気ままにフォトスケッチ

お出かけ日記とデジカメ写真のブログです

2011年12月

京都府立植物園のイルミネーション (12/24)

寒~い クリスマスイヴですが、京都府立植物園に行ってきました。
イルミネーションが輝いてとってもきれいでした☆
観覧温室も無料開放され、ポインセチアがすごくきれいでした^^

夜間開園の最終日でしたが、人が多くなくてゆったり見れました☆
ただ、寒かったので早足になったかな。。。

いきなりの光の海にうっとり♪

Syokubutuen01

Syokubutuen02


樹木や花壇が約12万球のLEDで装飾されています☆

Syokubutuen03

Syokubutuen04


観覧温室ではポインセチア展が開催中!

Syokubutuen05

Syokubutuen06


温室の前の池に映るイルミネーションも幻想的で綺麗だよ♪

Syokubutuen07

Syokubutuen08


☆京都府立植物園へは
 市バス「植物園前」下車、正門へ
 地下鉄「北山」駅下車、北山門へ
 有料駐車場は正門前にあります

OSAKA光のルネサンス2011 (12/16)

仕事の帰りに、中之島で開催中の「OSAKA光のルネサンス」を見てきました。
中之島一帯が光に包まれて、とっても美しかったです☆

中央公会堂では、ネオ・ルネッサンス様式のデザインや形を生かして、壁面に光の絵が描かれます。素敵な演出でした。エミレーツ航空の宣伝でもあったけどね。

Hikari01

Hikari02


大阪市庁舎の玄関にはゴージャスな光のカーテンと雪の結晶をあしらったロープツリーが掛けられています。繊細できれいだったよ。

Hikari03


中之島イルミネーションストリートでは、音楽に合わせて約20万球のイルミネーションが踊っているように点滅するショータイムは素晴らしかったよ。光のアーケードが輝いていました。

Hikari04

Hikari05


御堂筋イルミネーションです。まだ散りきっていない銀杏の葉があったりする並木が美しいイルミネーションに変身しました。
金曜日の夜でしたが、急に寒くなったこともあって人が少なくてゆっくり眺めることができました。光あふれる中之島も楽しいよ♪

Midosuji01

Midosuji02


☆光のルネサンス、御堂筋イルミネーションへは
 地下鉄・京阪「淀屋橋」下車、すぐ
 車の場合は交通規制があります!
 2011年は12/14~25開催です。(御堂筋イルミネーションは、1/22まで)

妙心寺塔頭寺院 (11/27)

臨済宗妙心寺派の塔頭である龍安寺は、1450年に徳大寺家の別荘を細川勝元が禅寺に改めたのが始まりです。
写真は庫裏と方丈の北東にある水戸光圀が寄進したといわれる蹲です。

Ryoanji01

Ryoanji02


方丈前庭の枯山水庭園は、白砂に15の石組を配し、虎の子渡しの庭ともいわれています。15個の石は、庭をどちらから眺めても必ず1個は他の石に隠れて見えないように設計されているそうです。すごい設計だなぁ!

Ryoanji03

Ryoanji04


広い境内には大きな鏡容池があります。この池の周囲にもみじが植えられていて見事な紅葉でした♪

Ryoanji05

Ryoanji06

麟祥院は、1634年に徳川家光の乳母である春日局の香華所として建立されました。
御霊屋(おたまや)は、仙洞女御所にあった釣殿を後水尾天皇より下賜されたもので、内陣に安置する春日局木像は小堀遠州作と伝えられています。また、方丈の襖絵「雲龍図」を描いた海北友雪(かいほうゆうせつ)は、春日局と関係が深かったと言われています。雌雄の龍が描かれた襖絵は、江戸時代初期の名作と言われます。
なお、麟祥院は通常非公開で、この日は特別公開期間でした。唐門から先は撮影禁止となっています。

Rinsyoin01

Rinsyoin02

大法院は妙心寺の塔頭で、1625年に開祖を淡道宗廉(たんどうそうれん)、開基を長姫によって創建されました。長姫は真田信之の孫であり、真田家一統の墓は今もここにあります。
大法院の見所はなんといっても露地庭。露地庭とは茶室に通じる庭で、文字どおり「露に濡れた庭」を意味し、茶の湯の心を準備するための庭です。新緑と紅葉がとくに美しく、この季節のみ一般に公開されます。

Daiouin01

Daiouin02


ここは拝観料(600円)にお抹茶がセットになっています。美しい庭園を眺めながらの一服は格別なものです^^

Daiouin03

退蔵院は1404年、波多野出雲守重通が妙心寺第三世無因宗因禅師に帰依して建立しました。妙心寺山内寺院中でも屈指の古刹です。
狩野元信の作庭という方丈庭園や、水墨画の祖といわれる「瓢鮎図(ひょうねんず)」など如拙の代表作があります。

Taizoin01

Taizoin02


四季折々に美しい回遊式庭園は、昭和の名園「余香苑」と呼ばれています。紅葉が素敵だったよ♪

Taizoin03

Taizoin04

妙心寺の塔頭寺院をめぐりました。龍安寺はそれなりの人出でしたが、その他の寺院は観光客が少なくてゆっくり紅葉や庭園を楽しむことができました。紅葉の季節の京都はすごい人と思われがちだけど、このようなゆっくり鑑賞できるお寺があります^^

☆妙心寺へは
 JR嵯峨野線(山陰本線)「花園」駅下車、徒歩10分
 その他、市バス等のアクセスもあり
 無料駐車場あり

等持院の紅葉 (11/27)

等持院(とうじいん)は、1341年に足利尊氏が建立した足利氏の菩提寺です。初代尊氏から15代義昭までの木像(5代と10代を除く)を安置しています。
受付を済ませると大きな祖師像に迎えられます。

Tojiin01

Tojiin02


衣笠山を借景とした庭園は夢窓国師の作と伝えられており、「心」の文字を形どった心字池と、芙蓉の花を形どった庭園から構成されています。
方丈から見る庭園はとてもきれいでした。

Tojiin03

Tojiin04


紅葉が素晴らしい庭園でしょう。そのうえ観光客が少ないのがうれしいです^^

Tojiin05

Tojiin06


衣笠山を借景に控え目に佇む茶室・清漣亭です。素敵な眺めでしょう♪

Tojiin07

Tojiin08


☆等持院へは
 京福電車「等持院」駅下車、徒歩8分
 無料駐車場あり

ギャラリー
  • 万博公園・勝尾寺・鍬山神社の紅葉 (11/14)
  • 万博公園・勝尾寺・鍬山神社の紅葉 (11/14)
  • 万博公園・勝尾寺・鍬山神社の紅葉 (11/14)
  • 万博公園・勝尾寺・鍬山神社の紅葉 (11/14)
  • 万博公園・勝尾寺・鍬山神社の紅葉 (11/14)
  • 万博公園・勝尾寺・鍬山神社の紅葉 (11/14)
  • 万博公園・勝尾寺・鍬山神社の紅葉 (11/14)
  • 万博公園・勝尾寺・鍬山神社の紅葉 (11/14)
  • 万博公園・勝尾寺・鍬山神社の紅葉 (11/14)
記事検索
  • ライブドアブログ