冬の網走といえば流氷(海氷)ですが、海上保安庁のHPで海氷状況を知ることができるので、1月下旬の情報提供時からほぼ毎日チェックしていました。例年ならすでに流氷に覆われている網走の海だけど、今年は未だ流氷がやってきていませんでした。ちなみに今日ようやく流氷接岸したようです(TOT)
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KAN1/1center.html

流氷のない海だけど、砕氷船「オーロラ号」に乗船して、海上遊覧を楽しみました。

101ororago20160213

天気予報では、西日本で春一番が吹き荒れているとのことでしたが、オホーツク海は冬の海とは思えないとても穏やかでした。船は能取岬近くでUターンし港へ戻りました。うーん やっぱり消化不良やね…

102ororago20160213

途中、波止のテトラで獲物を狙うオオワシを見れましたよ^^

103ororago20160213

オーロラ号を下船して、駐車場を見ると観光バスがいっぱいとまっています。みんな流氷を見たかったのに残念やね...

104ororago20160213

105abashiriororago20160213

砕氷船乗り場から歩いて10分ほどのところで行われている「オホーツク流氷まつり」へ行ってみましょう。さっぽろ雪まつりのミニ版といった感じで、多くの雪像や氷像がありました。

106ryuhyomaturiororago20160213

108ryuhyomaturiororago20160213

気温が高くて、氷像の氷が融けはじめてました…

107ryuhyomaturiororago20160213

109ryuhyomaturiororago20160213

網走の施設めぐりは巡回バスがとっても便利です。

110shisetumeguri20160213

最初は「網走監獄博物館」です。

111kangoku20160213

過去に使われていた網走監獄を博物館として改修されたもので、当時の建物や受刑者の様子などを興味深く見ることができました。正門とその奥にある庁舎です。

114kangoku20160213

115kangoku20160213

舎房は5棟が放射状に広がっています。中央に監視所を作ればすべて見渡せますね。

116kangoku20160213

117kangoku20160213

雑居房と独居房があって、廊下にストーブが1台です。寒さが厳しいだろうなあ!

118kangoku20160213

119angoku20160213

もちろん浴室も監視があります。

120kangoku20160213

旧釧路地方裁判所です。

121kangoku20160213

記念写真スポットもありました^^

122kangoku20160213

監獄食堂が併設されていて、刑務所で出される麦ご飯などを食べることができるようです。食べてないけど…

112kangoku20160213

周囲は深い雪に覆われていましたが、ふと温度計を見るとプラス1℃でした。暖かく感じるわけだ!

113kangoku20160213

海の流氷は見れなかったので、一年中流氷が見れる「オホーツク流氷館」へ行きましょう。天都山の頂上にあるので、オホーツク海や網走湖、網走市街などの見晴らしがいいですよ♪

125kangoku20160213

館内ではオホーツクの四季の様子や、流氷に関する映像や展示が興味深かったです。また、-15℃の部屋では、濡れタオルを振り回すとかちんこちんに凍ってしまう体験もできて楽しかったです^^

123kangoku20160213

124kangoku20160213

実は、3年前にも流氷を見に来たのですが、そのときは猛吹雪のため船は欠航、天都山への道路も通行止めになっていました。今回、施設めぐりはできたけど、流氷クルーズができなかったので、またいつか来ようと思います!
これで施設めぐりを終えて網走駅に戻り、あまり時間がなかったので駅弁を買いました。駅構内にある売店は、国鉄時代からの駅弁屋さんなんですよ^^
網走名物の「かにめし弁当」(900円)です。味付飯の上にカニをほぐした身を敷いて、椎茸や昆布や錦糸卵などが載っています。ちょっと塩辛さが気になったけど、カニ身がたっぷりで美味しかったです^^

126kangoku20160213