寺と大念仏寺 (5/1)

令和最初のお出かけは、四天王寺と大念仏寺でした。
shitennoji20190501-02

shitennoji20190501-01

四天王寺では新年号記念の御朱印を戴けます。明治神宮のように10時間待ちはなかったけど、書き手が2人だったので1時間ほど並びました...
金色の台紙の豪華版ですよ。写真は、薬師寺の平成最後の日付の御朱印と、四天王寺の通常と令和最初の日付入り御朱印です。今年から御朱印を集めだしたんですが、記念にもなってなかなか良いものですね^^
syuin20190501


融通念佛宗総本山の大念仏寺では5月1日から5日まで「万部おねり」が行われます。
manbuoneri20190501-01

manbuoneri20190501-02

二十五菩薩来迎を中心に、阿弥陀経一万部が読経される大きな行事です。
manbuoneri20190501-03

manbuoneri20190501-04

二十五菩薩様だけでなく、稚児行列、献花献茶、各・講の皆さんが、本堂脇にしつらえた橋を渡って本堂に入堂されます。
manbuoneri20190501-05

manbuoneri20190501-06

manbuoneri20190501-07

これは、極楽浄土に往生するさまを表していて、来迎会(らいごうえ)と言うそうです。
manbuoneri20190501-08

manbuoneri20190501-09

あいにく小雨が降っていて足元は悪かったけど、参詣者でごった返すこともなくて楽に見ることができました。この日に限り、新元号を記念して26番目に地蔵菩薩さまもお渡りされました。
manbuoneri20190501-10

藤や牡丹が香る西国札所 -葛井寺、壷阪寺、岡寺- (4/27)

大阪府藤井寺市にある葛井寺(ふじいでら)は、7世紀後半に葛井氏の氏寺として建立されました。西国三十三箇所観音霊場の第5番札所として信仰を集め、多くの巡礼者が訪れています。
fujiidera20190427-01

ご本尊の千手観音坐像は国宝に指定され、毎月18日に開帳されます。葛井寺の観音様は、大の手2本、中の手40本、小の手1001本、計1043本の手があります。また、十一面の顔に1043の眼を持つ千手千眼観音菩薩です。千手と千眼でどんな人達も漏らさず救済してくださるとのことです。ぜひ18日のご開帳に参拝してみたいです^^
fujiidera20190427-02

fujiidera20190427-04

境内には数か所の藤棚があって、紫・白・赤の藤の花を楽しめます。
fujiidera20190427-03

境内は満開の藤の甘い香りに包まれていました♪
fujiidera20190427-05


奈良県明日香村の少し南にある壷阪寺(つぼさかでら)は、「壷阪山南法華寺」が正式名です。西国三十三カ所観音霊場第6番札所として信仰を集めています。
tsubosaka20190427-01

703年に弁基上人によって開かれた霊山で、本尊は十一面千手観音です。
tsubosaka20190427-04

お里沢市の「壺坂霊験記」で有名なお寺は、眼病封じの参詣者でにぎわいます。四季の花が美しい寺で、この季節は黄色い山吹の花が境内に咲き乱れていました♪
tsubosaka20190427-02

tsubosaka20190427-03

また、壷阪寺はインドとの繋がりが強く、境内にはインドで製作された大観音石像、仏伝図石造レリーフ、大涅槃石像などの石造物がたくさんあります。広い境内をゆっくり歩くと、新緑とともにとても気持ちよかったです^^
tsubosaka20190427-05


奈良県明日香村にある岡寺は日本最初の厄除けの霊場として名高く、女性の厄除け観音として、西国三十三カ所観音霊場第7番札所として信仰を集めています。
okadera20190427-01

天智天皇の勅願により、義淵僧正(ぎえんそうじょう)が創建しました。ご本尊は弘法大師作といわれる如意輪観音坐像で、高さ3.6mもある塑像の観音様です。塑像としてはわが国最大の仏像だそうです!
okadera20190427-04

okadera20190427-07

池には牡丹やダリアの花が浮かべられ、本堂前では大輪の牡丹が咲き誇っています。
okadera20190427-02

okadera20190427-03

さらに奥の山の斜面には、3000株もの石楠花が植えられていてゆっくり散策できました。華やかな春を楽しめますよ♪
okadera20190427-05

okadera20190427-06


熊野海道信達宿と子安地蔵寺の藤 (4/22)

大阪から熊野へと続く熊野街道の、泉南市にある信達宿(しんだちじゅく)では、見事な野田藤を栽培されています。写真は駐車場を無料で提供されている長慶寺と熊野海道の道路まではみ出して咲く藤の花です。
shindatisyuku20190422-01

shindatisyuku20190422-02

の藤は実に1本の木に4万の花房をつけ、毎年4月中旬~下旬に「ふじまつり」が開催されます。
shindatisyuku20190422-04

この野田藤は、「平成の花咲か爺さん」と呼ばれた故梶本氏が、一本の鉢植えから30年大事に育てられました。今年も満開になったとの知らせに、ちょこっと訪ねてみました♪
shindatisyuku20190422-03

庭を見ていると藤の甘い香りが充満していました^^
shindatisyuku20190422-05

また、藤棚から垂れ下がる藤を見上げるだけでなく、仮設台から藤の花房を見渡すこともできます。まるで雲海のようです♪
shindatisyuku20190422-06


泉南市から岩出市を経由して無料区間の京奈和道で橋本まで、バイパス化されて快適なドライブが楽しめます♪
橋本市にある子安地蔵寺は”藤の寺”として有名です。
jizouji2019042-01

737年に行基菩薩によって開かれた古刹で、本尊の地蔵菩薩立像も行基の手によるものと伝えられています。安産・子育ての守護に霊験あらたかなことから、「子安地蔵」と呼ばれ親しまれていま。境内の隅で咲いている黄色い山吹が印象的でした。 
jizouji2019042-03

境内には8種類20数本の藤が美しい花を咲かせます。今年は開花が少し遅れ、見頃は4月末ごろになりそうです。それでも、早咲きの野田藤や白藤がとても美しく、甘い香りに包まれていました♪
jizouji2019042-02

jizouji2019042-04


ギャラリー
  • トップリーグ @ノエビアスタジアム (1/26)
  • トップリーグ @ノエビアスタジアム (1/26)
  • トップリーグ @ノエビアスタジアム (1/26)
  • トップリーグ @ノエビアスタジアム (1/26)
  • トップリーグ @ノエビアスタジアム (1/26)
  • トップリーグ @ノエビアスタジアム (1/26)
  • トップリーグ @ノエビアスタジアム (1/26)
  • トップリーグ @ノエビアスタジアム (1/26)
  • トップリーグ @ノエビアスタジアム (1/26)
記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ