気ままにフォトスケッチ

お出かけ日記とデジカメ写真のブログです

2012年07月

花の淡路島 -淡路SA~あわじ花さじき- (7/21)

本州と四国を結ぶ淡路島は、豊かな自然や独自の文化・歴史の宝庫。
趣向を凝らした複合施設が温かく迎えてくれる公園の島です。

予想どおり中国道は渋滞だったので、阪神高速湾岸線~ハーバーハイウェイ~国道2号線~明石海峡大橋のルートで淡路島に入りました。このルートはまったく渋滞してなくて1時間半ほどで淡路SAに到着しました^^

ここからは明石海峡大橋の眺めがきれいです♪
神戸市垂水区~淡路市を結ぶ、橋長3911m、中央支間1,991mの世界最長の吊り橋。建設中に阪神淡路大震災に遭い、岩盤が動いたため、橋長が設計段階から1m延びたそうです。SAは人がいっぱいだったので写真を撮っただけ。。。

01akashikaikyou

02akashikaikyou


「あわじ花さじき」に行ってみましょう。
大阪湾や明石海峡大橋が見える丘陵に、兵庫県が設置した約16ヘクタール(甲子園球場の4倍)の広大なお花畑です。雄大で花のパノラマが広がる光景はミニ北海道って感じでした。入園も駐車も無料で嬉しかったです^^

03hanasajiki

04hanasajiki


園内の展望台から見ると大阪湾が見えます。いちばんきれいなのは、菜の花が咲くころだそうです♪

05hanasajiki

06hanasajiki


ランチは淡路ハイウェイオアシスで「あなご1匹使った天丼」を食べました。ボリューム満点で美味しかったよ^^

07anagodon


明石海峡大橋の真下にある「道の駅あわじ」にやってきました。
潮の流れが速い海峡では、たくさんの人が釣りをしていました。小アジやベラが釣れるそうです。橋の下は風がとても気持ちよかったです♪
青い空に浮かぶ入道雲と、一直線に架かる明石海峡大橋の眺めもいいものですね^^

08mitinoeki

09mitinoeki


☆淡路SAへは
 神戸方面から明石海峡大橋を渡ってすぐ
 上下線共用のSAです
 路線バスあり

☆あわじ花さじきへは
 神戸淡路鳴門自動車道「淡路IC」から約12分
 無料駐車場あり

ラベンダーパーク多可 (7/16)

中国道滝野社ICから北へ60分、建設工事中の県道丹波・加美線の集客施設として、地元と行政が一体となって平成20年にオープンしました。
3.5haのラベンダー園を中心に、ラベンダーを使った体験や研修、物品の販売、芝生広場や里山森林からなっています。
とくにラベンダー園は5haにも及ぶ西日本最大級の規模です。

Taka01

Taka02


ラベンダーはシソ科ラヴァンドュラ属の植物で、地中海沿岸からアフリカ北部を中心に、インドやオーストラリアなど世界中で栽培されています。30種以上の原種があり、栽培品種は100種を超えるそうです。
薬用、芳香、入浴剤、オイル、虫除けなど、生活に役立つ植物として広く利用されています。
近寄るだけで良い香りがしますが、軽く触れると一段と香りが増します^^

Taka03

Taka04


ラベンダー園は、なだらかな丘陵地に広がり、眼下には棚田の原風景を望めます。リフレッシュしたい人にはお勧めだよ^^

Taka05

Taka06


☆ラベンダーパーク多可へは
 滝野社I.Cを降りて国道175号から427号を経由して約60分
 無料駐車場あり

因幡街道 平福宿 (7/16)

平福(ひらふく)は、南北朝時代に城下町として栄えましたが、一国一城令による利神城廃城のため、わずか30年で城下町としての用を終えました。
やがて陣屋や鳥取藩本陣が置かれる因幡街道最大の宿場町へと姿を変えました。
写真は、本陣跡と陣屋門代官所跡です。

Hirahuku01

Hirahuku02


因幡街道を歩くと古い商家などがその面影をとどめます。写真は、平福郷土館(牢屋敷跡)と因幡街道の町並みです。

Hirahuku03

Hirahuku04


かつて高瀬舟が行き交い水運で賑わった佐用川沿いの、土蔵や川座敷が川面に映える川端風景は、しばしば時代劇のロケ地になっています。
宿場町を歩いてみるのもいいものですね^^
しっかし、暑かった。。。

Hirahuku06

Hirahuku07


☆平福宿へは
 中国自動車道「佐用IC」から5分  道の駅や平福駅前などに駐車できる
 JR姫新線「佐用」駅から智頭急行に乗り換え「平福」下車。本数が少ないので注意。

ひまわり畑 (7/16)

広大なひまわり畑がある佐用町は、兵庫県の南西部に位置していてすぐ西は岡山県です。町内の中央に全国名水百選の清流「千種川」が流れています。
中国自動車道佐用ICから10分ほど走ると、突然ひまわり畑が目に飛び込んできます。スポーツ公園に臨時駐車場が開設されてとっても便利です。わくわく♪

Himawari01


入園料100円を支払ったら”ひまわりの種”をくれます。あとはご自由にどうぞ♪
同じ方向を向いている姿は圧巻です!

Himawari02

Himawari03


青空を背景に、夏の太陽に向かって誇らしげに大きな花を咲かせています。見ているだけで元気をいただきました^^

Himawari04

Himawari05


ひまわりの雌しべのかたちって知ってますか?
ハートのかたちをしてるんだよ。かわいいでしょう♪

Himawari06


千種川を遡っていくと”ひまわり館”に到着。簡単な食事ができ、ひまわりの種子から搾ったひまわり油やボディソープなどの特産品を売っていました。写真は、ひまわりのドレッシングを使った”ひまわりうどん”と、ひまわりの種入り”ひまわりソフト”です。美味しかったよ^^

Himawari07

Himawari08


☆佐用町のひまわり畑へは
 姫路からJR姫新線「播磨徳久」駅下車。本数が少ないので注意。
 中国自動車道「佐用IC」から、約20分 臨時有料駐車場あり

ラベンダーが揺れる香りの丘  -メナード青山高原リゾート- (7/14)

伊賀上野から南下すること32kmほどの高原に「メナード青山高原リゾート」があります。
標高600mの青山高原の壮大な大自然に囲まれた、リラクゼーションとリフレッシュをテーマにしたリゾート施設です♪

ハーブガーデンではラベンダーが見ごろを迎えていました。ただ、今年は天候不順で生育が思わしくなく、株が小さく花も少なかったです。

Menard01

Menard02


アップにしてみました。香りも届きそうでしょう♪

Menard03

Menard04


ダリアとカモミールです。すごくきれいでした^^

Menard05

Menard06


テラスでランチ&ラベンダー・ソフトクリームです。
自然の風がとっても気持ちよかったです。

Menard09

Menard10


こちらは紫陽花園です。高原では紫陽花がまだ綺麗に咲いていました^^

Menard07_2

Menard08


☆メナード青山リゾートへは
 名阪国道(R25)上野東ICから、約32km(40分)
 無料駐車場あり

ギャラリー
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ