気ままにフォトスケッチ

お出かけ日記とデジカメ写真のブログです

2010年10月

正暦寺の秋明菊 (10/23)

992年に一条天皇の勅命を受けて兼俊僧正が創建しました。当初は86の僧坊を数え、奈良有数の大寺だったそうです。現在は本堂、鐘楼、福寿院客殿を残すのみだけど、菩提仙川に沿って苔むした石垣が続き、往時の名残をとどめています。
正暦寺は紅葉の名所だけど、秋明菊がきれいなお寺でもあります。
写真は本堂と秋明菊です。

78syoryakuji

福寿院には孔雀に乗った明王様”孔雀明王像”がいらっしゃいます。凛々しくて素敵だよ。高野山などわずかしかない珍しい仏様だそうです。孔雀は毒蛇をも食べることから、毒物や災害から身を守ってくれると信じられていました。写真は撮ることができないので、ぜひ見てみてほしいです。
襖絵や欄間の絵などもきれいですよ。そして山を借景に造られた小さな庭園。ほっこりできる素敵なお寺です。

79syoryakuji

80syoryakuji

福寿院の美しい庭園にも秋明菊が咲いていました。きれいな花でしょう♪

81syoryakuji

82syoryakuji

控えめにお茶の花も咲いていました。機会があれば紅葉も見に行きたいな♪

83syoryakuji

☆正暦寺へは
 JR、近鉄奈良駅から奈良交通バス「柳茶屋」下車、徒歩約30分
 紅葉シーズンは臨時バスが運行されます
 駐車場あり  福寿院拝観料 500円(境内は自由)

曽爾高原の草花たち (10/23)

曽爾高原にはススキだけでなく、湿地を好む草花がたくさん咲いています。
気温が下がり秋らしくなって、秋の花がすごくきれいでした^^

アザミは春に咲くと思っていたんだけど、野アザミ以外のアザミは秋に咲くんだって。アザミはキク科なのでもっともなことなんですね。

73azami

ノコンギク(野紺菊)。これはあちこちに咲いていました。

74nokongiku

ヤクシソウ(薬師草)とアキノキリンソウ(秋の麒麟草)
ヤクシソウは薬師とつくけど、名前の由来は不明なんだって。
アキノキリンソウは、花穂の形を酒が発酵する時の泡立ちに見立てて、別名をアワダチソウ(泡立ち草)とも呼ばれています。どちらも可愛い花できれいだよ。

75yakusisou

76akinokirinsou

リンドウです。ススキの陰に隠れてひっそり咲いていました。きれいな紫色だよね。

じっくり見て歩けばもっと多くの種類の花を見つけることができたでしょうね。曽爾高原はとってもきれいでのんびりできる高原です。ぜひ散策に行ってみてね♪

77oyamarindou

秋風になびく曽爾高原のススキ (10/23)

奈良と三重の県境に位置する倶留尊山と亀山の間に広がる”曽爾(そに)高原”。
春から夏にかけては緑の草原、秋には無数のススキの穂が風になびき銀色に輝きます。ここのススキは冬に刈り取られ、茅葺きの屋根の材料となるそうです。

68soni

69soni

標高710mの高原に”お亀池”と呼ばれる湿地帯があります。亀山峠(810m)からは、印象的なお亀池と雄大な奥香落の風景を眺めることができました♪

70soni

71soni

高原の中央のお亀池周辺には湿地生の植物がたくさん。次回の日記で紹介しますネ^^

72soni

☆曽爾高原へは
 近鉄大阪線「名張」駅からバス45分(曽爾高原までは1日1~2本)
 名阪国道(R25)針ICからR369(大阪から約2時間) 有料駐車場あり
 (シーズン中の週末は午前中に到着必須)

やまと花ごよみ2010 -全国都市緑化ならフェア- (10/16)

広陵町と河合町にまたがる馬見丘陵公園で11月14日まで開催されている”全国都市緑化ならフェア”に行ってみました。馬見丘陵の周辺には多くの古墳があり、歴史と文化の遺産や自然環境を活用することを目的に整備された都市公園です。近鉄田原本線箸尾駅から10分あまり歩くと馬見丘陵公園です。
斜面に広い花壇”馬見花苑”が広がっています。ゆっくりきれいな花を見ながら丘を上がります♪

64yamatohanagoyomi

丘の上は広い芝生ゾーンです。自治体から出展された庭園”フラワーパレット”がありました。いろんな工夫があっておもしろかったよ^^

63yamatohanagoyomi

コスモス園では満開のコスモスが秋の風に揺れてきれいでした。

65yamatohanagoyomi

”ダリア園”です。奈良県はダリアの球根生産量が日本一なんだそうです。これすべてダリアです。花の種類の多さや豪華さに圧倒されました!
私的には奈良の特産といえば柿のイメージなんだけどなあ・・・

66yamatohanagoyomi

67yamatohanagoyomi

68yamatohanagoyomi

花で造ったオブジェもあります。花の音楽会って楽しそう♪

62yamatohanagoyomi

ダリアのパッチワーク”花じゅうたん”がすごくきれいでした(これは今日までの公開です)。

61yamatohanagoyomi

☆馬見丘陵公園へは
 近鉄田原本線「池部」駅から徒歩15分
 フェア期間中は、五位堂駅、池部駅からシャトルバスがあります

秋桜が揺れる”般若寺”  (10/16)

秋風に揺れる秋桜を見ようと、8時家を出て般若寺へ行ってみました。近鉄奈良駅前からバスで10分ほどで到着します。開門直後に着いたので境内はガラガラで、満開の秋桜を楽しむことができました^^

般若寺は飛鳥時代に高句麗僧の慧灌(えかん)法師によって開創され、聖武天皇が鬼門鎮護の寺として堂塔を建立された古刹です。境内には国宝の楼門、本堂、十三重石塔、二基の笠塔婆などがあります。
写真は楼門です。鎌倉時代にお寺を再興したときの回廊門です。門の形や意匠がいい感じでした。

53hannyaji

境内一面に咲き競う秋桜が美しい”花の寺”として有名な般若寺。満開の秋桜がやさしく出迎えてくれ、秋桜に囲まれた石の仏さまが微笑んでいるように見えました^^

54hannyaji

55hannyaji

本堂と十三重石塔も秋の空を背景にいい感じでした♪

57hannyaji

58hannyaji

☆般若寺へは
 JR、近鉄奈良駅から、奈良交通バス「青山住宅行き」で「般若寺」下車すぐ
 無料駐車場あり
 拝観料  500円

ギャラリー
  • 海軍ゆかりの海の京都「舞鶴を散策」(6/17)
  • 海軍ゆかりの海の京都「舞鶴を散策」(6/17)
  • 海軍ゆかりの海の京都「舞鶴を散策」(6/17)
  • 海軍ゆかりの海の京都「舞鶴を散策」(6/17)
  • 海軍ゆかりの海の京都「舞鶴を散策」(6/17)
  • 海軍ゆかりの海の京都「舞鶴を散策」(6/17)
  • 海軍ゆかりの海の京都「舞鶴を散策」(6/17)
  • 海軍ゆかりの海の京都「舞鶴を散策」(6/17)
  • 海軍ゆかりの海の京都「舞鶴を散策」(6/17)
記事検索
  • ライブドアブログ