昨日は、福井県敦賀市の「とうろう流しと花火大会」に行ってきました。大阪から高速経由で3時間、一般道で3.5時間くらいのところです。お盆の行楽やUターンで高速道路は激混みとの情報だったので、往路は鯖街道や北国街道など、抜け道を利用したので渋滞がなくすいすいでした♪
鯖街道は、若狭の鯖を京の都へ運んだ街道。京都市左京区の大原から花折峠を越えて朽木へ。ちょうどお昼になったので、街道沿いの店で鯖寿司ランチです。生鯖寿司、焼き鯖寿司、鯖の味噌煮がセット(980円)になっています。寿司はそれぞれ1カンだけど、結構なボリュームで美味しかったです^^

Sabazushi

朽木から国道303号線で今津へ、そして8号線で敦賀へ走ります。敦賀に駐車すると混雑するので今庄駅に駐車します。時間が早かったので、北国街道の板取宿と今庄宿に立ち寄ってみました。北国街道の福井県を嶺北と嶺南に分ける木の芽峠を下っていくと「板取宿」です。
現在は、石畳の道と4軒の茅葺き民家が残っていて、2軒は今現在も住んでらっしゃいます!

Itatorijuku201508161

Itatorijuku201508162 

とってもいい感じの街道を少し歩いて、次の宿場「今庄宿」を訪ねました。
町並は今なお昔の面影を残し、素朴な雰囲気を感じます。最も栄えた天保年間には、290戸余り(旅篭屋55軒、茶屋15軒)を数えたそうです。
真夏ということもあって観光客は皆無です。ゆったり観光するには暑すぎるので、メインの町並みを散策して駅に戻りました。

Imajojuku201508162

Imajojuku201508163_2 

今庄駅の駐車場に車を置いて、電車に乗り換えて敦賀へ行くことにしました。

☆今庄宿へは
 北陸本線「今庄駅」下車、すぐ
 駅前に無料駐車場あり