「北野天満宮」は、学問の神様として信仰を集める菅原道真を祀り、受験シーズンには合格祈願で賑わっています。九州の太宰府へ流刑となった菅原道真が亡くなった後、京都は落雷、地震が続いたため、道真公のたたりだと思い、霊を慰めようと創建されたという歴史があります。社殿は豊臣秀頼が寄進したもので、拝殿とともに国宝に指定されています。

01tenmangu


境内には、豊臣秀吉が京都の四囲に築造した御土居の一部が残っていて、史跡に指定されています。御土居一帯には250本ほどの楓が植えられていて、紅葉がとてもきれいです。

02tenmangu

03tenmangu


天満宮のもみじは淡い色が多く、緑・黄・紅色が折り重なって、上品な錦絵のような美しさでした♪

04tenmangu


☆北野天満宮へは
 市バス「北野天満宮前」下車
 無料駐車場あり (毎月25日の縁日は駐車不可)