2月9日~10日に富士山麓へ行ってきました♪
名神・新名神・伊勢湾岸・東名高速を乗り継いで、静岡県の「富士川SA」で少し休憩します。ここまで幸い渋滞もなくスムーズでした。富士川SAは真正面に富士川の流れと富士山が見える絶好のロケーションにあります。

静岡県に入ると富士山の姿が視界に入ってきます。清水を過ぎて右に駿河湾と遠く伊豆半島、正面に富士山が見えてくると、間もなくSAです。
fujigawaSA20180209-04

真っ青な空に雪化粧をした富士山がとても美しかったです。関西に住んでいると旅行しない限り見れない富士山なので、めちゃテンションが上がります。しばしの休憩の後、雄姿をしっかり目と写真に収めて、山梨県の山中湖を目指しましょう♪
fujigawaSA20180209-01

fujigawaSA20180209-02


東名御殿場ICから国道138号線を走って山梨県の山中湖を目指し、午後3時頃に「山中湖交流プラザきらら」に到着しました。
yamanakako20180209-02

山中湖は標高1000mほどの高地にあり、富士五湖では最も気温が低いそうです。最低気温は-17℃くらいまで下がりますが、当日の日中はプラスまで上がったそうで、風もなく寒さは感じませんでした。
湖面は凍っていて遊覧船は運休していましたが、まだ氷の厚さが一定ではないため、氷上は立ち入り禁止となっていました。

yamanakako20180209-01

山中湖は富士山の東側に位置していて、秋から春にかけて湖岸から富士山頂に沈む太陽を見ることができます。沈む直前の輝きがダイヤモンドのように美しく「ダイヤモンド富士」と呼ばれています。その光景を見てみたくてここまでやって来たんよね^^
yamanakako20180209-03

2月10日前後は湖の北側の”ママの森”と呼ばれる付近の湖岸から見ることができます。ママというのは”母”ではなく、急な傾斜地をいうそうです。ママの森展望台は冬の紅富士や、夏の赤富士も有名なので、機会があれば見てみたいなあ♪
yamanakako20180209-04

湖岸には大勢のカメラマンが、今か今かと待ち構えています。
やがて太陽が傾いていき、16時30分に山頂に沈む瞬間がやってきました。雄大で神秘的で神々しい輝きと美しさに感動しました。こういう風景を見ると、富士山は偉大であり信仰の山でもあるんだなって思いました。
yamanakako20180209-05

yamanakako20180209-06

この付近の湖面の氷は薄そうでしたが、2羽の白鳥が氷の上でのんびりしていました。
yamanakako20180209-07
yamanakako20180209-08

太陽が富士山の後ろに隠れると一気に気温が下がっていきます。刻々と空の色が変わっていきます。神秘的な光景は素晴らしかったです^^
yamanakako20180209-10

yamanakako20180209-09