東海道五十三次の江戸から数えて47番目の宿場町「関宿」には、江戸時代後期から明治時代にかけて建てられた200棟以上の町屋が現存しています。また、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定され、日本の道百選にも選定されています。宿場の町並みは、東の追分から西の追分まで約1.8kmも続いています。時代をタイムスリップしたような素敵な町並みです♪
sekijuku20171206-05

郵便局も銀行もレトロな建物で営業されていて、古い町並みに溶け込んでいます。
sekijuku20171206-01

sekijuku20171206-03

宿場町のほぼ中間にある眺関亭からは、鈴鹿山脈を望み宿場町を一望できます。平日でもありのんびりした風景です♪
sekijuku20171206-02

sekijuku20171206-04

観光客がいない地蔵院の境内はがらんとして殺風景でした。
sekijuku20171206-00

街道筋の桶屋さんは三代目の職人さんが手づくりの桶を作っておられました。鍋敷きを買って、桶づくりの様子を見せていただきました。職人技はすごかったです!
sekijuku20171206-06

ランチは亀山名物の「みそ焼うどん定食」です。国道を走るトラックの運転手が食事で訪れていた焼肉店で誕生したそうです。当時はホルモンの臭みを抜くために味噌を使ったようです。食事処「山石」で食べたら、鉄板に卵が敷かれて提供されたみそ焼きうどん。赤みそベースの濃厚なみそだれが絡んでとても美味しかったです。
sekijuku20171206-07