奈良市にある春日大社は、710年藤原氏の氏社として創建され、平安後期には官社となりました。
kasugataisya20170504-1

kasugataisya20170504-7

朱塗の回廊が春日山麓の緑の木立に映え、軒に下がる釣燈篭や桧皮葺の社殿などが典雅な趣を醸し出しています。
kasugataisya20170504-3

kasugataisya20170504-4

境内には房の長い「砂ずりの藤」があって、大勢の人が鑑賞や撮影にきていました。
kasugataisya20170504-2

近年は木の勢いが弱く房が短かったんだけど、今年は幾分回復したように見えました^^
kasugataisya20170504-8

kasugataisya20170504-9

ほとんどの人は、拝殿に参拝して砂ずりの藤を見て帰られますが、回廊内の参拝(有料)もいいものですよ♪
kasugataisya20170504-5

kasugataisya20170504-6

春日大社の参道横にある春日大社神苑は、わが国でもっとも古い歴史をもつ万葉植物園です。
shinen20170504-1

万葉集に詠まれた約300種の植物を植栽していて、四季折々の花を楽しめます。中でも春日大社のシンボルでもある藤がとてもきれいです^^
shinen20170504-2

shinen20170504-3

今年は藤の開花も遅れていましたが、4月下旬から好天に恵まれて気温も上がって、私が訪ねた5月4日には、早咲きから中咲きまで一気に満開となり、遅咲きも開花してました。こんな年は珍しいとのことでした^^
shinen20170504-4

shinen20170504-5

ここの藤はめちゃ綺麗だけど人が少なくてゆっくり鑑賞できますよ♪
shinen20170504-6

春日大社神苑から「奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~」へ歩きます。ここは奈良県置県100年を記念して、国際交流と伝統芸能の振興を目的に1987年に開館しました。大きな建物は和風寄せ棟づくりで日本瓦本葺きの落ち着いた建築です。
kokaido20170504-1

東側には、背後の若草山を借景とする日本庭園が設けられていますが、広々としていて、新緑がめっちゃきれいです。
kokaido20170504-2

kokaido20170504-3

しかも入園無料で、観光客は皆無に近いんだから絶対おすすめです^^
kokaido20170504-4

kokaido20170504-5

ゆっくり散策した後、雄大な飛火野を歩いて猿沢池へ♪
tobihino20170504

どこを歩いても観光客が少なくてゆっくりできました。京都やテーマパークは恐ろしい人ですが、奈良はの~んびりムードです^^
sarusawa20170504

「あをによし 奈良の都は咲く花の にほふがごとく今盛りなり」小野老 万葉集巻三・328
小野老が大宰府に着任したころに詠んだ歌だそうですが、この季節にピッタリな気がします^^