羽柴(豊臣)秀吉が大名として初めて城を持った長浜は、秀吉と石田三成が出会った町です。江戸時代には北国街道の宿場町としても栄え、旧街道には当時の街並みを生かした町家が並び、レトロな雰囲気が観光客をひきつけます^^
nagahama20181223-07

大通寺は真宗大谷派の別院で長浜御坊の名で親しまれています。本堂や大広間は、伏見城の遺構といわれ絢爛豪華な桃山文化を感じさせてくれました。
nagahama20181223-02

nagahama20181223-03

昔から大通寺の大広間の天井に、お花というキツネが住んでいると言われていて、ここには梯子がかけてあって、毎日この梯子を登って油揚げを供えるそうです。参道にはそんなお茶目な?”お花きつね”のモニュメントがありました。
nagahama20181223-01

nagahama20181223-08

毎年4月に開催される長浜曳山祭は、京都の祇園祭、高山市の高山祭と並んで日本三大山車祭の一つです。絢爛豪華な山車(曳山)の舞台の上で「子ども歌舞伎」が演じられます。
1979年に重要無形民俗文化財に指定され、2016年にはユネスコの無形文化遺産に登録されました。曳山博物館には曳山祭の紹介や実物の曳山を展示されていて華やかで迫力がありました。
nagahama20181223-04

nagahama20181223-05

旧黒壁銀行を改築し黒壁ガラス館をオープンさせ、ここを中心にガラスショップ・工房・
オルゴール館・カフェなどが集積して「黒壁スクエア」と呼ばれるようになりました。美しいガラス細工や優しいオルゴールのメロディをたっぷり味わいました♪
nagahama20181223-06