気ままにフォトスケッチ

お出かけ日記とデジカメ写真のブログです

2015年08月

与謝野町と但東町のひまわり畑 (8/11)

京都府北部の与謝野町では、毎年”ひまわりフェスティバル”が催されます。昨年も訪ねましたが、その時はまだ咲きはじめだったのでリベンジです(笑)

Yosano201508112

閑静な農村の5haの広大な段々畑に、20万本ものひまわりが咲き誇っています。真っ黄色に染まった景観には圧倒されました。ひまわりは元気を分けてくれますね♪

Yosano201508111

Yosano201508113

ランチは宿泊や日帰り入浴もできる「リフレかやの郷」のレストランで夏野菜中心のバイキングです。素材が新鮮でヘルシーで美味しかったです^^

Yosano201508114

兵庫県但東町赤花にある地域活性化センター「赤花そばの郷」の名物は、つなぎを一切使用しない赤花そばです。
この赤花の郷では、50万本のひまわりが見頃を迎えていました。ひまわり畑は入園無料の上、摘み取りも無料なんです^^

Tantou201508112 

ここは但馬の春の風物詩「たんとうチューリップまつり」の会場でもあるんです!
春のチューリップと、夏の向日葵を楽しめるって素敵でしょう♪

Tantou201508111

そして、シルク温泉付近では”田んぼアート”を見ることができます。古代稲とコシヒカリで描くそうです。白と黒い稲の古代稲とコシヒカリの緑で見事に描かれていました。もちろんお米の収穫もできるんですよ^^
コウノトリとツキノワグマです。

Tantou201508113

Tantou201508114 

びわ湖大花火大会に感動!(8/7)

大津市で8月8日に開催される”びわ湖大花火大会”は、びわ湖の夏の風物詩の一つで、例年30万人以上もの人出となる人気の花火大会です^^
びわ湖の自然をテーマに、華麗なスターマインなどが打ち上げられました。

Biwakohanabi201508072

Biwakohanabi201508073

それだけ人気の花火大会だから、湖岸は人人人でごった返します。そこで、美しい花火を楽しむためには、有料観覧席で観るのがベストということで、びわ湖大津館から観覧しました。

Biwakohanabi201508071

運よくカメラ席(椅子はないですが)が空いていたので、湖のほとりで夜空に咲く花火を堪能できました^^

Biwakohanabi201508075

Biwakohanabi201508077 

実は、びわ湖花火大会はよく雨に降られます。一昨年は直前に夕立があり、昨年は雨の中の観覧でした。今年は雨に降られることもなく、適度の風が吹いていて、気持ちよく観れました♪

Biwakohanabi201508079

Biwakohanabi2015080710

風があったので、花火の煙が滞ることが少なくて、クリアな花を見ることができて感激!

Biwakohanabi2015080711

Biwakohanabi2015080712

圧巻のフィナーレでは鳥肌が立つほど素晴らしい花火大会でした。来年も行ってみたいなあ♪

Biwakohanabi2015080713

Biwakohanabi2015080714

☆びわ湖大花火大会へは
 JR大津駅、京阪浜大津駅から徒歩で湖岸へ
 琵琶湖岸へ出ればどこからでも見れますが、有料席がおすすめ!
 開催日に注意!

青もみじが美しい毘沙門堂 (8/7)

毘沙門堂は、703年に文武天皇の勅願で創建された古刹です。
当初は出雲路(上京区)にありましたたが、応仁の乱で廃絶してしまいます。その後、公海僧正が1665年にこの地に復興し、後西天皇の皇子が入寺して門跡寺院となりました。境内はもみじに覆われていて、参道の青もみじがとても美しかったです^^

Bisyamondo201508071

Bisyamondo201508072

本堂の鮮やかな朱塗りの柱や壁が緑に映えていました。

Bisyamondo201508073

Bisyamondo201508074

本尊は京の七福神の一つ毘沙門天です。
宸殿にある円山応挙作の鯉の絵や、狩野益信作の障壁画など貴重な文化財が多数あります。とくに、逆遠近法を用いた襖絵は不思議な感覚になります!
本堂の廊下から見える弁天堂は、もみじや満天星つつじに覆われて、とても素敵な眺めです。秋には真っ赤に染まるんですよ♪

Bisyamondo201508075

Bisyamondo201508076

また、庭園「晩翠園」では、百日紅がピンクの美しい花を咲かせていました。睡蓮が咲く池の奥に建つ観音堂もすごくいい感じでした♪
毘沙門堂のおすすめの季節は、春の桜、初夏の青もみじ、夏の睡蓮や百日紅、晩秋の紅葉、冬の雪景色などです^^

Bisyamondo201508077

☆毘沙門堂へは
 JR、地下鉄、京阪「山科」駅下車、徒歩25分
 無料駐車場あり

拾翠亭の百日紅が美しい (8/7)

大津市で開催される「びわ湖大花火大会」に行きましたが、びわ湖へ行く前に真夏の京都をちょこっと散策しました。

真夏の花といえば百日紅が元気です!
そこで、京都御苑にある拾翠亭(しゅうすいてい)を訪ねました。九条池から見る姿がとてもきれいです。

Syusuitei201508071

Syusuitei201508072

拾翠亭は九条家の別邸として、茶会や歌会などに使用された公家屋敷で、江戸後期に建てられました。数寄屋風の書院造りで二層からなり、屋根の頂には一対の鯱と九条家の家紋を形どった鬼瓦が置かれています。広間の東側には九条池があって、とっても雅な雰囲気です。ふと見るとアオサギがのんびり佇んでました^^

Syusuitei201508074

「拾翠」という名前には、緑の草花を拾い集めるという意味が込められており、平安時代に貴族が野辺で草花を摘んだ習わしに因んで名付けられたそうです。
1階には茶室があります。ここでの茶会なんて素敵でしょうね♪

Syusuitei201508076

縁側に出ると心地よい風が吹いていました。

Syusuitei201508075

池のほとりには百日紅が植栽されていて、二階の部屋から眺めると、ピンクの花が目の高さに咲き、涼風が吹き抜けて爽やかさを感じました♪
拾翠亭は、金曜日と土曜日、京都御所一般公開期間のみ公開なのでご注意!

Syusuitei201508077

Syusuitei201508078

☆拾翠亭へは
 地下鉄烏丸線「烏丸丸太町」下車、御苑に入ってすぐ
 公開日に注意!

北びわ湖大花火大会 (8/5)

昨夜は、滋賀県長浜市の長浜港で行われた”北びわ湖大花火大会”でした。「全国で見ておきたい花火ベスト20」に選ばれたこともあるそうです。
ここは駅から徒歩10分程と、近いのがうれしいです^^
そこで、車を米原駅近くに預けて(1回500円)電車で長浜へ行きました。電車はかなり混んでいたけど、3駅なのですぐに到着します。夕暮れの長浜港が印象的でした♪

Kitabiwako201508051_2 

スターマインを中心とした約1万発の花火が夜空を美しく彩り ます。

Kitabiwako201508052

Kitabiwako201508053

メインの打ち上げ場所は正面の一か所ですが、左右からもスターマインが上がります。 また、真上だけではなく、琵琶湖上を左右に飛び交うのも素敵でした^^

Kitabiwako201508054

Kitabiwako201508055

海や湖の花火は、低い仕掛け花火も見れるのがいいよね!

Kitabiwako201508056

Kitabiwako201508057

そしてフィナーレは圧巻の大迫力でした!
とっても良かったので、ここはまた来年も行きたいなあ♪

Kitabiwako201508058

☆長浜港(花火大会)へは
 JR北陸本線「長浜」駅下車、徒歩10分
 周辺は大混雑するので、車は米原に駐車して電車で移動が便利です

ギャラリー
  • 初詣(長谷寺、大国主神社、難波八坂神社)(1/1)
  • 初詣(長谷寺、大国主神社、難波八坂神社)(1/1)
  • 初詣(長谷寺、大国主神社、難波八坂神社)(1/1)
  • 初詣(長谷寺、大国主神社、難波八坂神社)(1/1)
  • 初詣(長谷寺、大国主神社、難波八坂神社)(1/1)
  • 初詣(長谷寺、大国主神社、難波八坂神社)(1/1)
  • 初詣(長谷寺、大国主神社、難波八坂神社)(1/1)
  • 初詣(長谷寺、大国主神社、難波八坂神社)(1/1)
  • 初詣(長谷寺、大国主神社、難波八坂神社)(1/1)
記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ