気ままにフォトスケッチ

お出かけ日記とデジカメ写真のブログです

2012年04月

青空に映える初夏の花  -石光寺のぼたん- (4/28)

かつて古墳時代にこの地を領有していた豪族・葛城氏ゆかりの地に石光寺があります。
石光寺は、天智天皇の時代、光を放つ土地があるので掘ったところ、光かがやく弥勒三尊の石像が出てきました。そこで勅願により、役小角が堂宇を建立、石光寺と称したのが起こりという古刹です。
また、中将姫ゆかりの寺で、境内に蓮糸曼荼羅の糸を染めたという染の井があり、寺名は別称染寺(そめでら)と呼ばれています。
写真は境内の牡丹と染の井です。

14sekkouji

15sekkouji


石光寺は當麻寺とともに牡丹の名所として知られ、500種、4000本の牡丹が咲き競います。

18sekkouji

19sekkouji


境内は初夏の色鮮やかな花に埋もれていました。牡丹のほかにも芍薬、小手鞠、石楠花などとっても美しかったです♪

16sekkouji

17sekkouji


こんなにも美しいお寺ですが観光客の姿はまばら!
牡丹の名所の長谷寺はすごい人が押し寄せるのとは対照的です。駅からゆっくり歩いて15分くらいだし、無料駐車場もあるので、ゆっくり牡丹を鑑賞したい人におすすめです^^

☆石光寺へは
 近鉄南大阪線「二上神社口」下車、徒歩15分
 無料駐車場あり

青空に映える初夏の花  -船宿寺のつつじ- (4/28)

橋本から京奈和道を奈良方面へ走ります。御所市に入ってすぐ船宿寺(せんしゅくじ)があります。725(神亀2)年に葛城王朝のあったこの地に、行基が夢枕に現れた老人に「山の中に船形の大きな岩がある。岩の上に薬師如来を祭るように」と告げられ、その地に庵を立てたのが始まりといいます。
写真は大手鞠とクルメツツジです。

06senshukuji

09senshukuji


境内には1000株ものツツジやサツキに埋め尽くされますが、今年は開花が遅く、本堂裏に咲く石楠花がきれいでした。

07senshukuji

08senshukuji


裏山を借景にした池泉回遊式庭園にはツツジやハナミズキなどが咲き乱れ、境内から眺める金剛山、葛城山の雄姿も素敵です♪

10senshukuji

11senshukuji


芝桜が満開でした。藤にはハナアブが飛び交っていました♪

12senshukuji

13senshukuji


☆船宿寺へは
 JR、近鉄「御所」下車、奈良交通バス「船路」下車、徒歩10分
 有料駐車場あり

青空に映える初夏の花  -子安地蔵寺の藤- (4/28)

絶好の行楽日和となったGW初日☆
もちろんジッとしてられず、咲きはじめた初夏の花を楽しみました♪

橋本市にある子安地蔵寺は、”藤の寺”として有名です。
737(天平9)年、行基菩薩によって開かれた古刹で、本尊の地蔵菩薩立像も行基の手によるものと伝えられています。安産・子育ての守護に霊験あらたかなことから、「子安地蔵」と呼ばれ親しまれています。
1581(天正9)年に信長の高野攻めの兵火により地蔵堂を焼失しましたが、1650(慶安3)年に紀州藩主により復興されました。

01koyasujizoji

02koyasujizoji


境内には8種類20数本の藤が美しい花を咲かせます。今年は開花が少し遅れ、見頃は5月初めかな?
それでも、野田藤や白藤がとても美しく、甘い香りに包まれていました♪

03koyasujizoji

04koyasujizoji


咲きはじめたツツジもきれいでした^^

05koyasujizoji


☆子安地蔵寺へは
 南海高野線「御幸辻」下車、徒歩25分
 有料駐車場あり

万博公園のチューリップ (4/21)

爽やかに晴れて気持ちの良い天気になりました。明日は雨の予報なので、ちょこっと万博公園を歩いてきました。チューリップフェスタが開催されていて、華やかな春を感じました^^

01banpaku

02banpaku


チューリップを見ると笑顔になります♪

03banpaku

04banpaku


春の花がたくさん咲いていました。自然文化園や日本庭園で見かけた花と風景がとってもきれいでした。写真はチューリップとミツバツツジです。すごくきれいな色でした^^

05banpaku_3

06banpaku


ヤマブキとドウダンツツジです。

07banpaku

10banpaku


モミジの新芽です。可愛い葉っぱがきれいだったよ。

08banpaku

09banpaku


八重桜も満開!

13banpaku


ツバキとスミレです。

11banpaku

12banpaku


水のある風景もいいでしょう♪

14banpaku

18banpaku


ベンチや茶室できれいな新緑を眺めるのもいいね^^

15banpaku

17banpaku


☆万博記念公園へは
 大阪モノレール「万博記念公園」下車、すぐ
 有料駐車場あり

造幣局 「桜の通り抜け」 (4/20)

夕方、梅田へ出張した帰りに「造幣局の桜の通り抜け」を楽しんできました。
どんより曇っていて、時折小雨がぱらつく天気だったけど、人が少なくてのんびり眺めることができました♪

Zoheikyoku01

Zoheikyoku02


この通り抜けは、明治16年に当時の局長の「局員だけの花見ではもったいない。市民とともに楽しもうではないか」との提案で、構内の桜並木の一般開放が始まったそうです。粋な計らいですね^^

Zoheikyoku03

Zoheikyoku04


このガス燈は創業当時のものだそうです。

Zoheikyoku05


造幣局には、関山や楊貴妃など約120品種、約370本も植えられていて、その大半は遅咲きの八重桜です。全長560mの通路をきれいな桜を見ながら歩くのもいい感じです♪

Zoheikyoku06


☆造幣局(通り抜け)へは
 地下鉄谷町線、京阪電車「天満橋」下車、徒歩10分
 (桜の通り抜けは、天満橋側から北門へ一方通行です)

ギャラリー
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
  • 屋久島3日間の旅 -紀元杉とヤクスギランド- (4/21)
記事検索
  • ライブドアブログ