二十四の瞳平和の群像がある土庄港からフェリーで高松港に向かいます。ブロンズ像には子ども達の平和と幸せを求める永遠の願いが込められています。
040tonosyo20201127

041ferry20201127

042ferry20201127

高松港の近くにある讃岐国領主・生駒家、高松藩主・松平家の居城だった高松城跡は、昭和30年に高松市により玉藻公園(たまも)として整備されました。
044ferry20201127
「玉藻」の呼び名は、この辺りが「玉藻の浦」と呼ばれていたことや、万葉集で柿本人麻呂が讃岐の国の枕詞に「玉藻よし」と詠んだことに由来するそうです。
045ferry20201127

046ferry20201127
瀬戸内海の海水を堀に引き込んだ城は日本三大水城として知られ、艮櫓、月見櫓、水手御門、渡櫓、披雲閣が国の重要文化財に、披雲閣の庭園は国の名勝に指定されています。
047ferry20201127
宿泊したお宿は高松城跡の真ん前でした。寝るだけなのでリーズナブルな低層階の部屋を予約したら、なんと最上階の部屋を用意してくれました。もちろん追加料金もなくて、窓からは高松城跡が眼下に見えます。素敵なおもてなしでした^^
043ferry20201127