気ままにフォトスケッチ

お出かけ日記とデジカメ写真のブログです

2012年05月

洛北散歩 -詩仙堂- (5/29)

叡山電車に乗って一乗寺駅で降り、詩仙堂を訪ねます。

一般に詩仙堂と呼ばれますが、正しくは「凹凸彙(おうとつか)」で、詩仙堂はその一室です。凹凸彙とはでこぼこした土地に建てられた住居という意味。現在は曹洞宗大本山永平寺の末寺です。

23shisendo


石川丈山が寛永18(1641)年に造営し、この庵で31年間隠棲しました。丈山は90歳で没するまで、ここで清貧を旨とし、聖賢の教えを自分の勤めとしていたといいます。
詩仙堂の名の由来は、中国の漢晋唐宋の詩歌三十六人の肖像を狩野探幽に描かせ、図上にそれ等各詩人の詩を丈山自ら書いて四方の壁に掲げた「詩仙の間」を中心としているとこらから呼ばれています。
目の前の庭園はサツキの刈り込みが印象的です。花も咲きはじめてきれいでした♪

24shisendo

25shisendo


庭園を散策もできます。庭園から見る風景もいいでしょう^^

26shisendo

28shisendo


ときおり聞こえる獅子脅しの音が静寂の中に響き渡ります。こんなところに住んでみたいものです♪

27shisendo


☆詩仙堂へは
 叡山電車「一乗寺」下車、徒歩10分
 市バス「一乗寺下り松町」下車、徒歩7分

洛北散歩 -貴船神社と川床- (5/29)

洛北散歩のメインは「貴船の川床」です。5月の平日ということで、手ごろなプランがあったので行ってみました^^

お昼にはまだ早かったので、貴船神社を参詣しましょう。たっぷり石段を歩いた後にまた長い石段です。。。

15kibune

16kibune


貴船神社は、反正天皇の時代に玉依姫が黄船に乗って、浪速から淀川・鴨川と遡り上陸したところに水神を奉り祠を建てたのがはじまりです。水の神様としての信仰はもとより、心願成就、えんむすび、の神様としての篤い信仰が続いています。
高校生達がおみくじを見ずに浮かべてました^^

17kibune

18kibune


いよいよ川床です。少し時間が早かったけど席に通してくれました。

19kibune

20kibune


貴船の川床は貴船川の水面のすぐ上に造られます。手を伸ばせば水面に届くような高さで、ひんやりした空気に包まれ、清流の音が心地よかったです♪

21kibune

22kibune


ところが食べ始めた途端、雲行きが怪しくなり雷が鳴り雨が落ちてきました。これでは危険ということで、急遽座敷に移って食事再開となりました。とても残念ですが天候には勝てないし、両方の雰囲気を味わうことができてよかったと思うことにします。いつかリベンジするぞ(笑)
4品(八寸、若鮎、そうめん、揚げ物)の写真を組み合わせました。料理はとても上品で、とくに若鮎はすごく美味しかったです^^

Lunch


☆貴船へは
叡山電車「貴船口」下車、京都バスで約5分(冬期は運休)

洛北散歩 -鞍馬寺- (5/29)

振替休暇を利用して、京都・洛北を歩いてきました♪
晴れたり曇ったり、突然の雷や大雨も、といった不安定な天気でしたが、幸い雨に濡れることはありませんでした。それ以上に雨上がりの美しい緑を堪能できました^^

叡山電車は出町柳と八瀬比叡山口を結ぶ叡山本線と、途中の宝ヶ池から分岐し鞍馬に至る鞍馬線の2つの路線があります。窓に向かって座るパノラミック電車「きらら」から見える新緑がとてもきれいでした。

01eiden

02eiden


終点「鞍馬」で降りるとまず目に付くのは大きな天狗の像です。鞍馬といえば天狗が有名でしょう^^

03kurama

04kurama


ほどなく仁王門です。入山料を納めてケーブルを利用しました。九十九折の参道を歩いて由岐神社へ行こうか迷いましたが、次の目的があるので今回はパス。ケーブル終点には多宝塔があります。新緑がきれいでした。

05kurama

06kurama


石段を上っていくと、息つぎの水があります。牛若丸が奥の院へ兵法の修行に通う途中、この清水で喉の渇きをうるおしたと伝えられています。少し息が切れるあたりにあるんよね^^
息つぎの水の先に屏風坂の地蔵堂がありました。延々と石段が続いています。

07kurama

08kurama

石段を上っていくと、息つぎの水があります。牛若丸が奥の院へ兵法の修行に通う途中、この清水で喉の渇きをうるおしたと伝えられています。少し息が切れるあたりにあるんよね^^
息つぎの水の先に屏風坂の地蔵堂がありました。延々と石段が続いています。

09kurama

10kurama_2


岩盤が固く地下に根が張れない杉の根が見事な「木の根道」。ここで牛若丸が兵法の稽古をしたそうです。

11kurama

12kurama

金堂から860mでようやく奥の院です。距離は長くないけど、石段の連続だから結構疲れます。。。
小休止のあと、ひたすら石段を15分ほど下ると貴船に到着しました。

13kurama

14kurama


☆鞍馬へは
 叡山電車「鞍馬」駅からすぐ
 ただし、金堂までは約1kmあります

荒巻バラ公園 (5/26)

スカイパークをあとに、荒巻バラ公園を目指します。近づくと道路の両側にバラの植え込みが続いていて、とってもきれいでした♪

荒巻バラ公園には、250種1万本が南欧風のおしゃれな園内一帯に咲き乱れます。

Rose01

Rose02


公園は10mの高低差を生かして整備され、アンティックなレンガ造りの植え込みや列柱、スパニッシュ瓦を葺いた白壁の建物、背後に植えられた樹木などが、南欧風の建築空間を演出しています。

Rose03

Rose04

公園の地下はホールとなっていて、地上から地下へ井上武吉氏作の、自由、平等、人類愛を象徴とする3本の柱が深く根をおろし、静寂の世界・瞑想空間を作り出しています。
バラはまさに満開見頃で美しく、公園はバラの香りに包まれていました。

Rose05

Rose06


☆荒巻バラ公園へは
 JR、阪急「伊丹」からバス
 中国自動車道「宝塚」ICから約10分 有料駐車場あり

伊丹スカイパーク (5/26)

少し歩くと汗ばむ気候となった今日は、伊丹スカイパークへ行ってみました。
空港ターミナルの向かい側にあり、滑走路のすぐ横に隣接する公園です。

Airport01


丘の上からは迫力ある航空機の離着陸を間近で見ることができました^^
発着する飛行機を眺めていたら、飛行機に乗って旅行したくなりました♪

Airport03

Airport04


☆伊丹スカイパークへは
 JR、阪急「伊丹」駅から市バスで
 有料駐車場あり

ギャラリー
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
記事検索
  • ライブドアブログ