気ままにフォトスケッチ

お出かけ日記とデジカメ写真のブログです

2012年09月

アドベンチャーワールドでリフレッシュ -ふれあい広場と白浜-

最後は、ふれあい広場へ行きましょう♪
時間が遅くなったため、インコを手に乗せたり、餌をあげることなどはできませんでしたが、かわいい動物たちを見て癒されました^^
ベニコンゴウインコとフラミンゴです。すごい色彩の大きなインコにびっくりしましたが、すごくお利口さんでした。

Adventureworld22

Adventureworld23


リスザルは動きが速くてなかなか写真に撮れません。マーラは放し飼いにされていました。むしゃむしゃと芝生を食べていました^^

Adventureworld24

Adventureworld26


9月の平日の営業時間は17時まで。16時を過ぎたのでお土産を買って、ほんの少し白浜の海を見に行きました♪
そそり立つ高さ50mの断崖が2kmにわたって続く”三段壁”。漁師たちが通りゆく船や魚の群れを見張った場所「見壇」に由来するといわれています。熊野水軍の舟隠し場だったとされる洞窟もありますが営業時間切れでした。。。
すごくきれいな景色ですが、自殺の名所でもあるんよね。海を覗き込むと足がすくみます!

Adventureworld27

Adventureworld28


夕日が大きく傾いてきたので、白浜のシンボル”円月島”へ行きましょう。南北130m、東西35m、高さ25mの小島で、島の中央に円月形の海蝕洞がぽっかり開いていることから名付けられました。円月島に沈む夕陽は「和歌山県の夕日100選」に選ばれています。
水平線付近に雲があって、海蝕洞に沈む夕日は見れなかったけど、とても美しい夕日を見ることができて大満足^^

Adventureworld29



アドベンチャーワールド -海獣アトラクション- (9/19)

アニマルランドで行われる”アニマル・アクション”の時間になりました。
アシカをメインに、カワウソ、犬、鳥など動物たちが大集合!
楽しいコミカルなライブを楽しみました。

Adventureworld16


ビッグオーシャンでは”マリンライブ”がありました。ここではイルカやクジラのライブを楽しめます。開演までの待ち時間に、観客の姿をカメラが捉えてスクリーンに映し出されます。私もアップで映って恥ずかしかったよ。。。
イルカやクジラのジャンプはもちろん、トレーナーと一緒に泳いだり、とっても息の合った素敵な演技でした^^

Adventureworld17_2


海獣館では、動物たちの食事タイムでした。
ラッコが美味しそうに食べています。くるくる回転して可愛かったよ♪

Adventureworld18


ペンギン大集合です。ほとんど身動きしないで立っています。かと思ったら、手前のプールでは泳ぎまわっています。彼らの思考回路は不思議???

Adventureworld19


ホッキョクグマは疲れちゃったのかな? 居眠りする姿がなんとも可愛かったよ^^

Adventureworld20


カワウソはとってもお茶目です。忙しく動き回ったり、ちょこっと立ち上がってこちらを見つめたり♪

Adventureworld21

元興寺の萩と彼岸花 (9/22)

元興寺(がんごうじ)は、四季を通じて花が咲く美しいお寺で、しかも世界遺産に登録されているのですが、それを知っている人も少なくとても静かなお寺です^^
元興寺は、6世紀末に蘇我馬子により建立された日本最古の寺といわれる法興寺(飛鳥寺)が、平城遷都により奈良に移築されて元興寺と名を改めました。かつては南都七大寺の一つとして威勢を振い、広大な寺域には、金堂・講堂・塔・僧房などが立ち並んでいたそうです。

Gangoji01

Gangoji02


現在は極楽堂と禅室のみが残っていて、それぞれの屋根の一部には飛鳥時代・奈良時代の瓦が今もなお使われています。写真の色が違う部分(重なり合った部分)です。全然人がいないでしょう!

Gangoji03

Gangoji04


萩や彼岸花が咲いていてとても美しかったです。

Gangoji05

Gangoji06


夏から秋への変化を告げるように、芙蓉が咲き石仏の間から茎を伸ばして彼岸花が咲いています。紅白の彼岸花もきれいでしょう♪

Gangoji07

Gangoji08


☆元興寺へは
 近鉄奈良駅から徒歩15分
 無料駐車場あり

正倉院の屋根の解体現場見学 (9/22)

奈良・正倉院では、100年ぶりに正倉の屋根の葺き替えを主とする整備工事が行われています。宮内庁では、文化財建造物の保存修理の理解を深めていただこうと、この工事期間中に計5回の現場公開が実施されます。
先日、第2回公開の申込受付があり、申込んだらばっちり当たりました!

入口で受付票(はがき)を提出し、本人確認のあと、正倉院正倉に入ります。どこまで接近できるのかわくわくします♪
写真は正倉院正倉の外観です。素屋根に覆われてます。

Syosoin01

Syosoin02


正倉の束柱(つかばしら)と校木(あぜき)です。檜を用いた高床式校倉造りですね。予想以上に束柱が高く感じました。

Syosoin03

Syosoin04


床の高さの足場から見る倉内部です。内部は2階構造になっていました。建築は756年頃と思われますが、1300年を経ても内部の柱にほとんど痛みがなく驚きました。湿度の高い日本に校倉造が適しているんですね^^

Syosoin05

Syosoin06


おろされた鬼瓦と瓦です。痛んだ瓦は、天平時代の瓦に倣って製作するそうです。

Syosoin07

Syosoin08


北東部の屋根です。屋根は寄棟本瓦葺きです。こんなにも近づけるとは思わなかったのでちょっと感動です。一部を開口されているので、屋根の構造を知ることもできました^^

Syosoin09_2

Syosoin10


南西側から見た屋根と、屋外の風景です。東宝庫と大仏殿が見える絶景です。なかなかこんな風景は見れないよね♪

Syosoin11

Syosoin12


☆正倉院へは
 近鉄奈良駅から徒歩25分程度
 *工事期間は見学できません

アドベンチャーワールド -サファリワールド- (9/19)

ケニア号に乗ってサファリツアーです♪
列車タイプの専用車で、肉食動物ゾーンも走ってくれます。

Adventureworld07


迫力ある肉食動物を目の前に見るとドキドキします。トラがすぐ横にいました。

Adventureworld08


草食動物ゾーンは、自転車や歩くことができます。やさしい瞳の草食動物には癒されます。ゆっくり動物を見ながらウォーキング・サファリを楽しみました♪
アフリカゾウの後ろをケニア号が走っています。マントヒヒは高いところで何を思っているのでしょう?

Adventureworld09

Adventureworld10


肉食動物の一部も見ることができます。チーターやライオンは、暑くて木陰でのんびりしていました。

Adventureworld11

Adventureworld15


ブラックバックの群れです。安心できるパークでも警戒は怠りません。

Adventureworld12


アジア水牛が泥水を浴びていました。気持ちよさそうだけど、水牛との混浴はちょっと遠慮しておきます(笑)

Adventureworld13


クロサイが巨体をゆすって向かってきました。迫力あるよ!

Adventureworld14

ギャラリー
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
記事検索
  • ライブドアブログ