気ままにフォトスケッチ

お出かけ日記とデジカメ写真のブログです

2009年07月

百花繚乱だったけど・・・ ~濃霧の箱館山~

7月25日の、もう一つの行き先は箱館山です。

ここには今年開園したばかりの”ユリ園”があります。関西最大級とかで、一面にい咲くユリの花は圧巻でした。匂いもすごいです。
雨は降ってなかったけど、あいにく霧が出て視界は最悪でした。琵琶湖の眺めが良さそうなんだけど残念です。
たくさん写真を撮ったので、いくつか並べてみます。

Hakodate01 Hakodate02

Hakodate03 Hakodate04

霧で視界は悪かったけど、それが幻想的でもありました。どんよりした曇り空ではなくて良かったかも。涼しかったしね♪

Hakodate05 Hakodate06

Hakodate07 Hakodate08

こんなバスツアーでした。まさに百花繚乱だったけど天気は最悪。いつかリベンジですね。これは!

百花繚乱だったけど・・・ ~雷雨の伊吹山~

日帰りバスツアーで、滋賀県と岐阜県の県境にそびえる伊吹山と、湖西の箱館山へ行ってきました。例年なら梅雨が明けて、いちばん天候が安定しているときのハズが・・・
滋賀県北部の天気予報は曇り。でも、1377mの山頂の天気は甘くないよな。って思っていたら案の定でした。駐車場に到着したときは、霧があったけど視界はまずまずです。咲き乱れる高山植物を眺めながら、ゆっくり山頂をめざします。途中で小雨が降ったけど40分ほどで山頂に到着しました。
伊吹山には約1200種類の植物が自生し、春から夏への花が美しさと輝きを見せてくれました。いくつかの写真を並べてみます。

Ibuki01 Ibuki02

Ibuki03 Ibuki04

伊吹山は日本百名山に登録されています。地層の大部分は石灰岩層で、ウミユリやフズリナなどの化石が出土していることから、2億5千万年前に海中で形成されたといわれています。視界がよければ、琵琶湖をはじめ、鈴鹿山系、濃尾平野を眺めることができます。今日はとても無理でしたが。。。

Ibuki05 Ibuki06

山頂には日本武尊像がでんと立っています。

Ibuki07

その頃から強い雨が降り出し、雷も鳴り響きだしました。急いで下山しましょう。遮るもののない山頂での雷雨はめっちゃ怖かったよ。その上、膝の当たりから下はずぶ濡れになるし・・・
バスのなかで体温で乾かしました。今度は秋晴れの日に来てみたいです♪

ぷらっと美瑛・富良野  ~ラベンダーが香るお花畑~

7月21日、目が覚めて窓の外を見たらどんより曇っています。気温は16℃で少し肌寒いです。ボリュームのある朝食後、チェックアウトして富良野の”ファーム富田”へ行きましょう。”深山峠”からの眺めです。どこへ行っても雄大な丘の風景がきれいでした。

27miyama

”ファーム富田”です。1958年より香料用としてラベンダーの栽培を始め、1975年に旧国鉄のカレンダーに使われて一躍有名となりました。ラベンダーを中心にポピーやジャガイモ、デージーなど、広大な花畑がきれいです。また、資料館やショップなどの施設も充実していて、毎年100万人もの花人が訪れるそう。温室があるので、冬場でもラベンダーの花を見ることができるそうです。(駐車・入園無料)

28tomita29tomita

美しい曲線で、虹のような風景が広がる美しい花畑です。うっとりする風景です♪

30tomita 31tomita

32tomita_2   

ポピーやラベンダーが満開で、めっちゃきれいでした。ほのかなラベンダーが香るラベンダーアイスも美味しかったです^^

33tomita_3 34tomita

飛行機の出発時刻が12:35なので、そろそろ空港へ向かいましょう。今回は1泊だったけど、狭い範囲をドライブしたのでいろいろ見ることができました。

あっという間の2日間でしたが、美しい花めぐりやパッチワークのような丘をドライブし、スカッとりリフレッシュできました。また旅行したいです♪

ぷらっと美瑛・富良野  ~雄大な美瑛の丘 その2~

”パッチワークの丘”をドライブしましょう。
起伏に富む丘に植えられた作物が作り出す風景が、まるでパッチワークのようです。連作ができないので毎年異なる風景を作り出しています。今年見た風景は来年はまた違った表情で迎えてくれます。リピーターが多いのも頷けますね。私もその一人ですけど(笑)
数枚の写真を楽しんでね。

14patchwork 15patchwork

16patchwork 17patchwork

18patchwork 19patchwork

パッチワークの丘には特徴のある木が多く、車やタバコのCMに利用されています。見つけるとすごく懐かしく感じました。ケンとメリーの木、セブンスターの木、親子の木、マイルドセブンの丘です。いかがですか?

20kenmery 21seven

22oyako 23mildseven

宿泊は美瑛町のログハウス風の「美瑛 旅の宿 陽だまり」です。木材がふんだんに使われていてすごく落ち着きます。しかもリーズナブルで食事のボリュームも満点です。バス・トイレは共用ですが、美瑛観光が目的の人にはおすすめですよ。
http://biei.in/index.html
24yado 25yado

26yado

ぷらっと美瑛・富良野  ~雄大な美瑛の丘 その1~

1泊2日で美瑛・富良野に旅行です。
たった1泊では勿体ないけど、マイレージの特典航空券がラベンダーがきれいな期間では、大阪~旭川のチケットはこの2日しか取れなかったので仕方なく。航空運賃が無料だから1泊でもいいかなと。

昨日の北海道は大荒れだったそうですが、今日は雲はあるものの青空が広がっていい天気です。 気温は20℃ほどでカラッとしていて気持ちいいです。さすがに夏の太陽が顔を出すと、この気温でも半そでで十分な暖かさです。
飛行機はほぼ定刻の12時に到着しました。さっそくレンタカーで美瑛のパノラマロードへ行きましょう。
美馬牛峠のそば屋さんで軽く食事を。道内そば粉にこだわったというそばは、コシが強くて美味しかったです^^

00zarusoba_2

美瑛から美馬牛にかけては、大雪山連峰を望みなだらかな丘陵が続きます。カラマツ林や白樺林が建ち並び、幾重にも重なり合う丘陵地など、雄大な景色が広がっていて、パノラマロードと呼ばれています。
とんがり屋根のかわいい美馬牛小学校、美しい丘陵の景色がきれいでしょう。

01bibaushi 02oka_2 

2年前に見ることができなかった”赤い屋根の家”が見えてきました。まるで絵本のような風景です。青空が広がってきて最高に美しかったです。念願の風景に出会えて、今回の旅行の最大の目的を達成できました^^

03akaiyane 04akaiyane

”四季彩の丘”です。2001年オープンし、今では美瑛を代表する名所になっています。大雪山連峰を望む眺めの良い丘に、7haもの広大な花畑があります。ゲートをくぐると牧草ロールを積み上げたロールくんが出迎えてくれました。

05shikisai 06shikisai

どこまでも続く花畑では、ラベンダーを中心に色とりどりの花が咲き誇っています。のんびり走る特製ノロッコ号がお花畑によく似合いますね。

07shikisai 08shikisai

ラベンダーも向日葵も満開です。最高の日に来たのかも知れません!(駐車・入園は無料ですが、200円程度の募金をしてあげてね)

09shikisai 10shikisai

”ぜるぶの丘”です。名前の由来は、ラベンダー、ポピー、ひまわりなど花畑の「かぜ」「かおる」「あそぶ」の3文字を取って「ぜるぶ」と名付けたそうです。”爽やかな風薫る丘でみんなで楽しく遊ぶ”がテーマとなっていて、夏はバギーなどで遊ぶことができます。きれいな花畑ですよ。

11zerubu 12zerubu

(つづく)

ギャラリー
  • 海軍ゆかりの海の京都「舞鶴を散策」(6/17)
  • 海軍ゆかりの海の京都「舞鶴を散策」(6/17)
  • 海軍ゆかりの海の京都「舞鶴を散策」(6/17)
  • 海軍ゆかりの海の京都「舞鶴を散策」(6/17)
  • 海軍ゆかりの海の京都「舞鶴を散策」(6/17)
  • 海軍ゆかりの海の京都「舞鶴を散策」(6/17)
  • 海軍ゆかりの海の京都「舞鶴を散策」(6/17)
  • 海軍ゆかりの海の京都「舞鶴を散策」(6/17)
  • 海軍ゆかりの海の京都「舞鶴を散策」(6/17)
記事検索
  • ライブドアブログ