気ままにフォトスケッチ

お出かけ日記とデジカメ写真のブログです

2020年02月

新潟~会津旅行 下野街道「大内宿」

2日目は雲が多いながらも青空が見えるまずまずの天気になりました。
8時にお宿を出発して、下野街道の宿場町で茅葺きの町並みが残る「大内宿」へ向かいます。維持管理や費用がかさむ茅葺き屋根はどんどんトタン屋根に変わっていますが、昭和56年に国選定重要伝統的建造物郡保存地区に指定され、茅葺き家屋の保存がされています。
21outijuku20200215

22outijuku20200215

雪景色が最も美しいという宿場町ですが、雪がなくて雪国のイメージはありませんでした。ちょっと残念...
また、数年前から中国人の団体がどっとやってきてさながら異国の雰囲気だそうですが、ひっそりしていて静かな宿場町を散策できました。
23outijuku20200215

24outijuku20200215

家並みの突き当りの小高い丘(見晴台)があって、宿場町を見渡すことができ、江戸時代へタイムスリップしたかのような感覚を楽しめました。
 25outijuku20200215

26outijuku20200215



新潟~会津旅行 五色沼(毘沙門沼)と磐梯山

阿賀野川市から磐越道を走って福島県へ。磐梯山SAでトイレ休憩です。ここからは雄大な磐梯山が間近に望まれます。が、頂上は雲がかかって見えませんでした...
磐梯山は雲がかかって見えない日が多く、雲がかかた姿が床に伏しているように見えることから患い山とも呼ばれるとか。また、二度の大噴火があってヒステリックな女子(おなご)山とも呼ばれるとか。
もうちょっと素敵な名前を付けてあげてよと思いました(笑)
11bandai_SA20200214

16時半ごろに裏磐梯に到着したら雪が積もっていました!
12urabandai20200214

五色沼の一つである毘沙門沼に行ってみたら、磐梯山の北側がよく見えました。二度目の噴火で堰き止められてできた五色沼と、頂上付近が吹き飛んだ山肌が美しかったです^^ 13bisyamonnuma20200214

14bisyamonnuma20200214


新潟~会津旅行 瓢湖と阿賀野川下り (2020.2.14~15)

1泊2日のツアーを利用しました。
伊丹空港9:30集合、10:25発新潟行の飛行機に搭乗します。搭乗機はエンブラエル190(E190)型機の特別塗装機「 JALミニオンジェット2」でした。めちゃ可愛い塗装なんですよ♪
01itami20200214

日本アルプスの雪山がとても綺麗でした^^
02shinsyu20200214

新潟空港からバスで白鳥の飛来地「瓢湖」へ向かいます。途中、バス内でお弁当を食べました。「村上牛しぐれ丼」だそうですが、肉ばっかりやたら多くて...
03bento20200214

到着がお昼だったので白鳥は数羽しかいませんでした。
04hyoko20200214

この時期は2000羽ほどいるのですが、昼間は近くの田んぼでお食事だそうです。今年は雪が無いので食べ物に苦労しないとか...
06hyoko20200214

無数のカモに囲まれた白鳥や、カモのまったり感が可愛かったです^^
07hyoko20200214

05hyoko20200214


次に向かったのは屋形船の「阿賀野川下り」です。
08aganogawa20200214

かつては上流から1時間ほど川下りをしていたそうですが、たびたびの氾濫や浅瀬が増えて今では船着場から30分ほどの遊覧となりました。流れが速くて水しぶきが凄い!
09aganogawa20200214

船内ではガイドさんが楽しく話をしたり歌われたり。あっという間の30分の乗船で、大した景色でもなくてかなりガッカリ...
10aganogawa20200214

この後、宿泊地の裏磐梯高原まで磐越道をひた走りでした! 

大和郡山城址の盆梅展(2/11)

荒廃して石垣しか残っていなかった郡山城址。追手門や隅櫓、多聞櫓などが復原され、追手向櫓や多聞櫓で盆梅展が開催されています。
kooriyama20200211-01

お城の櫓という厳かな雰囲気を楽しみながら盆梅鑑賞って粋なものですね^^kooriyama20200211-02

kooriyama20200211-03

全体的にはまだ三分咲きでしたがとても綺麗でした。
kooriyama20200211-04

kooriyama20200211-05

また、大きな鉢植えを狭い櫓にどうやって運び込むんだろうと思ったり!
枝を折らないように慎重に搬入するのって大変でしょうね。kooriyama20200211-06

屋外ではしだれ梅が青空に映えて綺麗でした^^
kooriyama20200211-07

kooriyama20200211-08


菅原天満宮の盆梅展 (2/11)

近鉄大和西大寺駅から南へ歩くと、菅原道真公誕生の地とされる「菅原の里」です。この地に日本最古の天満宮である菅原天満宮があります。
sugahara20200211-01

sugahara20200211-02

拝殿横の臥牛と紅梅です。
sugahara20200211-03

天満宮では、毎年地元の人達によって盆梅展が開催されます。今年は、境内と屋内に130品種200鉢が展示されて見応えがありました。境内に展示されたの盆梅と末社です。
sugahara20200211-04

丹誠込めて育てられた古木に咲く花は、高貴な香りを漂わせていました。屋内展示はこんな感じ。高貴な香りが素敵でした。
sugahara20200211-06
 
道真公が京都を発つとき、主人を慕って太宰府まで飛んでいったという「飛び梅伝説」があります。このように梅は道真公とゆかりの深い花なので、天満宮へ行くとかならず植えられてますね^^ sugahara20200211-05


ギャラリー
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ