気ままにフォトスケッチ

お出かけ日記とデジカメ写真のブログです

2011年10月

霧の駒ヶ岳 千畳敷カール (10/14)

日帰りバスツアーを利用して、木曽駒ヶ岳へ行ってきました。あいにくの濃霧で中央アルプスのパノラマは見えなかったけど、ロープウェイから眺める紅葉がとてもきれいでした♪

長野県の木曽駒ヶ岳は、標高2,956mで中央アルプスの最高峰で、馬(駒)の形をした雪形が中岳と宝剣岳に現れることから名づけられました。
駒ヶ岳には、中央自動車道駒ヶ根ICから数分の菅の台バスセンターで、路線バスに乗り換えます。(一般車通行禁止)
さらに、しらび平駅からロープウェイに乗り換え、高低差950m、2,612mの千畳敷駅まで7分で登ります。

Komagatake01

Komagatake02


しらび平周辺の紅葉がきれいでした。

Komagatake03

Komagatake04


山には霧がかかって幻想的でしょう♪

Komagatake06

Komagatake07


ロープウェイからの眺めです。濡れた窓ガラス越しだけどきれいでしょう^^

Komagatake08

Komagatake09


千畳敷に到着したら目の前にある「駒ヶ岳神社」です。道中の安全と雨が降らないように祈ります。千畳敷は濃い霧に包まれていました。。。

Komagatake10

Komagatake11


千畳敷はカールと呼ばれる高山を代表する氷河地形になっています。カールとは、2万年ほど前の地球が氷で覆われた古代氷河期に、ゆっくりと流れる氷河に侵食されてお椀型に削り取られた地形のことです。
カモシカやキツネ、ノウサギなどが生息し、夏は高山植物のお花畑になります。
また、中央アルプスの眺望がすばらしい!(写真で見ました。。。)
現実は濃い霧で何も見えませんでした。。。

Komagatake12

Komagatake13


高低差がほとんどない散策路をゆっくり歩いて、美味しい空気を思いっきり吸ってきました^^

Komagatake14

十三夜 (10/9)

今夜は十三夜♪

Tsuki


東の空にもうすぐ満月っていうお月様が出ています!

お月見というと旧暦8月15日の十五夜が有名ですが、古来もうひとつ旧暦9月13日の十三夜もまた美しい月であると重んじていました。

また、十五夜に月見をしたら、必ず十三夜にも月見をするものともされていました。これは十五夜だけでは「片月見」といって嫌われていたからなんだって。

今夜はきれいなお月様でした♪

明日香のカフェと世尊寺の彼岸花 (10/1)

明日香に気になるカフェがあって、何度か行ったけどいつも満席で断念していました。予約すればいいんだけどね。。。
で、明日香村に入ったのが11:30だったのでダメもとで行ってみたら、13時まで1テーブルだけ空いていました!
「ことだま」というカフェで、ランチ(1,575円)をいただきました。古民家を改装した落ち着いた雰囲気のカフェで、いたるところにこだわりを感じます。オーナーさんとお友達が古民家を改装したそうです。古い調度品が並べられ、手作り工芸などの販売もありました。
ランチは「茄子のポタージュ、南瓜とポテトのサラダ、大和肉鶏のタンドリー風、水菜と切干大根の和風オムレツ、新しょうがの赤米ごはん、洋梨のゼリーとコーヒー・紅茶」がついていて、とってもヘルシーで美味しかったよ!
新しょうがの赤米ごはんは、ほのかなしょうがの香りがとてもよかったです^^

909kotodama

910kotodama


美味しいランチのあとは、先週はまだ咲きはじめだった「世尊寺」へ。お寺のことは9月26日の日記を見てね。
駐車場に車を置くと目の前が真っ赤です。最高の日にやってきました!
写真は太子堂と西塔跡です。

911sesonji

912sesonji


紅いじゅうたんに圧倒されますね!

913sesonji

914sesonji


本堂裏もほぼ満開で、とってもきれいでした。そしてリベンジを果たせて大満足でした^^

915sesonji

916sesonji


☆カフェ「ことだま」へは
 近鉄吉野線「飛鳥」駅下車、徒歩10分
 駐車場あり

一言主神社と安倍文殊院 (10/1)

休みの日は家にじっとしているのが苦手な私
今秋は奈良県へのお出かけが続いています!

金剛・葛城山麓を南北に延びる山麓の古道を「葛城の道」と呼んでいます。沿道には数多くの名神大社や由緒ある寺院が存在し、鴨族や葛城族などの古代豪族が、当時の主要道として往来していました。
御所市の「一言主神社(ひとことぬしじんじゃ)」は、願いを一言だけ聞いてくれる「いちごんさん」として地元の人から親しまれています。祭神は、古事記や日本書紀の中に見える事代主命です。境内には大きな銀杏の木や、神武天皇紀に記述がある土蜘蛛に関係しているとされてる蜘蛛塚などがある由緒ある神社です。

901hitokotonushi

902hitokotonushi_2


この周辺は田園風景が美しく、畔に咲く彼岸花がとてもきれいでした^^
903hitokotonushi

904hitokotonushi


葛城路をもっと歩いてもよかったけど、桜井市の「安倍文殊院」を訪ねました。
645年に、安倍倉梯麻呂(くらはしまろ)が創建した安倍寺の後身といわれています。天橋立切戸、山形県亀岡と並ぶ日本三文殊の一つで、合格祈願の参拝者で賑わいます。本尊は快慶の代表作で、文殊菩薩像としては日本最大の像で7メートルもあるそうです!

905abemonju

906abemonju


境内にはコスモス迷路があり、五分咲きのコスモスがきれいでした。

907abemonju

908abemonju


☆一言主神社へは
 近鉄御所駅より五条バスセンター行バス「宮戸橋」下車西へ2km
 無料駐車場あり

☆安倍文殊院へは
 近鉄・JR桜井駅より飛鳥方面行きバス「安倍文殊院」下車、徒歩1分
 有料駐車場あり

ギャラリー
  • トップリーグ @ノエビアスタジアム (1/26)
  • トップリーグ @ノエビアスタジアム (1/26)
  • トップリーグ @ノエビアスタジアム (1/26)
  • トップリーグ @ノエビアスタジアム (1/26)
  • トップリーグ @ノエビアスタジアム (1/26)
  • トップリーグ @ノエビアスタジアム (1/26)
  • トップリーグ @ノエビアスタジアム (1/26)
  • トップリーグ @ノエビアスタジアム (1/26)
  • トップリーグ @ノエビアスタジアム (1/26)
記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ