気ままにフォトスケッチ

お出かけ日記とデジカメ写真のブログです

2012年11月

高台寺と圓徳院 (11/20)

高台寺は東山の山麓に位置し、豊臣秀吉の菩提を弔うため、秀吉夫人の北政所(ねね)が、1606(慶長11)年に開創。1624(寛永元)年に建仁寺の三江和尚を開山に迎え高台寺と称しました。
庭園は小堀遠州の作によるもので、国の史跡・名勝に指定されています。方丈前庭には、斬新的な龍のオブジェが置かれていました。

21kodaiji

22kodaiji


広い庭園では紅葉が見ごろを迎えています。池に映るもみじもきれいでした♪

23kodaiji

24kodaiji



高台寺の西側に「圓徳院(えんとくいん)」があります。
秀吉の没後、北政所が1605年、伏見城の化粧御殿と前庭を移築して移り住みました。以後77歳で没するまでの19年間の余生を送った終焉の地です。南庭と北庭がありとても美しいです。入口の石蕗と南庭です。

25entokuin

26entokuin


ここでは、茶室で抹茶をいただくことができます。路地を通ってにじり口より入る小間の茶室です。広間とは違った古き良き風情を楽しめました♪
写真は、その茶室と北庭です^^

27entokuin

28entokuin


☆高台寺、圓徳院へは
 京都市バス「東山安井」下車、徒歩5分
 有料駐車場あり(拝観者は割引あり)

勝持寺と大原野神社 (11/20)

西京区の「勝持寺(しょうじじ)」は毎年のように訪れる好きなお寺ですが、今年も期待を裏切りませんでした^^
680年に天武天皇の勅によって役行者が創建したのが始まりで、791年に伝教大師が伽藍を再建し、薬師瑠璃光如来を本尊としました。応仁の乱によって仁王門以外は焼失してしまい、現在の建物はその後再建されたものです。
西行が植えたという「西行桜」をはじめ、約100本の桜が咲き乱れることから「花の寺」とも呼ばれています。
また、もみじも100本ほど自生しています。見上げれば真っ赤なもみじが美しいのに、訪れる人はまばらなんですよ。桜があまりにも有名だからなのかな?

05syojiji_4

06syojiji_5


緑、黄、赤のグラデーションが素敵でした^^

07syojiji_3

08syojiji_2



「大原野神社」は、784年の長岡京遷都にあたり、藤原氏出身の皇后が氏神の奈良・春日大社まで参拝するのが不便なため創建しました。その後、850年に左大臣藤原冬嗣の奏請によって現在の地に祀られました。

09oharano

11oharano


境内はもみじが多くて、色づきが進む紅葉がとてもきれいでした♪
この神社は春日大社をまねて造られたから、檜皮葺き・丹塗りの春日造の社殿、4棟の本殿など春日大社にそっくりです。伏鹿の手水所や、狛鹿、猿沢池をまねた鯉沢池もあるからおもしろいですね^^

10oharano_2

12oharano_2


☆勝持寺、大原野神社へは
 阪急京都線「東向日」下車、阪急バス「南春日町」下車
 徒歩10分(大原野神社)、20分(勝持寺)
 有料駐車場あり

室生寺の紅葉 (11/18)

室生寺は石楠花が有名ですが、ヤマモミジなどの紅葉も美しいお寺です。
室生川に架かる朱色の橋を渡って境内に入ると、大きな仁王門が出迎えてくれます。

Muro01

Muro03


境内は、緑の杉木立の中に弥勒堂・金堂・本堂・五重塔などの堂塔が美しいたたずまいを見せて立ち並んでいます。奈良時代の末期、修円によって建立され、山林修行の道場として、法相・真言・天台などの各宗兼学の寺院として独特の仏教文化を形成してきました。
また、厳しく女人を禁制してきた高野山に対し、女人の済度をもはかる真言道場として女性の参詣を許したことから「女人高野」とも呼ばれています。
写真は、境内の紅葉と国宝の金堂です。

Muro02_2

Muro04


本堂(灌頂堂)と五重塔です。屋外に建つ五重塔では日本最小の可愛い塔です。

Muro05

Muro06


奥の院へは、ここから杉木立を縫って400段の石段が続きます。息が切れた頃、ようやく到着です。

Muro07

Muro08


☆室生寺へは
 近鉄大阪線「室生口大野」下車、バスで20分
 門前に有料駐車場あり

雨の洛北散歩 -霊鑑寺- (11/17)

円成(えんじょう)山と号する尼門跡寺院で、臨済宗南禅寺派に属しています。

Reiganji01

Reiganji02


承応3年(1654年、後水尾天皇が皇女を開基をして創建し、代々、皇女が住職をつとめたので、谷御所、鹿ケ谷比丘尼御所とも呼ばれました。皇室ゆかりの寺宝が多く、池泉鑑賞式の庭や名椿が多数あり椿寺として有名です。

Reiganji03

Reiganji04


通常は非公開ですが、春の椿と秋の紅葉シーズンには特別拝観が行われます。今秋も今日から公開が始まりました。静かなお寺でゆっくり拝観できますよ♪

Reiganji05

Reiganji06


☆霊鑑寺へは
 市バス「真如堂前」下車、徒歩8分

雨の洛北散歩 -圓光寺- (11/17)

詩仙堂のすぐ近くにあり、紅葉の名所として人気のお寺です。やはり人が少なくてゆっくり庭園を眺めることができました^^

Enkoji02

Enkoji03


慶長6年(1601)、徳川家康は国内数学の発展を図るため、伏見に圓光寺(えんこうじ)を建立し学校としました。その後、圓光寺は相国寺山内に移り、さらに寛文7年(1667)に現在の一乗寺小谷町に移転されました。寺内には本尊千手観音像をはじめ、多数の重要文化財があります。

Enkoji04

Enkoji05


十牛の庭と呼ばれる庭園内には、水琴窟や栖龍池(せいりゅうち:洛北で最も古い池)があります。水琴窟の竹筒に耳を当てると、涼しげな水の音に心が洗われる思いがしました♪

Enkoji06

Enkoji01_2


☆圓光寺へは
 市バス「一乗寺下り松町」下車、徒歩8分
 駐車場あり

ギャラリー
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ