気ままにフォトスケッチ

お出かけ日記とデジカメ写真のブログです

2013年01月

御坊寺内町と白崎海岸 (1/26)

北風が強く寒い一日でしたが、ちょこっと紀州路をドライブしてみました。

JR御坊駅前に駐車して、”紀州鉄道”に乗ってみます。延長わずか2.7kmの日本一短距離のローカル鉄道です。御坊駅の0番ホームにワンマン列車が入ってきました。外はきれいな塗装でしたが、車内は暗くシートが破れたりしてました。ローカル鉄道だなって感じますね。

01kisyutetudou

02kisyutetudou


”学門駅”です。駅前に県立日高高等学校・附属中学校の裏門があるから名付けられましたが、”学問”に通じることから受験生に人気があるんだよ♪

03kisyutetudou


御坊市には大正のロマンが息づく御坊寺内町の町並みが残っています。終点の”西御坊駅”から、西本願寺日高別院を中心とした寺内町を歩いてみました。西本願寺日高別院は幼稚園を併設されていました。

04gobou


御坊は、日高川河口に位置するため廻船業が栄えました。また醤油や味噌の発祥地ともいわれ、金山寺味噌や醤油、なれ寿司の製造で有名です。大正から昭和にかけて建てられた酒蔵や商屋などが現存していました。観光客はだれひとり歩いてなくて、ちょっと寂しかったなあ。。。

05gobou

06gobou



由良町の”白崎海岸”は、紀伊水道の青い海に真白な石灰岩の岬が突き出ています。青い海と氷山のような白い岩のコントラストが美しく、白崎海洋公園として整備されました。

07shirasaki

08shirasaki


あいにく小雪が舞う曇り空でしたが、海岸から見る景色も、展望台から見る景色もとても美しかったです^^

09shirasaki

10shirasaki


高台に”県立白崎青少年の家”があり、裏手の番所山に自生の水仙が群生しています。水仙の白い花が一面に広がっていました。番所山の由来は、江戸時代に海外からの不審船を見張る「白崎遠見番所」が置かれていたからだそうです。美しいパノラマと水仙が素敵でした♪

11shirasaki

12shirasaki


風裏では高貴な甘い香りに包まれていました。とっても癒される風景と香りでした。2月中旬まで楽しめるようです^^

13shirasaki

14shirasaki


☆御坊へは
 JRきのくに線(紀勢本線)御坊駅下車
 湯浅御坊道路御坊ICから約10分

☆白崎海岸へは
 湯浅御坊道路広川ICから、R42を経由して約25分

閑谷学校と日生の牡蠣 (1/19)

寒いけど晴天に恵まれて、岡山県備前市へ行ってきました。
江戸時代前期に岡山藩によって開かれた学校”閑谷学校(しずたにがっこう)”があります。
閑谷学校は、寛文10(1670)年に岡山藩主池田光政によって創建された、岡山 藩直営の庶民教育のための学校・学問所です。国宝の講堂をはじめ、聖廟や閑谷神社などの建造物が現存し、特別史跡に指定されています。

Shizutani01

Shizutani02


入母屋造で備前焼の瓦がきれいな講堂とその内部です。

Shizutani03

Shizutani04


閑谷学校の周囲に築かれている石塀で、全長796mもあるそうです。

Shizutani05


資料館です。明治38年に建てられた洋風校舎の本館が展示場となっています。貴重な資料がたくさんありました。

Shizutani06

Shizutani07



閑谷学校から南下し、ブルーハイウェイ(無料)に入ると、牡蠣の養殖筏が浮かぶ瀬戸内海の美しい風景が現れます。

Hinase01


日生(ひなせ)は牡蠣の養殖が盛んで、美味しい牡蠣を食べることができます。まずは牡蠣入りのお好み焼き”カキオコ”です。関西風と広島風の焼き方があるんだって。B-1にも出店している実力派で、がぶっと食べると口の中に牡蠣のエキスが広がってめちゃウマ^^

Hinase02


漁協市場は”五味の市”の愛称で親しまれています。新鮮な牡蠣や瀬戸内海の魚介類もお客さんもいっぱいで、とても盛況です。

Hinase03

Hinase04


市場の向かいの”海の駅しおじ”では、五味の市で買った牡蠣や魚介類のBBQができます。1テーブル90分1000円で、炭や網も付いています。食材の持ち込みも自由です。めっちゃウマ!
ただ、牡蠣を焼くと破裂しまくるので、エプロンなどがあれば安心だよ♪
海のミルクは最高に美味しかったです^^

Hinase05

Hinase06


☆閑谷学校へは
 山陽自動車道備前ICより約15分
 無料駐車場あり

☆日生五味の市へは
 JR赤穂線日生駅下車、徒歩約10分
 山陽自動車道赤穂ICより約20分
 無料駐車場あり

第一なぎさ公園の菜の花 (1/12)

琵琶湖大橋の東にある「第一なぎさ公園」に小さな春を見つけに行ってきました。
この公園では地元の老人会の方々が、菜の花と向日葵を植えていらっしゃいます!

ここの菜の花は”寒咲きハナナ”という品種で、真冬の1~2月ごろに満開になります。あまり食用には適さないそうですが、とってもきれいな花です^^
対岸にそびえる雪の蓬莱山と、菜の花の香りと黄色い絨毯との対比が素敵でした♪

Nagisa01


Nagisa02


今年の冬は寒く風は冷たかったけど、春の訪れを感じました^^

Nagisa03


☆第一なぎさ公園へは
 名神栗東ICから約30分、湖西道路真野ICから約15分
 無料駐車場あり

平安神宮と上賀茂神社へ初詣 (1/1)

あけましておめでとうございます

2013年は穏やかで気持ちよく明けました^^
お雑煮などで新年をお祝いして、初詣は京都の平安神宮と上賀茂神社へ♪
道路情報を見たら渋滞がなかったので車で出発しました。第二京阪と国道1号線を経由して、西大路御池の駐車場に預けます。京都では、パーク&ライドを推奨されていて、ここの駐車場は1日最大600円です。しかもPitapaで地下鉄西大路御池駅を利用してPitapaで精算したら200円割引、Timesカードがあればさらに100円割引です。
著名な神社周辺は大渋滞するので、ここからは地下鉄・バスを利用します。

地下鉄東西線で東山駅へ。駅のすぐ近くでアマダイ定食の昼ご飯を食べました。焼き立てで美味しくてお正月価格でなくてよかったです^^

Lunch


明治28年(1895年)、平安建都千百年を記念して博覧会が開催され、そのシンボル・パビリオンとして建設されたのが、平安宮大極殿を再現した平安神宮です。朱塗りの社殿がとてもきれいです^^

Heian01

Heian02


参拝後バス停に行ったら、上賀茂神社行のバスがきました。行き先を決めてなかったので乗っちゃいました♪
上賀茂神社の1キロほど手前で渋滞です。ここでバスを降りて歩くことにしました。駐車場が狭いのでシーズン中は混雑するところなんよね。。。
上賀茂神社の正式名称は「賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)」で、神代の時代から信仰を集めています。
また、下鴨神社(賀茂御祖神社)と共に賀茂氏の氏神を祀る神社で、葵祭は賀茂神社両社共同で行われています。
一の鳥居をくぐり、広い境内を歩くと神馬がいました。人が多いけど落ち着いていたよ。
その先の細殿前に作られた円錐形の「立砂(たてずな)」は、神様が最初に降臨された上賀茂神社の北2kmにある神山を模して作られたそうです。

Kamigamo01

Kamigamo02


楼門をくぐり、国宝の本殿の前に進んで参拝しました。

Kamigamo03


今年もよろしくお願いします

☆平安神宮へは
 地下鉄東西線「東山」下車、徒歩10分

☆上賀茂神社へは
 市バス「上賀茂神社前」下車、すぐ

ギャラリー
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
記事検索
  • ライブドアブログ