気ままにフォトスケッチ

お出かけ日記とデジカメ写真のブログです

2015年01月

第一なぎさ公園と三島池 (1/18)

びわ湖大橋の東詰から湖岸道路を少し北上すると「第一なぎさ公園」があります。
ここには、地元老人会の人々が菜の花を植えてらっしゃいます。
”カンザキハナナ”という冬に開花する品種です。

Nagisa01

Nagisa03

対岸の比良山系には残雪があり、黄色い菜の花との対比がとてもきれいでした^^
甘い菜の花の香りが、ちょぴり早い春を告げていました♪

Nagisa02

米原市の三島池は、姉川の伏流水を利用して1200年代には造られたと
言われる灌漑用のため池です。
また、マガモ自然繁殖の南限地でもあって、たくさんのマガモが泳いでいました♪

Mishimaike01

三島池のほとりにある三島神社です。

Mishimaike03

Mishimaike02

☆第一なぎさ公園へは
 名神栗東ICから約30分または、湖西道路真野ICから約15分
 無料駐車場あり(開花期間のみ)

☆三島池へは
 北陸道米原ICから約20分
 無料駐車場あり

京都散策 -上賀茂神社と蓮華寺- (1/12)

上賀茂神社の正式名称は「賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)」で、神代の時代から信仰を集めています。また、下鴨神社(賀茂御祖神社)とともに賀茂氏の氏神を祀る神社で、京都三大祭りのひとつ「葵祭」は賀茂神社両社共同で行われています。
二の鳥居の横に神馬がいました。「神馬に話しかけないで」という注意書きが面白かったです^^
細殿前に作られた円錐形の「立砂(たてずな)」は、神様が最初に降臨された上賀茂神社の北2kmにある神山を模して作られたそうです。

Kamigamo01

本殿は国宝なんですねぇ~

Kamigamo02

上賀茂神社のすぐ横に「一膳飯屋りぃぼん」があります。カウンターと小上がりだけの小さな店かなと思ったら、二階にも席があるようです。一枚板の重厚なカウンター、黒光の柱や梁が堂々としていて素晴らしいです^^
照り焼きハンバーグのご飯セット+珈琲付き(1,300円)を食べました。結構大きなハンバーグを外側はカリッと、中はジューシーに焼けていて、照り焼きソースとの相性が抜群!
ご飯もすごく美味しくて大満足のランチでした^^

Lunch

洛北の蓮華寺は、応仁の乱で荒廃したものを、1662(寛文2)年に加賀前田家の老臣今枝民部近義が祖父の菩提のため再興しました。再興の際に石川丈山、狩野探幽、木下順庵、黄檗の隠元禅師木庵禅師ら著名な文化人が協力されました。
創建当時のまま残る庭園には大きな池があって、柱が額縁の役割をして一枚の絵のように見えるといわれています。座敷の奥から眺めたり縁側から眺めたり。見る位置や角度によって、いろんな表情に見えるので楽しいです♪

Rengeji01

縁側から見る庭園です。やっぱり座敷から見るほうが味があるなあ^^

Rengeji02

万両の紅い実と緑の苔と雪に濡れた石が調和していました♪

Rengeji03

☆上賀茂神社へは
 市バス「上賀茂神社前」下車、すぐ
 有料駐車場あり

☆蓮華寺へは
 京都バス「上橋」下車、すぐ
 無料駐車場あり

雪景色の京都を散策 -岩倉・妙満寺- (1/3)

妙満寺(みょうまんじ)と読みます。
室町時代の創建で、顕本法華宗の寺院ですが、もともとは寺町二条にあったものを、昭和43年に現在地に移されたそうです。山門前の池の周囲には平戸つつじが植えられていて、春は美しい花を咲かせてくれます。

15myomanji

境内にはインドのブッダガヤ大塔を模した仏舎利塔がそびえています。堂々とした建物でした。インドはとても興味深い国なので、いつかインドへも行ってみたいなあ♪

16myomanji

本坊の庭園は”雪の庭”と称され、清水寺本坊の”月の庭”、北野の”花の庭(現存しない)”とともに、松永貞徳が造園した雪月花三名園の一つです。比叡山を借景にした冠雪の眺望が素晴らしい庭園でした。
また、寺宝として紀州・道成寺の安珍・清姫伝説の鐘があるのもこのお寺です。お寺の名前は知らない人も多いかも知れませんが、道成寺の鐘はここに安置されているんですよ^^

17myomanji

18myomanji

☆妙満寺へは
 地下鉄国際会館駅から京都バス「幡枝」下車、すぐ
 無料駐車場あり

雪景色の京都を散策 -宝泉院- (1/3)

三千院の門前には、食事処や土産屋さんが並んでいていい雰囲気です。店を見ながら先に進むと、律川を渡って実光院、勝林院と続いて建っています。

07sanzennin

08sanzennin

そして、突き当たりに「宝泉院」があります。勝林院の塔頭で、実光院とともに声明の寺として創建されました。ここには声明の音律を調べる石盤という貴重な古楽器も展示されています。庭園には樹齢600余年の五葉松があり、近江富士を象っているそうです。雪を被って姿はわかりにくいけど、こんもりして富士山型ですね^^

09hosennin

書院から五葉松を眺めると幹や枝だけが見えて、まったく違った雰囲気です。上下鴨居と柱に囲まれた空間は、まるで額縁の中の日本画を愛でるようです。

11hosennin

10hosennin

縁側に出てみると、また違った感じでしょう♪

12hosennin_2

床の間の障子を少し開けてみました。掛け軸のようでいい感じ^^

14hosennin

囲炉裏の間もあって素敵なお寺でした。(囲炉裏には火は入っていません)

13hosennin_2

☆宝泉院へは
 三千院からすぐ

 

雪景色の京都を散策 -大原・三千院- (1/3)

今年はお正月から大雪の京都。地下鉄国際会館駅を出ると周りは真っ白です!
京都バスはスタッドレスタイヤを履いていました。それでも八瀬を過ぎるとシャーベット状の路面は滑りやすく、何度か小さな横滑りをしていました...
大原は雪が深かったけどさすが観光地、参道は歩きやすいように雪かきをしてくれていました。写真は雪の三千院山門です。

01sanzennin

客殿前の聚碧園は雪が深くてもこもこしていました。

02sanzennin

三千院は、天台五門跡の一つで、本尊の阿弥陀三尊像は腰をやや浮かせた珍しい姿勢です。銀世界の池泉回遊式庭園の有清園には、本堂の往生極楽院が建っています。雪とすぎと御堂が調和してすごく美しかったよ^^

03sanzennin

有清園を歩くと、徐々に溶けだした雪が枝から落ちてきます。何度か直撃を食らったよ...

04sanzennin

05sanzennin

雪に埋もれてもけなげに咲く椿の紅い色が新鮮でした^^

06sanzennin

☆三千院へは
 京都バス「大原」下車、徒歩10分
 バス停周辺に有料駐車場あり

ギャラリー
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
記事検索
  • ライブドアブログ