国道166号線(伊勢街道)を伊勢に向かって走り、三重県との県境近くの奈良県東吉野村に「高見の郷(たかみのさと)」という、しだれ桜の庭園があります。
takaminosato20190421-02

takaminosato20190421-09

1000本ものしだれ桜の庭園は、林業が衰退して檜や杉の山林は次第に荒れていきつつあるとき、花が好きな母と山林の活用を模索してい父の想いが一致して誕生したそうです。
takaminosato20190421-04

takaminosato20190421-06

国道から山の急斜面の上にあって、その名も「天空の庭」と呼ばれています。急斜面は歩いても上れますが、無料のマイクロバスがピストン運転しています。ギアをローに入れてぐいぐい力強く登っていくと、急坂と桜の庭園が素晴らしい眺めです♪
takaminosato20190421-01

展望台からの眺めも素敵でした。ただ、300段の石段を上る必要があるけどね!
takaminosato20190421-08

takaminosato20190421-07

takaminosato20190421-05

日曜日だしテレビで紹介されたこともあってすごい賑わいです。8時半ごろに到着したら3kmほど手前の第4駐車場が空いていました。駐車場からは無料のシャトルバスが出ているので楽ちんでした^^
takaminosato20190421-03


高見の郷のしだれ桜に魅了されたあと、国道166号線を三重県に向かって走ります。かつての難所であった高見峠も、長いトンネルとバイパス化によって快走路になりました♪
高見の郷から10分あまりで「波瀬(はぜ)植物園」に到着です。
hazesyokubutsuen20190421-01

代々林業を営む田中家が、杉や桧を育て花や鳥を愛し、自然と共生してこられました。
そこで、5万個の銘石、石楠花、満天星躑躅、水芭蕉などの樹木や山野草を数百種も集め、自然の勾配を利用した庭園を造って植物園が生まれました。
hazesyokubutsuen20190421-02

hazesyokubutsuen20190421-03

水辺では水芭蕉が咲き誇っていました。関西で咲く水芭蕉は珍しいので、美しい姿を見ることができて良かったです^^
hazesyokubutsuen20190421-04

hazesyokubutsuen20190421-05