以前から気になっていた和歌山県かつらぎ町の「小原洞窟恐竜ランド&極楽洞」を訪ねてみました。
阪和自動車道有田ICから国道480号線を高野山方面へ走ります。有田川をに沿って快適な2車線と狭い旧道が交互に現れる田舎道です。

1時間弱で有田川町清水にある「あらぎ島の棚田」に到着しました。
有田川の侵食がもたらした河岸段丘を、江戸時代初期に開田され稲作が行われてきました。蛇行した有田川にせり出すように扇形に開かれた水田はとても美しく、「日本の棚田百選」に選定されています。黄金色に実ってきて、もうすぐ稲刈りですね♪

Aragishima01


この近くにある”道の駅あらぎの里”でランチです。
「地鶏のてりやき丼」を食べました。甘いたれと歯ごたえがあって香ばしい鶏肉がとても美味しかったです。ちなみに有田川町の名物は、豆腐とこんにゃくだそうです♪

Aragishima03


お腹がいっぱいになったところで再出発です。
およそ20kmで「小原洞窟恐竜ランド&極楽洞」に到着です。昭和37年まで鉱山として使われていた坑道を、恐竜の棲家として、洞窟の中で恐竜を眺めるというおもしろスポットです。

Kyoryu01

Kyoryu02


入口に無造作にヘルメットが積まれていました。頭上が低いところもあるので被ってねということで、被らないで怪我しても補償ないといった張り紙が。。。
迷路のような坑道ですが、順路表示があるからご心配なく。恐竜の卵はスタンプラリーのスタンプ台になっています。全部回ったら景品は。。。ひみつ(笑)

Kyoryu03

Kyoryu04


リアルな恐竜の前では突然大きな音がするのでドキッとします。幼い子供は怖がって泣きだすかも!

Kyoryu05


突然現れた極楽洞入口です。鬼の金棒を触っていざ出発♪

Kyoryu06_2


地獄八景を見ながら進むと閻魔大王さまの裁きを受けます。

Kyoryu07


そして最深部に極楽(癒しの空間)が...
ここまでに光る石があったり、ちょっとした仕掛けがあったり♪

Kyoryu08


子供向けの施設ですが、それなりに楽しめました。坑道跡といっても佐渡や石見に比べたら規模も小さな洞窟だから、こういった工夫がされたんだなあって思いました。一番喜ぶのは小学生かな?
お化け屋敷じゃないけど幼い子ども連れはご注意を。

☆小原洞窟恐竜ランド&極楽洞へは
 阪和自動車道「和歌山、海南、有田IC」から 無料駐車場あり
 JR和歌山線、笠田駅からかつらぎ町コミュニティバス「花園行き」で約1時間