「柳谷観音・楊谷寺(ようこくじ)」は、延鎮が806(大同元)年、夢のお告げに従ってこの地を訪れた時、柳生い茂る渓谷の巌上に生身の観音菩薩を見つけ、庵を開いたのがはじまりという古刹です。

01yokokuji20151121

02yokokuji20151121

本尊は古来より眼病に霊あらたかな十一面千手千眼観世音菩薩。紅葉や紫陽花が美しいお寺として知られています。本堂から境内を見渡せる坂道を登っていくと奥の院です。

03yokokuji20151121

04yokokuji20151121

奥の院周辺の紅葉が美しかったです。ここから「あじさい回廊」と呼ばれる廊下が本堂まで続いていて、梅雨時には回廊の両側に紫陽花が咲いてとても美しいです。

07yokokuji20151121

08yokokuji20151121

本堂裏には美しい庭園もあります。

05yokokuji20151121

境内に「独鈷水」という霊水が湧いていて、眼病平癒の霊水として信仰を集めています。一口飲んでみたらとても美味しい水でした。
ここの紅葉も一番手はほぼ散りかけていまい、二番手の紅葉を待っている感じでした。

06yokokuji20151121