青龍殿は東山の山頂にある青蓮院の飛地境内ですが、隠れた桜の名所です。
seiryuden20180331-01

ここには桓武天皇が平安京を造営するとき、都の安泰を念じて高さ2.5m程の将軍の像を土で作り、鎧甲を着せ鉄の弓矢と太刀を持たせて埋めた将軍塚があります。
seiryuden20180331-05

また、2014年10月に平安道場を移築再建した大護摩堂「将軍塚青龍殿」が誕生し、 日本三不動の1つ国宝「不動明王二童子像(青不動)」が祀られています。
この舞台から眺める京都市内の眺望が絶景なのです。誰もが歓声をあげる素晴らしいスポットです

seiryuden20180331-04

また、西展望台から見る庭園も素敵です。桜を上手に配置していて素敵な風景でした。
seiryuden20180331-06

seiryuden20180331-07

広い庭園には将軍塚のほか、もみじや桜が美しい枯山水などがあって、四季を通じて美しい景色を見せてくれます。
seiryuden20180331-08

seiryuden20180331-09

桜や楓のアップもいいものでしょう?
ここも人がまばらですから、ぜひ人混みを避けたい人はぜひ。無料駐車場があるし、土日には路線バスも運行されています。
seiryuden20180331-02

seiryuden20180331-03