兵庫県姫路市最北部の安富町は、昔懐かしい佇まいの民家が残る小さな集落です。地元の住民が「奥播磨かかしの里」として、「ふるさとかかし」を製作して、町おこしに取り組んでおられます。
yasutomi20170606-01

yasutomi20170606-02

過疎が進む静かな集落には、村人たちと暮らすかかしがたくさんいました。製作されたかかしは、集落内に設置されている他、イベント展示用に倉庫保管されているもの、「里親かかし」として各地の店舗・施設に設置されているものがあります。かかしの総人口は、なんと339名だそうです!
yasutomi20170606-06

yasutomi20170606-07

表情豊かなかかし達はまるで人形。畑仕事をする姿などを見ると、思わず声をかけたくなります(笑)
yasutomi20170606-05

yasutomi20170606-04

yasutomi20170606-03

素朴なかかし達が、疲れたあなたの心を癒してくれますよ^^
yasutomi20170606-08

yasutomi20170606-09