冬のオホーツク海の醍醐味といえば流氷ですよね!
流氷観光砕氷船「おーろら号」に乗船しようと、バスで砕氷船乗り場へ向かいます。吹雪で欠航と流氷がなく海上遊覧という苦い経験があるので、三度目の正直に賭けました(笑)
砕氷船乗り場に行くと8km先に流氷があるとのことでホッとしました^^
16hokkaido20190308



11:30に出航し、およそ30分で流氷帯に突入しました。海上はかなり西風が強かったけど、大型船なのであまり揺れることもなくて快適でした。デッキにいたので少し寒かったけど、気持ちがわくわくしてますからへっちゃらです(笑)
17hokkaido20190308

18hokkaido20190308

船は流氷帯をぐんぐんと進みます。氷の密度は薄いものでしたが、帯のように海上に浮かんでいたり、大きな氷の塊が船に
割られるときの迫力はなかなかのものでした^^
19hokkaido20190308

22hokkaido20190308

2隻の砕氷船が運行され、ほぼ満席状態という大変な賑わいでした。
20hokkaido20190308

21hokkaido20190308

中国か台湾からのツアー客が多くてとても賑やかでしたが、最近はずいぶんマナーが良くなったなあって感じました。
27hokkaido20190308

流氷帯を速度を下げて10分余り航行して、十分楽しませていただいて港へ戻ります。
23hokkaido20190308

24hokkaido20190308

しばらく能取岬や知床の斜里岳などの風景を眺め船内に入りました。
25hokkaido20190308

最前部の席が空いていたので座っていたら、すごい波しぶきに驚きました!
26hokkaido20190308

港に戻ると次便は「流氷なし」との表示がありました。西風でどんどん沖に流されて、60分のクルーズでは流氷帯までいけないとのことです。今回はめちゃラッキーでした^^