気ままにフォトスケッチ

お出かけ日記とデジカメ写真のブログです

2015年11月

柳谷観音・楊谷寺の紅葉 (11/21)

「柳谷観音・楊谷寺(ようこくじ)」は、延鎮が806(大同元)年、夢のお告げに従ってこの地を訪れた時、柳生い茂る渓谷の巌上に生身の観音菩薩を見つけ、庵を開いたのがはじまりという古刹です。

01yokokuji20151121

02yokokuji20151121

本尊は古来より眼病に霊あらたかな十一面千手千眼観世音菩薩。紅葉や紫陽花が美しいお寺として知られています。本堂から境内を見渡せる坂道を登っていくと奥の院です。

03yokokuji20151121

04yokokuji20151121

奥の院周辺の紅葉が美しかったです。ここから「あじさい回廊」と呼ばれる廊下が本堂まで続いていて、梅雨時には回廊の両側に紫陽花が咲いてとても美しいです。

07yokokuji20151121

08yokokuji20151121

本堂裏には美しい庭園もあります。

05yokokuji20151121

境内に「独鈷水」という霊水が湧いていて、眼病平癒の霊水として信仰を集めています。一口飲んでみたらとても美味しい水でした。
ここの紅葉も一番手はほぼ散りかけていまい、二番手の紅葉を待っている感じでした。

06yokokuji20151121

正暦寺の紅葉 (11/17)

正暦寺(しょうりゃくじ)は、992年に一条天皇の勅命を受けて兼俊僧正が創建しました。当初は86の僧坊を数え、奈良有数の大寺だったといいます。現在は本堂、鐘楼、福寿院客殿を残すだけで、菩提仙川に沿って苔むした石垣が続いていて、往時の名残をとどめています。

22syoryakuji

境内に入ると「日本清酒発祥之地」という石碑が立っています。寺院での酒造りは禁止されていましたが、神仏習合の形態のため、鎮守や天部の仏へ献上するお酒として荘園の米で自家製造されていたようです。その清酒を「僧坊酒」と呼び、境内を流れる菩提仙川の清水を用いたと伝えられています。

21syoryakuji

正暦寺は「錦の里」と呼ばれる奈良県有数の紅葉の名所で、参道や境内のもみじは見事です。今年は早く紅葉した木はすでに散ってしまい、二番手の紅葉が進んでいました...

27syoryakuji

23syoryakuji

境内は自由に散策できますが、本堂と福寿院の拝観は有料です。可愛らしい本堂ではご本尊の薬師如来像などが公開されます。

25syoryakuji

24syoryakuji

26syoryakuji

また、客殿福寿院ではゆっくり座敷に座って、美しい庭園や紅葉を楽しむことができます。ここではゆったりした時間が流れていました^^

29syoryakuji

28syoryakuji

☆正暦寺へは、11月のみ臨時バスが運行されます。
 駐車場あり

室生寺の紅葉 (11/17)

奈良県宇陀市の室生寺は、厳しく女人を禁制してきた高野山に対し、女人の済度をもはかる真言道場として女性の参詣を許したことから「女人高野」とも呼ばれています。
奈良時代の末期に修円によって建立され、山林修行の道場として、法相・真言・天台などの各宗兼学の寺院として独特の仏教文化を形成してきました。

01muroji

02muroji

室生川に架かる朱色の太鼓橋を渡って境内に入ると、杉木立の中に弥勒堂・金堂・本堂・五重塔などの堂塔が美しいたたずまいを見せて立ち並んでいます。
写真の石段(鎧坂)を上ると弥勒堂と金堂が建っています。

03muroji

04muroji

五重塔は、室生寺は石屋外に建つ塔では日本で最も小さいものです。

05muroji

室生寺は石段の多さでも有名です。仁王門から奥の院まで700段もの石段があるそうです。

06muroji

とくに五重塔から奥の院へ上る石段は胸突きの石段と呼ばれています。息が切れる頃に到着する奥の院からは良い眺めですよ♪
 室生寺が最も美しいのは、4月末に石楠花が境内を埋め尽くすとき。そして、ヤマモミジなどの紅葉も深い味わいがあります。あいにく雨が降り出しそうな天気でしたが、色づきが進む紅葉が美しかったです^^
写真は奥の院へ続く石段です。

07muroji

円成寺の紅葉 (11/7)

奈良市街から柳生に向かって12kmほどの山深くに円成寺(えんじょうじ)があります。円成寺は奈良時代の創建と伝えられる古寺で、舞台付寝殿造りの阿弥陀堂(本堂)や檜皮葺の楼門、鮮やかな朱塗りの多宝塔、浄土式庭園など見どころの多いお寺です。 
修復された山門から境内に入ると、いきなり真っ赤な紅葉のトンネルです。山間部で冷え込みが強く、鮮やかな色付きになるそうです^^

03enjoji20151107

05enjoji20151107

浄土式の円成寺庭園の対岸に立って、池とその先に楼門を眺めます。池の周囲は紅く染まり、とってもきれいな景色に感動でした♪

06enjoji20151107

07enjoji20151107

市街地からそう遠くはないけど、公共交通が不便な地でもあるので、訪れる人が少なく静かに仏様と向き合ったり、美しい紅葉を愛でることができました^^

09enjoji20151107

10enjoji20151107

本堂から眺めた楼門と、国宝の春日堂・白山堂です。

11enjoji20151107

12enjoji20151107

奈良県天川村の紅葉 -みたらい渓谷- (11/5)

奈良県吉野郡天川村にある「みたらい渓谷」は、大峰山への登山口でもあります。自然の要害として、南朝の皇族方が敵の来襲の際に避難した場所といった南朝ロマンを秘めた伝説も残っています。

11mitarai20151103

23mitarai20151103

24mitarai20151103

深い谷、清らかな流れ、赤や黄色に染まった山、そして抜けるような青空が最高に美しいコントラストでした^^

12mitarai20151103

13mitarai20151103

17mitarai20151103

真っ青な空に映える紅葉がめちゃ美しかったです♪

14mitarai20151103

16mitarai20151103

道路は下市口から天川村河合までは整備され、その先2kmほどは狭くて秘境ムードが漂います!

27mitarai20151103

29mitarai20151103

みたらい渓谷は、谷に沿って遊歩道が整備されています。エメラルドグリーンの神秘的な淵、大小の滝、巨岩がごろごろしています。遊歩道や吊り橋から、渓流や滝を間近に眺める絶景をぜひ眺めに来てね♪

19mitarai20151103

20mitarai20151103

30mitarai20151103

ギャラリー
  • 永平寺と三国花火大会 (8/11)
  • 永平寺と三国花火大会 (8/11)
  • 永平寺と三国花火大会 (8/11)
  • 永平寺と三国花火大会 (8/11)
  • 永平寺と三国花火大会 (8/11)
  • 永平寺と三国花火大会 (8/11)
  • 永平寺と三国花火大会 (8/11)
  • 永平寺と三国花火大会 (8/11)
  • 永平寺と三国花火大会 (8/11)
記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ