気ままにフォトスケッチ

お出かけ日記とデジカメ写真のブログです

2013年02月

近江の雛めぐり -五個荘- (2/23)

東近江市五個荘は、近江商人の発祥の地として知られ、白壁と蔵屋敷や優雅な庭園が残されています。近江商人とは、近江に本拠地をおく他国稼ぎ商人のことで、五個荘商人は江戸末期から明治時代の創業がほとんどで、主に呉服・太物・麻布などの繊維関係を扱っていたそうです。

Gokasho01

Gokasho02


五個荘町には可愛い”小幡でこ”と呼ばれる人形があります。京都伏見の伏見人形の製作方法に由来するそうです。小幡人形と竹に飾られたお雛様が可愛いでしょう^^

Gokasho03

Gokasho04


近江商人屋敷では、江戸期から伝わる雛人形を展示しています。保存状態が良いので、とっても素敵で見応えがありました!

Gokasho05

Gokasho06


近江商人屋敷の一つ、外村繁邸では”にんげん雛”が行われます。東近江市レインボー大使と、地元の淡海書道文化専門学校の学生さんたちが、にんげん雛に扮して雛壇でにっこり微笑んでくれます♪

Gokasho07

Gokasho08


その後、三人官女のお姉さんたちが、白酒(甘~い甘酒?)の接待をしてくれます。ノンアルコールで甘いので、お子ちゃまもドライバーも安心だよ。とっても楽しい雛めぐりでした^^

Gokasho09

Gokasho10


☆五個荘へは
 近江鉄道「五個荘」下車、徒歩10分
 名神高速「竜王」「彦根」ICから、20~30分
 無料駐車場あり

近江の雛めぐり -近江八幡- (2/23)

もうすぐひな祭り♪
そこで、近江の雛めぐりをしてみました。

近江八幡は近江商人と水郷の町。八幡堀や古い町並みを散策しましょう。
八幡堀は、豊臣秀次が城下町を開き、琵琶湖を往来する荷船を八幡に寄港させるために設けた運河です。堀に沿って蔵が並び、ホッとする風景でした。

Oumihachiman01


八幡堀の一番奥に「かわらミュージアム」があります。
瓦専門の展示館で、八幡瓦を中心に展示紹介を行っています。でっかい鬼瓦など目を見張るものもありました。

Oumihachiman02


ここでは可愛い雛人形がたくさん公開されていました。

Oumihachiman03

Oumihachiman04


町並みを散策しましょう♪
白雲館(旧八幡東学校)と旧八幡郵便局です。白雲館は観光案内所として使われています。また、旧八幡郵便局はヴォーリズ建築の一つです。

Oumihachiman05

Oumihachiman06


近江商人の屋敷跡が残る新町通りです。素敵な町並みでしょう♪

Oumihachiman07

Oumihachiman08


ランチは、近江牛の他人丼です。見た目以上にボリュームがあって美味しかったよ^^

Oumihachiman09


☆近江八幡(町並み保存地区)へは
 JR東海道本線「近江八幡」下車、徒歩20~30分
 名神高速「竜王」「彦根」ICから、20~30分
 観光駐車場あり

鹿寄せと盆梅展 (2/16)

めっちゃ寒い一日でしたが、冬の奈良の風物詩を楽しみました♪

奈良公園で行われる「鹿寄せ」です。
1892年に鹿苑竣工奉告祭にラッパを使って実施したのがはじまりだそうです。その後、1980年に奈良市観光協会が鹿寄せをキャンペーンとして行って以来、冬の観光客を誘致しようと実施されています。のどかな飛火野に繰り広げられるほのぼのとした楽しい行事ですよ^^

午前10時に奈良の鹿愛護会のお兄さんがやってきて、簡単に行事の説明をしてくれたあとナチュラルホルンを吹きはじめます。ホルンの音色が春日野山に響くと、森の奥からどどど~っと鹿の大群が1列になって走ってきます。すごい大群です!!
これがすごく可愛いんです。集まったらご褒美にどんぐりをあげます。ポリポリと美味しそうに食べてました^^

03shikayose

02shikayose_2


「大和郡山盆梅展」です。
大和郡山城址では、復原された追手向櫓や多聞櫓で盆梅が展示されています。まだ三分咲きでしたが、室内は梅の香りに包まれていました。

05yamatokoriyama

06yamatokoriyama


厳かな雰囲気を楽しみながら盆梅鑑賞もいいものやね♪
左の写真、立体掛軸に見えますか?(笑)

07yamatokoriyama

08yamatokoriyama


☆鹿寄せは、2013年3月17日(日)まで毎日行われてます。
 場所は、奈良公園の飛火野(春日大社の参道沿い)
 時間は、午前10時から15分程度(月曜日はお休みです)

☆大和郡山 盆梅展へは
 近鉄橿原線「大和郡山」下車、徒歩10分

司馬遼太郎記念館 (2/11)

明日、2月12日は歴史小説家の司馬遼太郎さんの命日です。

司馬さんはこよなく菜の花を愛したので「菜の花忌」と呼ばれています。
そこで、ちょこっと東大阪市の司馬遼太郎記念館を訪ねてみました。
司馬遼太郎記念財団が管理・運営しています。

Shiba01


安藤忠夫さん設計の記念館は、地下1階から地上2階までの吹き抜けの巨大な
書架があり、蔵書の一部2万冊の本がぎっしり埋まっていて圧巻でした!
また、自宅の書斎はそのままの状態で保存・公開されていて、書斎前庭では
菜の花が美しく咲いていました。

Shiba02


菜の花忌が近づくと、記念館周辺や街角が菜の花で彩られます。
地元のボランティアや、近くの府立布施高校の生徒たちが育てた菜の花を
プランターに植えて並べています。
北風が寒かったけど、いよいよ春がやってくるって気分になりました♪

Shiba03


☆司馬遼太郎記念館へは
 近鉄奈良線「八戸ノ里駅」下車、徒歩7分
 駐車場あり

北野天満宮と三室戸寺 (2/10)

好天に恵まれた京都をちょこっと歩いてみました。
北野天満宮の梅は咲いてるかなって思って参拝。
やはり今年は開花が遅れていて、ちらほら咲いていました。
青空を背景に紅梅がすごくきれいでした♪

Tenmagu01

Tenmagu02


その後、宇治の三室戸寺へ。
三室戸寺には「狛蛇」ともいえる”宇賀神”の像があります。
財運・金運の蛇神で、頭は老翁、体は蛇で蓮に乗っています。
宇賀神を撫でると、財運や良運がつくといわれています。
ユーモラスな像でした^^

Ugakami


☆北野天満宮へは
 市バス「北野天満宮前」からすぐ
 参拝専用無料駐車場あり

☆三室戸寺へは
 京阪、JR「三室戸」下車、徒歩20分
 有料r駐車場あり

ギャラリー
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
記事検索
  • ライブドアブログ