正暦寺(しょうりゃくじ)は、奈良市南部の菩提仙川に沿って3000本を超える楓が色づき、木々の緑と黄や赤の紅葉が織り交ざってとてもきれいです。

03shiryakuji

04shiryakuji


このことから、正暦寺は古来より”錦の里”と呼ばれてきました。石垣や白壁と紅葉がきれいだったよ。

01shiryakuji_2

02shiryakuji_2


正暦寺は、992年に一条天皇の勅命を受けて兼俊僧正が創建しました。当初は86の僧坊を数え、奈良有数の大寺だったようです。現在は本堂、鐘楼、福寿院客殿を残すのみですが、苔むした石垣が続き、往時の名残をとどめています。写真は本堂と、本堂から見た紅葉です。本堂内や秘仏は紅葉に合わせて公開されます。

07shiryakuji

08shiryakuji


鐘楼の周辺ももみじがきれいに色づいていました。

05shiryakuji_2

06shiryakuji


雨で散ったもみじや、真っ赤な実をつけるナンテンも素敵です♪

09shiryakuji

10shiryakuji


福寿院(客殿)の庭園です。裏山を借景に美しい庭園です。

11shiryakuji

12shiryakuji


☆正暦寺へは
 JR、近鉄奈良駅から、奈良交通バス「柳茶屋」下車、徒歩30分
 紅葉シーズンは、臨時バスがお寺まで運転されます
 駐車場あり