気ままにフォトスケッチ

お出かけ日記とデジカメ写真のブログです

2012年01月

木彫りの龍が天井に住む神社 (1/8)

辰年にちなんで京都の東福寺の近くにある瀧尾神社(たきお)へ行ってみました。
この神社には、弁財天の使いとされる全長8メートルもの木彫りの龍が天井に住んでいます!
豊臣秀吉が方広寺大仏殿を建立する際、1586年にこの地に移り、泉涌寺の僧に守られてきたといわれています。

Takio01


江戸末期~明治の九山新太郎による彫刻で、夜な夜な神社を抜け出したという逸話もあります。
とにかくド迫力でした^^

Takio02

Takio03


☆瀧尾神社へは
 JR・京阪「東福寺」駅下車、徒歩5分

初詣 奈良と神戸へ (1/1)

新年あけましておめでとうございます
 今年も楽しい日記が書けるような充実した日々を送りたいです!
 
 今年もどうぞよろしくお願いします☆



大阪は天気予報に反して穏やかな新年を迎えました。今年は、近鉄奈良線と阪神電車が一日乗り放題の”初詣チケット”を買って、奈良と神戸へ行こうという企画です。紅白を観て、除夜の鐘の音を聞きながらいざ奈良・春日大社へ初詣♪

近鉄奈良駅は空いていたけど、春日大社の二の鳥居から人がびっしり!
南門で入場制限をしていて、45分かかりました。前回は明け方に参拝したのでガラガラだったんだけどなあ。。。

今年は辰年なので、まず末社の「金龍神社(きんりゅうじんじゃ)」を参拝しましょう。
後醍醐天皇ゆかりの神社で、元弘の変により後醍醐天皇が笠置へ逃れる途中で身を隠され、宮中に伝わる鏡を奉納し天下泰平を祈ったと伝えられています。祭神は金龍大神(金運、開運を守ってくださる神様)で、毎月初めの辰の日に初辰祭がおこなわれます。金龍神社って名前のわりに可愛いお社ですね^^

01kinryu


春日大社に参拝したあと、東大寺二月堂へ向かいました。二月堂では、0時から観音経の読誦が行われます。また、3日間は二月堂内で万灯明を灯されています。

02nigatsudo


二月堂から大仏殿へは石灯籠にも点火されているので明るくて歩きやすかったです。大仏殿では、元旦の0時から8時まで大仏殿中門を開扉され、正面の桟唐戸が開かれ、大仏さまのお顔を参拝することができます。中門の開扉と桟唐戸の開放されるのは、8月15日の万灯供養会の夜と元旦の年2回だけなんですよ。

03daibutsuden


深夜の初詣から家に帰って少し寝たあと、おせちとお雑煮で新年を祝います。
さて、10時過ぎから初詣第二弾です♪

神戸の鉄人28号モニュメントを見てみたくて、近鉄・阪神電車を乗り継いで三宮へ。さらにJRに乗り換えて新長田駅で下車しました。
鉄人28号モニュメントは、阪神淡路大震災からの復興のシンボルとして、また神戸の新たな観光資源として新長田・若松公園に建設されました。
巨大なモニュメントは力強く、昨年の東日本大震災の復興にも力を貸してもらえそうに感じました!

05tetsujin

06tetsujin


最後に、三宮の生田神社へ行きましょう。生田神社は1800年以上の歴史を有しています。生田の神を守る家、神戸(かんべ)が神戸という地名の由来だそうです。生田は元々は活田であり、活き活きとした生命力溢れる場所という意味です。

04ikutajinja

ギャラリー
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
  • 梅雨の京都散策 -建仁寺、両足院- (6/30)
記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ