気ままにフォトスケッチ

お出かけ日記とデジカメ写真のブログです

2015年10月

藤原京跡のコスモス (10/12)

藤原京は、わが国初の本格的な都で、東西方向約5.3km、南北方向4.8kmで、平城京、平安京をしのぐ古代最大でした。朝堂院跡から大極殿跡を眺めると広大な風景です。

Hujiwarakyuseki201510121

694年、持統天皇は飛鳥から藤原の地に都を遷します。それは、亡き夫である天武天皇を意志を受け継いで、中央集権国家を築き上げるためでした。
藤原京跡は、今なお発掘調査が続いています。大極殿院跡の調査中でした。

Hujiwarakyuseki201510122

広大な宮跡では植栽事業が行われています。秋は3万平方メートルに7種類300万本ものコスモス畑になります。後ろの丘は天香久山です。

Hujiwarakyuseki201510123

西を向けば手前に畝傍山、はるか後方に葛城山や金剛山が見えます。

Hujiwarakyuseki201510124

満開のコスモスがめっちゃ綺麗でした^^
春は菜の花、夏は蓮やキバナコスモス、秋はコスモスが咲き乱れます♪

Hujiwarakyuseki201510125

☆藤原京跡へは
 JR桜井線「畝傍」、近鉄大阪線「耳成」、近鉄橿原線「畝傍御陵前」から、それぞれ徒歩約30分
 無料駐車場あり

斑鳩の里に咲く秋桜 (10/10)

馬見丘陵公園から、斑鳩方面へ向かいました。
斑鳩といえば、正岡子規が詠んだ「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺」や、推古天皇と聖徳太子が用明天皇の病を治そうと建立した法隆寺が有名です。

法隆寺の東方の田園地帯に法起寺(ほうきじ)があります。ひときわ目立つどっしりした三重塔は日本最古・最大級のものとされています。
この周辺の休耕田では、歴史ある景観を保つためコスモスを植えられています。

Houkiji201510102

稲刈りが行われ、三重塔を背景に秋風に揺れるコスモスが実りの秋を演出していました。塔のある風景いいですね^^

Houkiji201510101

☆斑鳩の里へは
 JR大和路線(関西本線)「法隆寺」下車、法隆寺へはバスがあります
 有料駐車場あり

馬見フラワーフェスタ (10/10)

馬見丘陵は、奈良県香芝市・広陵町・河合町などに跨る丘陵地で、4~5世紀に築造された古墳群を取り囲む広大な県立公園に整備されました。

Umami201510101

Umami201510102

広大な公園には四季折々に美しい花が咲き、公園館、大型木製遊具、芝生広場、など家族で遊ぶのに最高のスポットです♪

Umami201510103

Umami201510106

10月3日から18日まで、馬見フラワーフェスタが開催されています。ダリアやコスモス、サルビアなどが美しく咲き誇り、美しい秋色に染まっていました♪

Umami201510104

Umami201510105

そうそう、奈良県はダリアの球根生産量が日本一なんですよ。そこで、ダリアの球根を養成するために摘み取った花を並べた”ダリアの絨毯”がとっても美しかったです^^

Umami201510108

Umami201510109

写真はダリアの絨毯の制作風景です。明日(10/12)までの限定公開です!

Umami201510107

☆馬見丘陵公園へは
 近鉄田原本線「池部」駅下車、徒歩15分
 無料駐車場完備(イベント期間は臨時駐車場も開放されます)

福井県立恐竜博物館 (9/30)

九頭竜ダムから北陸自動車道に向かって走っていたら、勝山市の恐竜博物館へ行きたくなりました。時刻は3:30だったので、4時に到着できたら1時間ほど見れそう!

Kyoryu201509301

Kyoryu201509302

福井県から石川県の地層から多数の恐竜や初期の哺乳類の化石が見つかっています。恐竜博物館は、恐竜の時代を中心にした古生物や地球史、発掘に関する大規模な展示をされています。

Kyoryu201509304

Kyoryu201509305_2

館内には迫力ある展示があって、子どもから大人まで楽しむことができます。恐竜の化石や、42体もの骨格の複製や千数百もの標本などが所狭しと展示されていてめっちゃ興味深かったよ♪

Kyoryu201509303

Kyoryu201509306

じっくり見ていたら数時間はかかるでしょうね。1時間ほどで閉館時間になったのでちょっと消化不良...
さらに、屋外恐竜パークもあるので、また機会があれば行きたいところです♪

Kyoryu201509307 

エメラルド色の水を湛えた九頭竜湖 (9/30)

ひるがの高原から岐阜県白鳥を経由して、福井県大野市へ向かいました。無料の中部縦貫道を快走し、油坂峠を下ると九頭竜湖が見えてきます。
九頭竜湖は、岩を積み上げたロックフィル式ダムの建設によってできた人造湖です。九頭竜湖に架かる箱ヶ瀬橋は、「夢のかけ橋」とも呼ばれていて、瀬戸大橋のプロトタイプとして架けられました。
工事で通行止めだったので渡れなくて残念だったけど、深い谷や豊かな山岳とともに、エメラルド色の水を湛える広大なダム湖に溶け込んでいて、その名のとおり、優美な夢のかけ橋を楽しめました^^

Kuzuryuko201509301

Kuzuryuko201509302

九頭竜ダムへ行くと、土や岩を幾重にも積みあげて造られた様子がよくわかります。どっしりしていて見応えがありました!
ちなみに九頭竜ダムは、治水と発電を目的にしているそうです。発電は揚水式で、電力が必要な昼間は九頭竜湖から下流の鷲ダムに放水して発電し、電力が余る夜間は発電機を逆回転させ、鷲ダムから九頭竜ダムへと水を汲み上げているんだって。水のリサイクル良いですね^^

Kuzuryuko201509303

事故が起きればとんでもないことになる原発より、次世代の人たちへこんな方式や、 自然エネルギーを利用した発電に切り替えていってほしいなって思いました。

Kuzuryuko201509304

ギャラリー
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ