中千本に位置する吉水神社は、白鳳年間に役行者が創建し、金峯山寺の僧坊であったものを、明治の神仏分離によって後醍醐天皇・楠木正成・宗伸法印を祀る神社に改められました。
05yoshimizujinja20180404-01

源頼朝に追われた源義経が、静御前や弁慶らと逃げ延びてきた場所でもあり、南北朝時代に吉野へ潜行した後醍醐天皇を宗信法印が迎えた場所でもあり、太閤秀吉の花見の本陣となったのもここなんですよ。
05yoshimizujinja20180404-02

太閤秀吉が愛でた「一目千本」の眺めは圧巻でした!
05yoshimizujinja20180404-03

吉野山は道路は整備されていますが、中千本の一部を除いて急坂が多い山道です。
スカートにパンプスといった人もいましたが、上千本なんてとても行けなくて、吉水神社とその周辺の土産物店巡りが精いっぱいのご様子。険しい山ではないけど甘く見ないでね^^
05yoshimizujinja20180404-04

吉野といえば葛(くず)!
葛はマメ科のツル性植物で、お茶花として親しまれ、煎じたものは薬草として用いられ、茎の繊維を利用して葛布が作られ、根から採取した澱粉が本葛粉です。このように葛は捨てるところないと言われる植物です。
葛粉は、葛の根に含まれる澱粉を、冷水で精製して乾燥させたものです。
そんな葛粉を使った「葛うどん」と名物「柿の葉寿司」のセットを食べました。1400円と観光地価格でしたが、絶妙なとろみや柿の葉寿司の上品な味が美味しかったです^^
lunch20180404