気ままにフォトスケッチ

お出かけ日記とデジカメ写真のブログです

2020年04月

大野寺と室生寺の桜 (4/4)

奈良県宇陀市の大野寺は、真言宗室生寺派の寺院です。役行者が開き、824年に弘法大師によって堂宇が建立されたと伝わります。
onoji20200404-01

後鳥羽上皇の勅願により造立されたといわれる高さ13.8mの弥勒磨崖仏と、見事なしだれ桜が有名です。
onoji20200404-04

大野寺のしだれ桜ごしに見る弥勒磨崖仏は日本一美しいともいわれています。onoji20200404-03

境内にある2本の樹齢約300年の小糸しだれ桜は、堂々とした枝ぶりと繊細な美しさに魅了されますが、現在は病害のため枝を切って治療が行われています。数年後には、また元の姿を見られることを楽しみにしています。
onoji20200404-02

境内には紅しだれ桜や木蓮が美しい庭もあります。
onoji20200404-06

onoji20200404-05


奈良県宇陀市の室生寺は、厳しく女人を禁制してきた高野山に対し、女人の済度をもはかる真言道場として女性の参詣を許したことから「女人高野」とも呼ばれています。
muroji20200404-01

muroji20200404-02

室生川に架かる朱色の太鼓橋を渡って境内に入ると、杉木立の中に弥勒堂・金堂・本堂・五重塔などの堂塔が美しいたたずまいを見せて立ち並んでいます。長い石段(鎧坂)を上ると弥勒堂と金堂が建っています。
muroji20200404-03

muroji20200404-04

本堂(灌頂堂)です。後ろに五重塔が見えます。
muroji20200404-05

五重塔です。屋外に建つ五重塔では日本最小の可愛い塔です。ここから奥の院への道が続きます。
muroji20200404-08

muroji20200404-07

本坊の桜も綺麗でした。桜が散ったら石楠花の季節です♪
muroji20200404-09


藤原宮跡と世尊寺の桜 (4/4)

「藤原宮跡」は奈良県橿原市にあって、中国の都城にならって日本で初めて建設された本格的都城で、創都から16年後に平城京に都が遷されました。一辺約1kmの中に、大極殿や朝堂院といった国の儀式や政治を行う施設や天皇の住まいである内裏などがありました。
hujiwarakyu20200404-01

広大な宮跡は特別史跡に指定され、春は桜や菜の花、夏は蓮、秋はコスモスと美しい花々で彩られます。
hujiwarakyu20200404-02

hujiwarakyu20200404-03

昨秋の種まき後の大雨で種が流れたため、花の咲いていないところもありました。それでも菜の花と桜の競演が素晴らしかったです。遠くの山は、大和三山の一つ耳成山です。 
hujiwarakyu20200404-04


世尊寺(旧比曽寺跡)は、奈良県吉野郡大淀町に古刹「世尊寺」があります。
sesonji20200404-01

世尊寺は、687年に聖徳太子が建立した寺院で比蘇寺(吉野寺)と呼ばれ、 法興寺(飛鳥寺)、四天王寺、法隆寺とともに四大寺院の一つでした。ところが相次ぐ戦乱による焼失や時勢の変革により荒廃してしまいます。現在の伽藍は後世に建てられたものです。
sesonji20200404-03

sesonji20200404-04

ここは秋に境内を埋め尽くす彼岸花で有名ですが、春の桜もめちゃ綺麗です。山門から中門までの桜並木は素晴らしかったです。
sesonji20200404-02

sesonji20200404-07

本堂裏にある「不老長寿の桜(壇上桜)」は聖徳太子お手植えとされています。sesonji20200404-06

sesonji20200404-05


ギャラリー
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ