気ままにフォトスケッチ

お出かけ日記とデジカメ写真のブログです

2020年11月

大和路の紅葉めぐり -等彌神社、談山神社、長岳寺、石上神宮-(11/24)

奈良県桜井市にある等彌神社(とみじんじゃ)です。
01tomijinja20201124
神武天皇が鳥見山のに霊畤を立て、皇祖天津神を祀り大孝を述べられたところと日本書紀で伝えられています。紅葉の名所としても知られ、ライトアップも行われますが、紅葉のピークは1週間ほど前だったようです。
02tomijinja20201124

03tomijinja20201124
境内は静寂で一歩神域に入ればその荘厳さに身が引き締まる感じがします。
04tomijinja20201124

05tomijinja20201124

奈良県桜井市にある談山神社(たんざんじんじゃ)です。
11tanzanjinja20201124

12tanzanjinja20201124
大化改新の中心人物の藤原鎌足を祀る神社として有名です。舒明、皇極二代の天皇の世に、国の政治をほしいままにしていた蘇我蝦夷、入鹿の親子を討伐するため、中大兄皇子(後の天智天皇)と中臣鎌足(後の藤原鎌足)が645年5月に多武峰(とうのみね:談山神社の裏山)に登って「大化の改新」の談合を行ったことから、後にこの山を「談い(かたらい)山・談所(だんじょ)ヶ森」と呼び、これが神社の社号となりました。
13tanzanjinja20201124

14tanzanjinja20201124
境内には本殿・拝殿などの華麗な社殿や、日本唯一の木造十三重塔など重要文化財もたくさんあります。談山神社は大和随一の紅葉の名所として有名ですが、ここもピークを過ぎていました。
15tanzanjinja20201124

16tanzanjinja20201124

奈良県天理市にある長岳寺(ちょうがくじ)です。
21tyogakuji20201124
824年に淳和天皇の勅願により弘法大師が創建した真言宗の古刹で、平安時代からある日本最古の鐘楼門や、ご本尊の阿弥陀三尊などを安置する本堂などがあります。
23tyogakuji20201124
春のツツジ、初夏のカキツバタ、晩秋の紅葉など、四季を通じて美しいお寺です。本堂内では大地獄絵が公開され、住職による絵解き説法が行われます。地獄絵はドキッとする迫力で見応えがあります。
22tyogakuji20201124
もみじは散り始めていましたが、池の周りの紅葉が綺麗でした。
24tyogakuji20201124

25tyogakuji20201124

奈良県天理市にある石上神宮(いそのかみじんぐう)です。豪族・物部氏の総氏神として、健康長寿や除災招福の守護神として信仰されてきました。
31isonokamijigu20201124
大鳥居をくぐって参道を進むと、コケコッコーと鶏の鳴き声が響いています。鶏は古事記や日本書紀に登場し、夜明けに鳴いて時を告げる鳥として神聖視され、神様のお使いともされています。鶏は縁起の良い鳥なんです。
32isonokamijigu20201124
重要文化財の楼門をくぐると現存する最古の拝殿(国宝)があります。ここは聖徳太子が特別なエネルギーを感じたとも言われているパワースポットでもあります!
大きな銀杏が綺麗でした。
33isonokamijigu20201124

34isonokamijigu20201124

京都の紅葉とライトアップ -正寿院、勝持寺、雲龍院、東寺-(11/20)

京都府京田辺市にある一休寺です。
01ikkyuji20201120
紅葉が美しい臨済宗大徳寺派の禅寺で、正式寺名を酬恩庵と呼び通称一休寺として親しまれています。酬恩庵は、宗祖の恩に報いるという意味を込めて名づけられました。
06ikkyuji20201120
前夜に降った雨に濡れた紅葉や散ったもみじがとても綺麗でした。
02ikkyuji20201120

03ikkyuji20201120
大応国師が建てた妙勝寺が荒廃していたところ、とんちでお馴染みの一休禅師が再建し、晩年に隠棲されました。方丈庭園です。石庭と背後の紅葉が綺麗です。
04ikkyuji20201120

05ikkyuji20201120

緑茶発祥の地である京都府宇治田原町にある正寿院です。雨上がりで紅葉が綺麗でした。
11syojuan20201120
境内と本堂です。
13syojuan20201120

12syojuan20201120

14syojuan20201120
客殿には大きなハート型の猪目窓があり、寝転んで見る天井画も素敵です。
15syojuan20201120
猪目(いのめ)とは、ハート型であり古来から伝わる日本伝統文様の一つです。イノシシの目に似ているところからとも、「い」の字の変形したものとも、梵字の「い」の字の変化したものなどとも言われています。お寺や神社などの建築装飾としていたるところに使用されていて、災いを除き、福を招くとの意が込められています。また茶室などには猪目の文様を窓に装飾して、猪目窓と呼ばれ使用されています。
16syojuan20201120

京都市西京区にある勝持寺です。680年に天武天皇の勅によって役行者が創建した古刹です。
21syojiji20201120

22syojiji20201120
791年に伝教大師が伽藍を再建し、薬師瑠璃光如来を本尊としました。応仁の乱により仁王門以外は焼失してしまい、現在の建物はその後再建されたものだそうです。
23syojiji20201120

25syojiji20201120
境内にはこの寺で出家した西行法師が植えたといわれる「西行桜」をはじめ、450本の桜が咲き乱れ「花の寺」とも呼ばれています。そんな桜の花が美しいお寺ですが、実は紅葉もめちゃ美しいのです!
24syojiji20201120

26syojiji20201120
アクセスがあまりよくないこともあって訪れる観光客が少なく、ゆっくり紅葉狩りをしたい人にはおすすめです。
27syojiji20201120

28syojiji20201120

29syojiji20201120

京都市東山区の雲龍院です。
31unryuin20201120
泉涌寺の塔頭で、南北朝時代の後光厳天皇の勅願で建てられ真言宗泉涌寺派の別格本山とされています。御本尊は薬師三尊像で、珍しい姿の「走る大黒天像」などを所蔵しています。
32unryuin20201120
晩秋には一週間のみライトアップが行われます。紅葉は散ってしまってましたが、「れんげの間」には、4つの窓の外を見ると、左から椿、燈籠、楓、松の4つの違う景色が切り取られて見える「しきしの景色」が楽しめます。
33unryuin20201120
庭に砂でつくられた菊の紋の真ん中に建っている灯籠も綺麗です。
34unryuin20201120
「悟之間」には丸窓「悟りの窓」があり、禅の世界で「悟り」を表現しています。
35unryuin20201120

京都市南区にある東寺です。796年、国家鎮護のため羅城門の東に創建されました。諸堂や仏像など、多くの国宝文化財などを有しています。徳川家光が再建した国宝の五重塔は、高さ55メートルもありわが国最高の高さです。
43toji20201120

42toji20201120
東寺では紅葉のライトアップが行われています。見頃はもう少し先って感じです。
44toji20201120
それでも池に映った五重塔などとても綺麗でした。
41toji20201120

京都の紅葉 -詩仙堂、圓光寺、赤山禅院、青龍殿、長楽寺-(11/18)

京都市左京区の詩仙堂です。
01shisendo20201118
洛北の詩仙堂は石川丈山が造営し、隠棲を優雅に過ごしたことで知られています。狩野探幽に中国の漢晋唐宋の詩歌三十六人の肖像を描かせ、そこに各詩人の詩を丈山自ら書いて四方の壁に掲げた「詩仙の間」を中心としているとこらから詩仙堂と呼ばれています。庭園の紅葉は真っ赤に色づいて綺麗です。
05shisendo20201118

06shisendo20201118
庭園のサツキの大きな刈りこみが有名ですが晩秋の紅葉も見事です。書院や詩仙の間から眺める庭は奥行きを感じ、ときおり鹿威しの乾いた音が響きます。何とも言えない落ち着きを覚え、これが日本人の感性なのかなって思えたり♪
02shisendo20201118

03shisendo20201118

京都市左京区の圓光寺(えんこうじ)です。
11enokoji20201118
1601年に徳川家康が国内数学の発展を図るため、伏見に圓光寺を建立し学校としました。その後、圓光寺は相国寺山内に移り、さらに1667年に現在の一乗寺小谷町に移転されました。寺内には本尊千手観音像をはじめ多数の重要文化財があります。
12enokoji20201118
美しい庭園は「十牛の庭」と呼ばれます。禅における修行の行程を牛を主題に表したとされる十牛図より表現したそうです。洛北の紅葉では一番人気のお寺です。
13enokoji20201118
写真は東照宮のある見晴らしの良い高台からの眺めです。境内が真っ赤に染まって燃えているかのようでしょう!
14enokoji20201118

15enokoji20201118
庭園を散策すると可愛らしいお地蔵さまが微笑んでいました。
17enokoji20201118

16enokoji20201118

京都市左京区の赤山禅院(せきざんぜんいん)です。
21sekizanzenin20201118
平安時代に慈覚大師 円仁の遺命によって創建された、比叡山延暦寺の塔頭。京都・修学院離宮近くの閑静な地にある紅葉の名所です。参道の紅葉も綺麗です。
22sekizanzenin20201118
本尊の赤山大明神は、陰陽道の祖神とされる中国の神 泰山府君を勧請したもので、京都御所の表鬼門を守護しています。鬼門除けの猿が知られ、方除けのお寺として信仰されています。
23sekizanzenin20201118
都七福神の一神、福禄寿神を祀る福禄寿殿です。御朱印などはここで戴けます。
27sekizanzenin20201118
地蔵堂の真っ赤なもみじです。
24sekizanzenin20201118

26sekizanzenin20201118
銀杏の葉に埋もれた羅漢様も情緒豊かで素敵でした。
25sekizanzenin20201118

京都市左京区の青龍殿です。東山の山頂にある青蓮院の飛地境内ですが、隠れた桜や紅葉の名所です。
31seiryuden20201118

32seiryuden20201118
ここには桓武天皇が平安京を造営するとき、都の安泰を念じて高さ2.5m程の将軍の像を土で作り、鎧甲を着せ鉄の弓矢と太刀を持たせて埋めた将軍塚があります。
35seiryuden20201118
2014年10月に平安道場を移築再建した大護摩堂「将軍塚青龍殿」が誕生し、 日本三不動の1つ国宝不動明王二童子像(青不動)」が祀られています。
36seiryuden20201118
この舞台から眺める京都市内の眺望が絶景なのです。誰もが歓声をあげる素晴らしいスポットです。
また、庭園を歩いて散策もできます。紅葉がめちゃ綺麗でした。
37seiryuden20201118

38seiryuden20201118

京都市東山区の長楽寺です。西行法師や平家物語ゆかりの寺で、建礼門院御影や一遍上人像を収蔵しています。

41tyorakuji20201118

42tyorakuji20201118
円山公園のすぐ近くにるにもかかわらずひっそりし、晩秋には紅葉が美しい京都の隠れた紅葉の名所として知られています。
46tyorakuji20201118
高台からは京都市内の眺望が綺麗でした。
44tyorakuji20201118
また、室町時代の相阿弥作の庭園も綺麗でした。
45tyorakuji20201118


谷瀬の吊り橋と玉置神社 (11/6)

奈良県吉野郡十津川村を流れる熊野川(十津川)に、昭和29年に村人の力で架けられた谷瀬の吊り橋は、日本最長の生活用鉄線の吊り橋で、長さ297m、川面からの高さ54mを誇ります。
tanise20201106-01

tanise20201106-02
橋の中央に近づくほど大きく揺れるので、渡り切るには勇気が必要ですが、渓谷に沿って連なる山々や真下を流れる美しい川など、ここでしか見られない絶景を楽しめます♪
tanise20201106-03
吊り橋に張られたワイヤロープが創り出す曲線と直線のシルエットがとても美しいですよね^^
tanise20201106-04

奈良県吉野郡十津川村にある玉置神社は、大峰山脈の霊峰1,076mの玉置山の山頂近くに鎮座する熊野三山の奥の院です。
tamakijinja20201106-01

tamakijinja20201106-02
駐車場から参道を歩くと、斜面に玉置山の枕状溶岩堆積地があります。海底で玄武岩質の溶岩が冷え固まり、紀伊半島が隆起したときに山頂まで上がってきたものだそうです。1,000mもの隆起があったんですね!
tamakijinja20201106-03
参道は平坦な部分が多くとても歩きやすいです。杉木立とともに紅葉がとても綺麗でした!
tamakijinja20201106-04

tamakijinja20201106-12

tamakijinja20201106-11
神々が降り立つという玉置山の境内には、神代杉をはじめ樹齢3000年の老樹大樹茂ります。
tamakijinja20201106-05

tamakijinja20201106-09
2004年には「紀伊山地の霊場と参詣道」の大峯奥駈道が通る霊場として世界遺産に登録されました。本社、摂社・三柱神社です。
tamakijinja20201106-06

tamakijinja20201106-07

tamakijinja20201106-08

tamakijinja20201106-10
神社が参拝者を選ぶ神社、神様に呼ばれた人しかたどり着けない不思議な神社とも言われていて、参拝を計画してもトラブルがあったり事情で参拝出来なくなるといわれています。無事参拝できたのは、神様に参拝のお許しを戴けたのでしょう^^
tamakijinja20201106-13

tamakijinja20201106-15

tamakijinja20201106-16

ギャラリー
  • 京都の桜紀行③ -常照皇寺、黒田の百年桜、宝泉寺-(4/7)
  • 京都の桜紀行③ -常照皇寺、黒田の百年桜、宝泉寺-(4/7)
  • 京都の桜紀行③ -常照皇寺、黒田の百年桜、宝泉寺-(4/7)
  • 京都の桜紀行③ -常照皇寺、黒田の百年桜、宝泉寺-(4/7)
  • 京都の桜紀行③ -常照皇寺、黒田の百年桜、宝泉寺-(4/7)
  • 京都の桜紀行③ -常照皇寺、黒田の百年桜、宝泉寺-(4/7)
  • 京都の桜紀行③ -常照皇寺、黒田の百年桜、宝泉寺-(4/7)
  • 京都の桜紀行③ -常照皇寺、黒田の百年桜、宝泉寺-(4/7)
  • 京都の桜紀行③ -常照皇寺、黒田の百年桜、宝泉寺-(4/7)
記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ