気ままにフォトスケッチ

お出かけ日記とデジカメ写真のブログです

2012年06月

宝筐院の緑の庭園 (6/9)

宝筐院(ほうきょういん)は、平安時代に白河天皇の勅願寺として創建され、「善入寺」と名づけられました。
その後平安・鎌倉時代にかけて数代にわたり皇族が入寺して住持となりました。さらに、南北朝時代の貞和年間(1345~50)に夢窓国師の高弟の黙庵周禅師が入寺し、衰退していた寺を復興させ臨済宗の寺となりました。そして八代将軍義政の代に宝筐院と改められました。写真は本堂です。

Hokyoin03

Hokyoin04

Hokyoin04_2


宝筐院はもみじが多く美しい庭園があります。拝観料を納めて木戸をくぐると、庭園の中をまっすぐ伸びる通路と生い茂る木々と苔に圧倒されます。すごく印象的な風景ですよ♪

Hokyoin01_2

Hokyoin02_2


ふと見ると雨粒をいっぱい蓄えたサツキが鮮やかでした!

Hokyoin05


美しい紫陽花も咲いています。雫が光ってめっちゃ感動的でした^^

Hokyoin06

Hokyoin07


☆宝筐院へは
 嵐山から徒歩20分
 駐車場なし

霧雨の梅宮大社 (6/9)

梅宮大社(うめみやたいしゃ)は京都市右京区にある神社です。
橘氏の氏神として綴喜郡井手町に祀られたものを、檀林(だんりん)皇后橘嘉智子が現在の地に移し、皇子の誕生を祈願したところ、のちの仁明天皇を懐妊されました。以来子授・安産の神として尊ばれ、本殿東のまたげ石をまたいだり産土を受ける風習があります。また、酒造の神としても信仰を集めています。

Umemiya01


神苑には、霧島つつじ、花菖蒲、紫陽花などが咲き誇ります。霧雨でしたが、花菖蒲や紫陽花がとてもきれいでした^^

Umemiya02

Umemiya03


神苑をゆっくり散策します。雨に濡れた風景もきれいでしょう♪

Umemiya04

Umemiya05


紫陽花もきれいに色づいてきました。ここは紅い色のあじさいが多かったよ。

Umemiya06

Umemiya07


☆梅宮大社へは
 阪急嵐山線「松尾」駅下車、徒歩10分
 無料駐車場あり

ごろごろ水とみたらい渓谷 (6/5)

新緑のみたらい渓谷を歩いてきました。
みたらい渓谷は奈良県吉野郡天川村にある渓谷で、エメラルドグリーンの神秘的な淵、大小の滝、巨岩がごろごろしています。渓谷に沿った遊歩道や吊り橋からは渓流や滝を間近に眺めることもできます。

ごろごろ水を汲みに行きました。天川村洞川の鍾乳洞から湧き出す名水です。鍾乳洞内を流れるときにゴロゴロという音がするところから名づけられたとか。たくさんの人が組にきておられました。ひんやりして美味しかったよ♪

01gorogoro


鍾乳洞モアあり、はモノレール(トロッコ)で行けますが、午前中の運転が終わったところだったので行けなくて残念でした。
ランチは蕎麦と柿の葉寿司と名水豆腐のセットです。美味しかったです^^

02soba


天川村に入ると曇り空でときおり小雨が降っていました。濡れていると足元に注意が必要ですが、岩や木々の緑がとてもきれいです♪

03mitarai

04mitarai


かわいい花が咲いています♪

05mitarai


緑の中に見える大小の滝が素敵です。マイナスイオンをたっぷり浴びてリフレッシュできました^^

06mitarai

07mitarai


☆みたらい渓谷へは
 近鉄吉野線「下市口」駅下車、バスで54分「天川川合」下車、徒歩45分
 西名阪道「郡山IC」から約2時間

六甲高山植物園 (6/3)

六甲高山植物園は、六甲山頂付近に位置します。
海抜865m、年平均気温約9℃(北海道南部に相当)で、世界の高山植物や寒冷地の植物を中心に、湿性植物や六甲山自生植物など、約1500種類の野生植物を栽培しています。
昭和8年に植物学者である牧野富太郎博士の指導により開設し、昭和30年に博物館相当施設の指定を受けました。園内はロックガーデン、湿性植物区、樹林区などにわけ、それぞれの植物にあわせた環境のもと、自然に近い状態で植栽しています。
湿地帯ではニッコウキスゲが咲きはじめていました。

08kozan

09kozan


ヒマラヤの青いケシとユリの花です。だれもが憧れる秘境の花ブルーの花がとてもきれいでした。控えめに咲くユリもきれいでした^^

10kozan

11kozan


神秘的なアクアブルーの葉に艶やかなピンクの花が調和して、気品に満ちたコマクサ。この愛らしいコマクサの自生地は高山の砂礫地で、地面は崩れやすく、絶えず強風が吹くような厳しい環境なんです。細くしなやかな根を1m近くもはりめぐらせているそうです。すごいね!

12kozan

13kozan


そのほか、ロックガーデンを中心に咲き乱れる高山植物を写真に収めました。名前を知らない花がほとんどなので写真だけ(汗)

14kozan

15kozan

16kozan

17kozan

18kozan

19kozan


☆六甲高山植物園へは
 阪神「御影」、JR「六甲道」、阪急「六甲」駅より、神戸市バス、六甲ケーブル、六甲山上バスを乗り継いで。
 有料駐車場あり

神戸布引ハーブ園 (6/3)

布引ハーブ園は、新神戸駅近くからロープウエーで約10分。
6人乗りのゴンドラで神戸の街並みや美しい布引の滝を眺めていると、布引ハーブ園頂上駅に到着しました。

01nunobiki


ローズカフェで、バラの香りが素敵なローズティーを楽しみました♪

02nunobiki

03nunobiki


ラベンダーはまだ咲き初めでしたがきれいでした。

06nunobiki

07nunobiki


ハーブとは、料理や薬用などの暮らしに役立つ香り高い植物のことで、何千種類もあるそうです。ここでは、約150種、75000株が植えられています。ヨーロッパのイメージが漂う園内でハーブに囲まれ、こころもからだもリフレッシュできました^^

04nunobiki

05nunobiki_2


☆布引ハーブ園へは
 新神戸駅から徒歩5分の「ハーブ園山麓駅」からロープウェイで。
 布引の滝を経由するハイキングも。

ギャラリー
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ