旭岳の麓は紅葉の最盛期でしたが、ロープウェイの終点では木々の紅葉が終盤を迎えていて、姿見駅周辺ではチングルマの紅い絨毯と綿毛がとても綺麗でした。
18koyo20191001

22koyo20191001

紅く色づいているのはウラジロナナカマドでしょうか。
17koyo20191001

名前は分からないけど紅葉がとても綺麗でした。
21koyo20191001

緑と紅の絨毯も鮮やかで綺麗でしょう。旭岳はアイヌ語で「カムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)」と呼ばれ、雄大な景観はまさに神々の遊ぶ庭のようです。
20koyo20191001

ロープウェイ終点の姿見駅から、1周約1,700mのよく整備された散策路が設けられています。23sugatamiekimae20191001

24sugatamiekimae20191001

散策路はスニーカーでも歩けるけど、できれば靴底の厚いトレッキングシューズが安心です。25sansaku20191001

5合目の姿見駅から時計回りに歩きましょう。2,291mの北海道で一番高い山の頂上はすぐ先に見えます。よく整備された散策路を歩くと一面の紅葉が美しく、どこを見ても絶景です♪
26sansaku20191001

第1展望台です。散策路には5つの展望台があります。
27dai1tenbodai20191001

28dai1tenbodai20191001

歩いてきた方向を振り返ってみます。正面の建物が姿見駅です。
29dai1tenbodai20191001

満月のように真ん丸な満月沼です。
30suribatiike20191001

32suribatiike20191001

すり鉢池です。すり鉢の形ですね。
31suribatiike20191001

旭岳と太陽が写真に収まりました。
33dai3tenbodai20191001

鏡池です。旭岳の姿が鏡のように水面に映ることから名づけられました。
34kagamiike20191001

鏡池から左方向・大雪山系です。
35kagamiike20191001

すり鉢池(左)と鏡池です。二つあわせて夫婦池と呼ばれています。
36meotoike20191001

第4展望台付近の雄大な眺めです。
37sansaku20191001

38dai4tenbodai20191001

39dai4tenbodai20191001

散策路はどこを見ても絵になります!
40sansaku20191001

41sansaku20191001

近くで噴気孔を見学できます。激しく噴き出す水蒸気や火山ガスを間近に見ると地球の息吹を感じます。
42hunkako20191001

43hunkako20191001

姿見の池に到着しました。風がやや強くて旭岳の姿は映っていませんでしたが、絶景には違いありません。素晴らしい眺めです!
46sugataminoike20191001

47-2sugataminoike20191001

姿見の池からロープウェイ乗り場へ向かいます。急坂を下るところもありました。
45dai5tenbodai20191001

44dai5tenbodai20191001

絶好の天気に恵まれた旭岳の散策でした♪