気ままにフォトスケッチ

お出かけ日記とデジカメ写真のブログです

2013年09月

観月讃仏会 -唐招提寺- (9/19)

今夜はお月見!
各地で観月会が催されています。

仕事帰りにちょこっと回り道をして、唐招提寺の観月讃仏会(かんげつ さんぶつえ)にお参りしてきました。今夜は南大門が開放されて無料拝観ができます。
金堂が夜間開扉され、闇夜に浮かび上がるご本尊の廬舎那仏など三尊のお姿は厳かで幻想的でした。

Tosyodaiji01 
月の灯りに浮かび上がるお堂のシルエットも素敵でした♪

Tosyodaiji02 
Tosyodaiji03_2
また、鑑真和上を奉安する御影堂の庭園が特別に開放され、和上と共に名月をめでます。東の空にぽっかり浮かぶ真ん丸お月様はとても美しかったです^^
写真は、御影堂の庭園から眺める名月です♪

Tosyodaiji04 

☆唐招提寺へは
 近鉄橿原線「西ノ京」下車、徒歩8分
 有料駐車場あり

 

小原洞窟恐竜ランド&極楽洞 (9/7)

以前から気になっていた和歌山県かつらぎ町の「小原洞窟恐竜ランド&極楽洞」を訪ねてみました。
阪和自動車道有田ICから国道480号線を高野山方面へ走ります。有田川をに沿って快適な2車線と狭い旧道が交互に現れる田舎道です。

1時間弱で有田川町清水にある「あらぎ島の棚田」に到着しました。
有田川の侵食がもたらした河岸段丘を、江戸時代初期に開田され稲作が行われてきました。蛇行した有田川にせり出すように扇形に開かれた水田はとても美しく、「日本の棚田百選」に選定されています。黄金色に実ってきて、もうすぐ稲刈りですね♪

Aragishima01


この近くにある”道の駅あらぎの里”でランチです。
「地鶏のてりやき丼」を食べました。甘いたれと歯ごたえがあって香ばしい鶏肉がとても美味しかったです。ちなみに有田川町の名物は、豆腐とこんにゃくだそうです♪

Aragishima03


お腹がいっぱいになったところで再出発です。
およそ20kmで「小原洞窟恐竜ランド&極楽洞」に到着です。昭和37年まで鉱山として使われていた坑道を、恐竜の棲家として、洞窟の中で恐竜を眺めるというおもしろスポットです。

Kyoryu01

Kyoryu02


入口に無造作にヘルメットが積まれていました。頭上が低いところもあるので被ってねということで、被らないで怪我しても補償ないといった張り紙が。。。
迷路のような坑道ですが、順路表示があるからご心配なく。恐竜の卵はスタンプラリーのスタンプ台になっています。全部回ったら景品は。。。ひみつ(笑)

Kyoryu03

Kyoryu04


リアルな恐竜の前では突然大きな音がするのでドキッとします。幼い子供は怖がって泣きだすかも!

Kyoryu05


突然現れた極楽洞入口です。鬼の金棒を触っていざ出発♪

Kyoryu06_2


地獄八景を見ながら進むと閻魔大王さまの裁きを受けます。

Kyoryu07


そして最深部に極楽(癒しの空間)が...
ここまでに光る石があったり、ちょっとした仕掛けがあったり♪

Kyoryu08


子供向けの施設ですが、それなりに楽しめました。坑道跡といっても佐渡や石見に比べたら規模も小さな洞窟だから、こういった工夫がされたんだなあって思いました。一番喜ぶのは小学生かな?
お化け屋敷じゃないけど幼い子ども連れはご注意を。

☆小原洞窟恐竜ランド&極楽洞へは
 阪和自動車道「和歌山、海南、有田IC」から 無料駐車場あり
 JR和歌山線、笠田駅からかつらぎ町コミュニティバス「花園行き」で約1時間

京都の百日紅 (8/31)

台風崩れの低気圧の影響で風が強い一日でしたが、京都を散策してきれいな百日紅を見てきました^^

山科の毘沙門堂の庭園「晩翠園」に、大きな百日紅の木があって、機会があれば見てみたいと思っていました。桜や紅葉が美しいお寺なので、桜や紅葉、雪景色は観たことがあるんだけど、真夏に行ったことがありませんでした。
参道の青もみじが綺麗でした。

Bisyamondo01


毘沙門堂の歴史は古く、703(大宝3)年に文武天皇の勅願で創建されました。 当初は出雲路(上京区)にありましたが、応仁の乱で廃絶し、公海僧正が1665(寛文5)年にこの地に復興しました。
円山応挙作の鯉の絵や、狩野益信作の宸殿の動く襖絵など見どころがいっぱい!
楓やドウダンツツジの緑に囲まれた弁天堂が印象的でした。
写真は弁天堂から見た本堂と、本堂廊下から見える弁天堂です。

Bisyamondo02

Bisyamondo03


庭園(晩翠園)には大きな百日紅があって、ピンクの可愛い花がとても綺麗でした♪

Bisyamondo04



京都御苑内にある「拾翠亭(しゅうすいてい)」は、五摂家のひとつ九条家の別邸とし、茶会や歌会などに使われた公家屋敷です。

Syusuitei01

Syusuitei02


建築は江戸後期で、数寄屋風の書院造りで二層からなり、屋根の頂には一対の鯱と九条家の家紋を形どった鬼瓦が置かれています。
広間の東側には勾玉池を配して雅な雰囲気を醸し出しており、周囲に植えられた百日紅は見事です!

Syusuitei03

Syusuitei04


「拾翠」の名前には、緑の草花を拾い集めるという意味が込められており、平安時代に貴族が野辺で草花を摘んだ習わしに因んで名付けられました。
庭園を歩くと涼しい風が吹き抜けました。ちょっぴり秋の足音がしてきました♪

Syusuitei05

Syusuitei06


九条池に架かる橋からの眺めもいいでしょう^^

Syusuitei07


☆毘沙門堂へは
 JR、地下鉄、京阪「山科」駅下車、徒歩20分
 無料駐車場あり

☆拾翠亭へは
 地下鉄烏丸線「丸太町」駅下車、徒歩5分

ギャラリー
  • 初冬の湖国をドライブ -メタセコイア並木の黄葉- (12/8)
  • 初冬の湖国をドライブ -メタセコイア並木の黄葉- (12/8)
  • 初冬の湖国をドライブ -メタセコイア並木の黄葉- (12/8)
  • 初冬の湖国をドライブ -メタセコイア並木の黄葉- (12/8)
  • 初冬の湖国をドライブ -メタセコイア並木の黄葉- (12/8)
  • 初冬の湖国をドライブ -湖北水鳥公園&大崎寺- (12/8)
  • 初冬の湖国をドライブ -湖北水鳥公園&大崎寺- (12/8)
  • 初冬の湖国をドライブ -湖北水鳥公園&大崎寺- (12/8)
  • 初冬の湖国をドライブ -湖北水鳥公園&大崎寺- (12/8)
記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ