気ままにフォトスケッチ

お出かけ日記とデジカメ写真のブログです

2014年04月

のだふじ祭り (4/19)

秀吉も愛でたというノダフジの原木は、大阪市福島区の春日神社周辺に咲いていました。それを植物学者の牧野富太郎により命名されたことで、「ノダフジ発祥の地」と呼ばれています。

そのノダフジも第2次大戦末期の空襲で全滅してしまいました。
宇和島藩伊達村候公が参勤交代の途中、野田村からフジの苗木を持ち帰り、今では国指定名勝「天赦園」のフジにまで成長しました。平成12年にその苗木10本が寄贈され、そのうちの1本が発祥の地の春日神社境内に移植されました。そして、平成23年春に見事に花をつけたとのことです。

そんなノダフジのウォッチングを楽しみました♪
出発は阪神野田駅前です。まだ咲き初めでしたが、藤色がとても綺麗でした^^

Fuji01

ノダフジ発祥の地である春日神社です。
狭い境内には1364年に二代将軍足利義詮が住吉詣の途中に、この地で藤を鑑賞して詠まれた歌が”野田の藤跡碑”に刻まれています。「むらさきの雲とやいはむ藤の花 野にも山にもはいぞかかれる」

Fuji02

Fuji03

広いグラウンドやプールもある下福島公園です。藤棚もたくさんあって、咲き初め~満開の藤まで楽しむことができました。足利義詮や豊臣秀吉も訪れた藤庵の庭も復元されています。
ノダフジといえば、長~い房を思い浮かびますが、ここのフジはあまり長くなくて、原形はこんな感じだったのかなって思いました。

Fuji04

Fuji05

浦江の聖天さん(聖天了徳院)への参拝道として古くより発展してきた聖天通り商店街を歩いて聖天了徳院へ向かいます。たくさんの占い師がいる商店街なので”売れても占い商店街”で売り出しています。
聖天了徳院には立派な藤棚があるのですが、今年は弱弱しい房が少しだけありました。来年に期待ですね♪

Fuji06

Fuji07

お昼になったので、マグロ専門店”しづき”で、マグロ丼を食べます。
”トロわさび極上丼(1,200円)”です。すっごく美味しくて、ボリュームもたっぷりで大満足でした^^

Lunch01

Lunch02 

続きを読む

春爛漫 -清住のカタクリ群生&永沢寺の水ばしょう- (4/12)

淡路島から、明石海峡大橋~山陽道~舞鶴若狭道を経由して丹波市へ♪

丹波市清住には謎の多いお寺「達身寺(たっしんじ)」があります。
達身寺は古文書が何も残ってないため、歴史がよくわからないお寺です。
寺伝によれば8世紀頃に創建され、戦国時代には大寺院であったものが、織田信長に焼かれてしまったようです。僧侶たちは焼かれる前に仏像を近くの谷へ運び出し、そのまま長年置き去りにされていました。元禄8年にに疫病が流行り、占い師に占ってもらい、放置されたままであった仏像を集め、修繕して安置しました。このため、寄木造りの仏像は木片化し、一木造りの仏像が痛々しい姿で残されています。
一方、近年の研究では薬師如来像など同じ仏像が多く残っていることから、お堂を多く持った工房があり、そこに丹波仏師がいて造仏していたのではないかとも言われています。 
謎のお寺の朽ちた仏像を拝観すると、何とも不思議な感覚を覚えました。

Kiyosumi01

Kiyosumi02

境内には住職が少しずつ増やされた水仙が咲き乱れています。桜や桃も咲いていて、とても美しかったです♪

Kiyosumi03

Kiyosumi04

達身寺の近くにカタクリの群生地があります。カタクリの花は、晴れた日に陽が当たると開き、時間が経つに従って花びらが外側にそり返ります。この姿がとっても可愛いので人気の花です^^

Kiyosumi05

Kiyosumi06

カタクリは気温が17℃以上になって、天候が良いと開花します。クヌギ林の一画が薄紫色の絨毯のように染まっています。とっても綺麗だったよ♪

Kiyosumi07

Kiyosumi08

三田市の「永澤寺(ようたくじ)」へも行っちゃいましょう♪
永澤寺は兵庫県三田市永沢寺(えいたくじ)にある曹洞宗の禅寺です。
1370年頃に後円融天皇の勅命により、通幻禅師が開かれました。後に徳川家康公から勅願所として十万石を与えられるなど、寺歴600年を越す格式の高さを誇っています。

Eitakuji01

Eitakuji02

永澤寺の向かいに「永沢寺花しょうぶ園」があります。
文字どおり花菖蒲の名所だけど、水ばしょう園や牡丹園も併設しています。水ばしょうは自生じゃないけど、ちょうど見ごろで綺麗でした^^

Eitakuji03

Eitakuji04 

続きを読む

春爛漫 -あわじ花さじき&淡路島国営明石海峡公園- (4/12)

桜はほぼ見納めに近づいてきたけど、春の花が咲き光に満ち満ちた様子を見たくて、淡路島と丹波へ行ってみました。
午前7時前に家を出て、阪神高速~第二神明~明石海峡大橋を経て、淡路SAに8時過ぎに到着しました。渋滞もなくスムーズに走れたので良かったです♪

「あわじ花さじき」です。
大阪湾や明石海峡大橋が見える丘陵に兵庫県が設置した広大なお花畑です。ここは四季折々の花が楽しめる素敵なスポットです♪

Hanasajiki01

Hanasajiki02

紫色の花は”ムラサキハナナ”だそうです。

Hanasajiki03

広大な敷地は約16ヘクタール(甲子園球場の4倍)もあるそうです!
その大半に菜の花が植えられていて、ちょうど見頃を迎えています。圧倒される黄色いお花畑には、甘い香りが漂いミツバチが飛び交っています。癒されるよぉ~

Hanasajiki04

Hanasajiki05


「淡路島国営明石海峡公園」です。
明石海峡大橋を挟んで淡路島と神戸市を舞台に広がる国営公園です。淡路地区は、関西空港建設にも使われた土取り場の跡地が花と緑あふれる公園に生まれ変わりました。

Kokueikoen01

一年中花が咲いて美しい公園だけど、とくにチューリップが美しいと聞いていたので、開花に合わせて訪ねてみました♪
まだ桜が残っていて綺麗でした^^

Kokueikoen02

Kokueikoen03

ポプラの丘を上から眺めたり、下から見上げたり。カラフルなチューリップがすごく綺麗です♪

Kokueikoen04

Kokueikoen05

園内を走る夢ハッチ号も可愛いでしょう。チューリップと一緒に植えてあるのがネモフィラ。ブルーの可愛い花がチューリップを引き立ててくれています^^

Kokueikoen06

園内には約260品種ものチューリップが植えられてるんだって!

Kokueikoen07_2

Kokueikoen08

園内のどこを歩いてもチューリップに出会えます。開花期間が短いので、見頃はあと2,3日かな?

Kokueikoen09

Kokueikoen10

ミニ風車や花火鳥も可愛くて絵になりますね♪

Kokueikoen11

Kokueikoen12

歩き回ったあとは淡路島牛乳のソフトクリームを食べました。美味しかったよ^^

Kokueikoen13

続きを読む

紅しだれコンサート (4/10)

平安神宮では、毎年紅しだれ桜の開花に合わせて、4日間だけのライトアップとコンサートが行われます。4月10日、仕事を終えて一目散に京都を目指しました!
ライトアップされた社殿が暗闇に浮かんで幻想的でした♪

Heianjingu01

Heianjingu02

紅しだれコンサートはこの日が初日。予想どおりあまり多くの人出ではなくて良かったです^^
今夜や明晩はきっとごった返してるでしょう。。。
南神苑に入ると、紅しだれ桜のライトアップの美しさに感動します!

Heianjingu03

Heianjingu04

紅しだれ桜の淡いピンクが風に揺れる、いかにも京都らしい風情をたっぷり楽しみました^^ 

Heianjingu05

Heianjingu06

このイベントは、南神苑と東神苑の紅しだれ桜のライトアップと、東神苑貴賓館をステージに演奏される音楽を楽しみます。会場には客席がなくて、神苑を散策しながら、栖鳳池の水面に映る桜を眺めたり音楽に耳を傾けたり♪
この日の演奏は雅楽師の東儀秀樹さん。JUPITERやハナミズキなど、馴染の曲を演奏されました。幻想的な風景にピッタリなコンサートでした^^

Heianjingu07

Heianjingu08

☆平安神宮へは
 地下鉄東西線「東山」下車、徒歩10分

続きを読む

醍醐の花見 (4/6)

4月6日は、秀吉に負けじと”醍醐の桜”を楽しみました♪
醍醐寺は真言宗醍醐派の総本山で、醍醐山全山が寺域という大規模な寺院です。あいにく午前中は小雨が降ったり止んだりして花冷えの天気だったので、団体さんなど多かったけど、ぎゅうぎゅうというほどの人ではなかったです^^
西大門へ続く参道はソメイヨシノが満開でした!

Daigoji01

Daigoji03

金堂と弁天堂です。しだれ桜は散ってしまっていたけど、この辺りの桜はきれいでした♪

Daigoji04

Daigoji05

雨はすっかり上がったけど、足元が緩いので上醍醐へは行かずに、三宝院や霊宝館などの拝観を楽しみました。三宝院は庭園も含めて撮影禁止なので写真はありません。
この写真は霊宝館のソメイヨシノやしだれ桜です。霊宝館にはめちゃ立派で綺麗なしだれ桜があるんだけど、すでに散ってしまってました。。。

Daigoji06

Daigoji08

霊宝館前の参道の桜並木です。最高に美しいでしょう♪
醍醐寺のしだれ桜は早咲きなので、しだれ桜と染井吉野の両方を同時に楽しめる期間はごくわずかなんだろうな。。。
めちゃ人は多かったけど、豪華な桜を楽しめてよかったです^^

Daigoji09

☆醍醐寺へは
 地下鉄東西線「醍醐」下車、徒歩20分
 コミュニティバスも運行
 有料駐車場あり

続きを読む
ギャラリー
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ