日本最古の官道として知られる奈良・山の辺の道の、天理と桜井の真ん中に長岳寺があります。12000坪の広い境内には四季折々の花が美しく咲き誇ります。大門から続く参道の両側に植えられたヒラドツツジが圧巻です。
tyogakuji20170507-01

長岳寺(ちょうがくじ)は824年、弘法大師が大和神社の神宮寺として創建しました。盛時には48ヶ坊、衆徒300余名を数える大きな寺院だったそうです。それゆえ歴史的文化財も多く、5体の仏像と4棟の建造物が重要文化財に指定されています。
tyogakuji20170507-02

重文の楼門をくぐると本堂と大きな池があります。
tyogakuji20170507-03

tyogakuji20170507-07

池の周囲にはツツジが咲き誇り、池の中にはカキツバタが咲いています!
tyogakuji20170507-08

tyogakuji20170507-09

そして新緑が朝日に輝きます♪
tyogakuji20170507-04

長岳寺のGWは、一年で最も華やかな季節なんですよ。
tyogakuji20170507-05

tyogakuji20170507-06

また、庭園が美しい庫裏ではそうめん(冬はにゅうめん)を食べることもできます。駐車場のキャパが小さいので電車が無難です(駅から徒歩20分)
tyogakuji20170507-10

tyogakuji20170507-11