気ままにフォトスケッチ

お出かけ日記とデジカメ写真のブログです

2017年01月

美山かやぶきの里の「雪灯廊」 (1/29)

京都市街と若狭湾とのほぼ中間の南丹市美山町に「美山かやぶきの里」という集落があります。
美山かやぶきの里は現在50戸の集落で、そのうち38棟が茅葺き屋根の建築です。集落としては岐阜県白川郷、福島県下郷町大内宿に次いで全国第3位の建築数だそうです。最古の家屋は1796年の築造で、大半の家屋は江戸時代に建てられています。
kayabuki20170129-01

kayabuki20170129-02

このかやぶきの里では冬の恒例行事「雪灯廊」が開催されています。冬タイヤを持っていないので、JR園部駅から京阪京都交通の季節運行の路線バス「園部・美山周遊バス」を利用しました。
イベント前の先週に大雪が降って、無事開催された「雪灯廊」は、集落のライトアップと自分で雪灯篭が作れるんですよ。雪を固めたり、くり抜いたりして、その中に灯りをともします。子供たちは大喜びです♪
kayabuki20170129-08

kayabuki20170129-10

バスは15:30頃に到着し、集落を散策します。積雪は十分ありますが、前日からの暖かさで屋根の雪がほとんど解けていました...
また、小雨が降り出してちょっと残念^^;
kayabuki20170129-03

kayabuki20170129-04

kayabuki20170129-05

知井九ヶ村の総社として祀られている知井八幡宮です。酉の大きな絵馬がいい感じ♪
kayabuki20170129-06

kayabuki20170129-07

薄暗くなってくると、ライトアップの温かい光に包まれていきます。
kayabuki20170129-09

kayabuki20170129-11

暗闇に浮かびあがった民家も素敵でした♪
kayabuki20170129-12

kayabuki20170129-13

第一なぎさ公園の菜の花 (1/29)

暖かかった昨日、滋賀県守山市の「第一なぎさ公園」を訪ねました。
nagisa20170129-01

琵琶湖大橋の東にある公園では、地元の老人会の方々が菜の花を育てられ、小さな春を見つけることができます。 菜の花は”寒咲きハナナ”という品種で、真冬の1~2月ごろに満開になります。食用には適さないそうですが、とってもきれいな花ですよ^^
nagisa20170129-02

先日の大雪で大きなダメージを受けましたが、懸命に首を上げて咲いていました。健気にも咲く菜の花に、厳しい自然に耐える力強さや、近く訪れる小さな春を感じました^^
対岸にそびえる雪の蓬莱山と、菜の花の香りと黄色い絨毯との対比が素敵です。お近くの方はぜひ訪ねてみてね♪
nagisa20170129-03

丹後のカニづくしと雪の天橋立 (1/14)

昨日は、丹後・夕日が浦でカニをたらふく食べて、天橋立を散策するバスツアーに参加しました。

丹後半島の付け根の日本海側に位置する夕日が浦温泉は、日本海に沈む夕陽が美しい温泉地です。夏は海水浴、冬は松葉ガニ(ズワイガニ)料理が有名です。温泉は1980年に掘削で湧き出た低張性弱アルカリ高温泉で、「美人の湯」と呼ばれています。
お目当てはカニ刺し、焼きガニ、茹でガニ、カニスキなどのフルコースです。とくに茹でガニは、800gもあるという大きな松葉ガニです!
地物ではありませんが、水揚げ後すぐ冷凍された鮮度抜群なので、めちゃ美味しかったです。1時間ほどで食べて、ゆっくり温泉にはいって、ばっちり癒されました。

kani20170114


天橋立では1時間ほどの散策時間があったので、天気が良ければビューランドから股のぞきをしたかったけど、あいにく吹雪だったので、文殊堂にお参りして、海岸に出ただけでした。
写真は文殊堂の門前町です。土産物屋がずらっと並んでますが、大雪で客は...
amanohashidate20170114-1

amanohashidate20170114-2

”文殊堂 知恩寺”です。文殊堂は日本三文殊のひとつです。すごい雪だし、センター試験の日ということで、参拝者はごくわずかでした。
amanohashidate20170114-3

amanohashidate20170114-4

内海は穏やかですが、定期船以外は運行を休止しています。知恵の輪灯台の輪をめがけて雪を投げたけど、うまく通らなかったです^^;
amanohashidate20170114-7

amanohashidate20170114-6

天橋立は、陸奥の松島、安芸の宮島と並んで日本三景と呼ばれる景勝地です。幅20~170m、全長3.6kmの細長い砂嘴に、8000本もの黒松が生えています。松林は積もった雪が重くてしんどそうです。気をつけて歩かないと雪が落ちてきます^^;
amanohashidate20170114-5

砂浜は雪が積もって真っ白です。カモメやカモが集まっていました。寒くないのかなあ...
amanohashidate20170114-8

ちょうど小雪になったので、スノトレで新雪を踏みしめながら海岸を歩き回ってみました。誰もいなくてめっちゃ気持ちよかったです^^
amanohashidate20170114-9

水仙が香る般若寺 (1/7)

奈良市にある般若寺は、飛鳥時代に高句麗僧の慧灌(えかん)法師によって開創されました。
その後、聖武天皇が鬼門鎮護の寺として堂塔を建立されたという古刹です。ご本尊は文殊菩薩増で、安倍文殊院の文殊様をぐっと凝縮したような大きさでした。
hannyaji20170107-2


境内には国宝の楼門、本堂、十三重石塔、二基の笠塔婆などがあります。上の写真は本堂と十三重石塔、下の写真は小さく楼門が見えます。
hannyaji20170107-3


また花の寺としても有名で、冬の水仙、春の山吹、夏の紫陽花、秋の秋桜が美しく咲きます。この日は満開の水仙に迎えられ、ほのかに香る匂いが心地よく感じました^^
hannyaji20170107-1

hannyaji20170107-4

鶏にゆかりの石上神宮 (1/7)

酉年にちなんで鶏にゆかりの石上神宮を参拝しました。
日本最古の神社のひとつ石上神宮(いそのかみじんぐう)は、天理市の”山の辺の道”沿いにあります。豪族・物部氏の総氏神として、健康長寿や除災招福の守護神として信仰されてきました。

isonokami20170107-1


大鳥居をくぐって参道を進むと、コケコッコーと鶏の鳴き声が響いています。手水舎付近に、烏骨鶏や東天紅、レグホン・ミノルカなど30羽ほどの鶏がお出迎えしてくれました。40年ほど前に奉納されたとのことですが、鶏は古事記や日本書紀に登場し、夜明けに鳴いて時を告げる鳥として神聖視され、神様のお使いともされています。鶏は縁起の良い鳥なんですよ^^

isonokami20170107-3

isonokami20170107-4


重要文化財の楼門をくぐり、現存する最古の拝殿(国宝)の前で手を合わせました。ここは聖徳太子が特別なエネルギーを感じたとも言われているパワースポットでもあります。酉年に奈良へ来られたら、ぜひ石上神宮にも参拝してパワーを感じてみてね^^

isonokami20170107-2

ギャラリー
  • 海軍ゆかりの海の京都「舞鶴を散策」(6/17)
  • 海軍ゆかりの海の京都「舞鶴を散策」(6/17)
  • 海軍ゆかりの海の京都「舞鶴を散策」(6/17)
  • 海軍ゆかりの海の京都「舞鶴を散策」(6/17)
  • 海軍ゆかりの海の京都「舞鶴を散策」(6/17)
  • 海軍ゆかりの海の京都「舞鶴を散策」(6/17)
  • 海軍ゆかりの海の京都「舞鶴を散策」(6/17)
  • 海軍ゆかりの海の京都「舞鶴を散策」(6/17)
  • 海軍ゆかりの海の京都「舞鶴を散策」(6/17)
記事検索
  • ライブドアブログ