京都市右京区にある庭のきれいなお寺「法金剛院」です。
平安初期の右大臣清原夏野の山荘を、鳥羽上皇の中宮待賢門院が1130年に復興しました。”蓮の寺”として有名ですが、四季を通じて咲く花や紅葉も美しいお寺です。
写真は、沙羅双樹(夏椿)と、苔庭に生える万両です。

Hokongoin01

Hokongoin02

境内の中央に大きな蓮池がありますが、池の蓮は開花が始まったばかりで、もう少し先が見ごろとなりそうです。鉢植えの蓮はちょうど見ごろでした^^

Hokongoin03

今年の紫陽花めぐり最終回は、長岡京市の「楊谷寺(ようこくじ)」。 
延鎮が、806年に夢のお告げに従ってこの地を訪れたとき、柳が生い茂る渓谷の巌上に、生身の観音菩薩を見つけ、庵を開いたのがはじまりという古刹です。

Yokokuji01

Yokokuji02

本堂から裏山へ、美しい紫陽花を見ながら坂道を登っていくと奥の院に到着。

Yokokuji03

帰りは奥の院から「あじさい回廊」と呼ばれる廊下が本堂まで続いています。靴をもって回廊の両側に咲いている紫陽花を眺めながらゆっくり歩きます♪
ご本尊は古来より眼病に霊あらたかな十一面千手千眼観世音菩薩です。また、境内に「独鈷水(おこうずい)」という霊水が湧いていて、眼病平癒の霊水として信仰を集めています。ひんやりしてとても美味しい水でした^^

Yokokuji04

Yokokuji05

☆法金剛院へは
 JR嵯峨野線「花園」駅下車、すぐ
 無料駐車場あり

☆楊谷寺へは
 阪急京都線「長岡京市」下車、阪急バスで「奥海印寺」下車、徒歩40分
 無料駐車場あり
 *紫陽花まつりの2日間と紅葉シーズンは臨時シャトルバスあり