明日、2月12日は歴史小説家の司馬遼太郎さんの命日です。

司馬さんはこよなく菜の花を愛したので「菜の花忌」と呼ばれています。
そこで、ちょこっと東大阪市の司馬遼太郎記念館を訪ねてみました。
司馬遼太郎記念財団が管理・運営しています。

Shiba01


安藤忠夫さん設計の記念館は、地下1階から地上2階までの吹き抜けの巨大な
書架があり、蔵書の一部2万冊の本がぎっしり埋まっていて圧巻でした!
また、自宅の書斎はそのままの状態で保存・公開されていて、書斎前庭では
菜の花が美しく咲いていました。

Shiba02


菜の花忌が近づくと、記念館周辺や街角が菜の花で彩られます。
地元のボランティアや、近くの府立布施高校の生徒たちが育てた菜の花を
プランターに植えて並べています。
北風が寒かったけど、いよいよ春がやってくるって気分になりました♪

Shiba03


☆司馬遼太郎記念館へは
 近鉄奈良線「八戸ノ里駅」下車、徒歩7分
 駐車場あり