気ままにフォトスケッチ

お出かけ日記とデジカメ写真のブログです

2012年07月

鯖街道 熊川宿 (7/27)

「京は遠ても十八里♪」
若狭湾で捕れた鯖を一晩寝ずに京へ運ぶと、ちょうどよい塩加減になったといいます。京の都では若狭の魚が重宝されていたんですね。
また、若狭の鯖は丹波篠山へも運ばれていたそうです。丹波篠山にも鯖寿司があるのが頷けますね^^
熊川は江戸時代を通じて近江国境に接する宿場町として大いに繁栄していきました。

11kumagawa

12kumagawa


大陸文化の玄関としての小浜から日笠、熊川、朽木、大原を経て京都への若狭街道。いつしか鯖街道とも名付けられた中継地点の熊川。歴史を感じさせる町並みの散策が楽しいです♪

13kumagawa

熊川村役場だった建物は資料館となりました。鯖寿司や葛まんじゅうなどが特産です。

14kumagawa

16kumagawa


熊川葛を使った葛まんじゅうは夏の風物詩となっています。まろやかな口当たりで上品な味わいででした^

15kumagawa_2

18kumagawakuzu


☆熊川宿へは
 京都・大阪からは、名神高速京都東ICから、R161、R303で
 無料駐車場あり

百花繚乱の箱館山ゆり園 (7/27)

箱館山スキー場の琵琶湖側のなだらかな斜面に、2009年に関西でも最大級のゆりの楽園が誕生しました。約50,400平方メートルの広大な敷地に、約50種、250万輪の色とりどりのゆりが咲き誇ります。ほかにもレストランやキッズワールド、ワンちゃん広場など、さまざまな愉しみが待っています♪

8人乗りゴンドラで標高627メートルのゴンドラ山頂駅まで上がると、爽やかな風がゆりの香りを運んできました。

03hakodateyama

04hakodateyama


あいにく霞んでいたけれど、眼下にびわ湖を臨む丘に色鮮やかに咲く250万輪のゆりの競演は素晴らしい景色でした♪

06hakodateyama

06hakodateyama_2


広い広いゆり園、色鮮やかなゆりを眺めながら歩きます。強い芳香の花や、甘く艶かしい香りの花など、ゆりの香りも楽しめました^^

07hakodateyama

09hakodateyama


アップでも写してみました。すっごく綺麗だったよぉ~

10hakodateyama


☆箱館山へは
 JR湖西線「近江今津駅」からのバス
 京都・大阪方面から、名神高速「京都東IC」から約31km  無料駐車場あり

畑の棚田 -滋賀県高島市- (7/27)

夏期休暇をとって、湖西地方や鯖街道をドライブしました♪

最初に訪ねたのは「畑の棚田」です。
高島市畑地区に、滋賀県内で唯一「日本の棚田百選」に選ばれた棚田があります。傾斜を利用して幾重にも広がる棚田。すり鉢状に連なる棚田に見守られるような集落があります。
まさに日本の原風景ですね^^

ここでは棚田オーナー制度によって都会との交流事業が行われ、棚田保全に努められています。
緑一色の棚田が、実りの秋には静かな山里を黄金色に染め上げるんだろうな♪

02tanada

01tanada_3


☆畑の棚田へは
 車では、国道161号線 近江高島駅から約20分
 JR湖西線「近江高島」駅下車、畑行きバス



花の淡路島 -淡路市夏祭り- (7/21)

国営明石海峡公園では、第7回淡路市夏祭りが開催されていました。前日は大雨だったそうでラッキーでした^^
国営明石海峡公園は、明石海峡大橋を挟んで淡路島と神戸市を舞台に広がる国営公園です。淡路地区は、土取り場跡地が花と緑あふれる公園に生まれ変わりました。「環境を守り・育てる」自然と人とのふれあう未来型公園として整備されました。
ポプラの丘には美しいポプラ並木があります。インパチェンスの花壇もすごくきれいです^^

14kokueikoen

15kokueikoen


春にはチューリップがすごくきれいだそうです。春にまた来てみたいな♪

16kokueikoen

17kokueikoen


お祭りのクライマックスは「花火大会」です。5000発の打ち上げ花火がとても迫力があってきれいでした^^

18kokueikoen

19kokueikoen


帰りに淡路SAに立ち寄ってみました。期待どおり、明石海峡大橋と観覧車のイルミネーションが素敵でした^^
ゆっくり鑑賞して、橋を渡っていたら午後10時になりました。突然イルミネーションが消えて真っ暗な橋に。。。イルミネーションが見たい人は10時までに行きましょう^^

20akashikaikyo

花の淡路島 -奇跡の星の植物館- (7/21)

岩屋の道の駅あわじから10分ほどで「淡路夢舞台」です。
壊された自然を人の手によってよみがえらせる。人が木を植え、再び、緑の森をつくりあげる。そんな構想から生まれたのが淡路夢舞台です。
温室植物園、野外劇場、レストラン、国際会議場、リゾートホテルなどがあり、家族のお出かけやデートスポットとして人気の自然豊かなリゾート施設です。

あまりに暑いので、傾斜を利用した階段状の花壇”百段苑”や、美しい庭園を歩くのは無謀。。。
というわけで、”奇跡の星の植物館”という県立の温室へ行きましょう。温室とはいえ、暑い夏は温室内のほうが温度が低くて快適なんよね^^
今夏は節電の取り組みで入館料が半額でした。ラッキーです♪

10shokubutukan

11shokubutukan


温室内ではカラフルな花が咲いてとてもきれいです。ゆっくり時間をかけて、美しい花や植物を見て歩きました^^

12shokubutukan

13shokubutukan


2012年7月21日は第7回淡路市夏まつりです。隣接する国営明石海峡公園では屋台が並び、午後8時15分から花火大会もあります。まだ時間が早かったけど、淡路夢舞台をあとにしました。

☆国営明石海峡公園へは
 神戸淡路鳴門道「淡路IC」から約5分
 新神戸・三宮よりバスで60分(夢舞台前下車)
 有料駐車場あり

ギャラリー
  • 海軍ゆかりの海の京都「舞鶴を散策」(6/17)
  • 海軍ゆかりの海の京都「舞鶴を散策」(6/17)
  • 海軍ゆかりの海の京都「舞鶴を散策」(6/17)
  • 海軍ゆかりの海の京都「舞鶴を散策」(6/17)
  • 海軍ゆかりの海の京都「舞鶴を散策」(6/17)
  • 海軍ゆかりの海の京都「舞鶴を散策」(6/17)
  • 海軍ゆかりの海の京都「舞鶴を散策」(6/17)
  • 海軍ゆかりの海の京都「舞鶴を散策」(6/17)
  • 海軍ゆかりの海の京都「舞鶴を散策」(6/17)
記事検索
  • ライブドアブログ