二条城の近くにある神泉苑。
ehoujinja20180220-01

元は平安京大内裏に接して造営された禁苑(天皇御遊の庭園)です。平安貴族が池で舟遊びをしていたのでしょうか。境内中央の泉水池に架かる法成橋を願い事を一つ心に思って渡ると叶うといわれています。境内に亀塚と鯉塚がありました。
ehoujinja20180220-03

ehoujinja20180220-02

神泉苑は静御前と源義経の出会いの場でもあるんです。静御前が雨乞いの舞を踊り、義経にみそめられたという言い伝えが残っています。
その境内に「恵方社」があります。社殿は円形の基壇上に置かれた小祠に歳徳神を祀り、その年の恵方の方角に向きを変えられます。お社を回転させて恵方に向けるって発想がいいですね^^
ehoujinja20180220-04


二条城から東へ10分くらいのところに、黄金の鳥居が輝く「御金神社(みかねじんじゃ)」。
ご祭神は、日本神話でお馴染みの伊邪那岐・伊邪那美の皇子である金山毘古神(かねやまひこのかみ)で、鉱山・鉱物の神です。資産運用や不動産、転宅、方位、厄除け、旅行中の無事安全にご利益があるそうです。
mikanejinja20180220-01

“金運”にご利益がある神社ということで、拝殿前の鈴を鳴らす大縄は金色をしています。小塔や屋根瓦にも金色の”金”の文字が入り、金色の目をした狛犬や金色のおみくじ、提灯の紋も金もじという、とってもゴージャスな神社なのです!
mikanejinja20180220-02

御金神社は、まさに金運アップのパワースポットです。ぜひお参りを^^
mikanejinja20180220-03


叡電”一乗寺”駅近くのハンバーグ専門店「ハンバーグ一乗寺」でジューシーハンバーグランチを食べました。
シェフが特製の挽き肉を使用したハンバーグをカウンターの鉄板で焼き上げます。
客席にはお好み焼き屋のような鉄板があって、弱火で保温されています。焼けたハンバーグをシャキシャキのもやしの上に乗せて、この鉄板の上に乗せられます。
お箸で切ると肉汁が溢れるジューシーさに思わず笑みがこぼれます。鉄板が熱いので最後まで冷めないのが嬉しいし美味しいです。ソースは数種類から2種類を選べます。
150gのハンバーグとご飯、サラダ、デザート、デミコーヒーが付いて1,000円というコスパ最高!
lunch2


通称・千本釈迦堂は、京都市上京区にある真言宗智山派の寺院です。
senbonsyakado20180220-01

1227年に義空上人が開創された寺で、本堂は創建時のまま残っており国宝に指定されています。本尊が釈迦如来坐像であることから、千本釈迦堂と呼ばれています。また、12月には大根焚きが行われ、参詣者に振る舞われる冬の風物詩が有名です。
senbonsyakado20180220-04

このお寺には、大工の妻「おかめ」の伝説があり、全国のおかめ信仰につながっています。おかめ信仰にちなんで、“縁結び”“夫婦円満”“子授け”にご利益があると言われています。
「阿亀(おかめ)」とは本堂建築の棟梁の妻です。棟梁が本堂を建築していた時、重要な柱の寸法を間違えて短く切り過ぎ、責任ある棟梁として苦悩している時におかめが「枡組で補えばどうか」と助言して、夫の窮地を救いました。
おかめは「(専門家でもない)女の知恵で棟梁が大仕事を成し得たと言われては夫の恥」と上棟式を迎える前に自害してしまいます。
伝説の「おかめ」のふくよかな笑顔と夫想いの明るい人柄が、おかめ信仰の発祥です。それゆえ“縁結び”“夫婦円満”“子授け”にご利益があると言われています。
senbonsyakado20180220-02

境内の”布袋像”の笑顔には元気をもらえますよ!
senbonsyakado20180220-03

そんなお寺の本堂では、全国から祈願成就の御礼として奉納された置き物がおかめ人形展として展示されています。凄い人形たちですよ(笑)
senbonsyakado20180220-05

senbonsyakado20180220-06